Technique

広報・PRの志望動機例文

志望動機は、転職活動における書類選考や面接の合否に影響する重要なポイントの1つになります。例文を参考にして、効果的に自己アピールできる志望動機を作成しましょう。ここでは、広報・PRの仕事内容や求められる適性についても解説しています。中身の濃い志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが大切なので、しっかりと確認してから志望動機を作成しましょう。

広報・PRの仕事内容とは

広報・PRとは、社外・社内に向けて企業活動の報告や公式文書の公表などを行う職種です。社外に向けて情報を公開するだけでなく、社内報の作成を担当する場合もあります。社外に向けて行う基本的な広報活動としては、プレスリリースの作成や自社のホームページの更新作業、メディアを利用した宣伝活動などが挙げられます。企業が関係するトラブルや問題が発生した際は、謝罪文書の作成などを行うこともあります。

広報の仕事内容

広報は「広く報せる」と書くように、自社の製品やサービス、企業活動について世間一般に広く知ってもらう仕事です。プレスリリース(報道機関やマスコミに向けて情報を提供すること)を行って各メディアに取り上げてもらったり、取材を受けたりする仕事が「社外広報」としてイメージしやすいでしょう。いかにメディアに大きく扱ってもらうか、他社よりも優先して載せてもらうか、広報担当者の持つネットワークが有効に働くこともありますので、日頃から良好な人脈づくりをするのも広報の役目です。
一方、社内に向けて情報発信する「社内広報」の仕事もあります。経営陣からの経営計画や事業戦略の伝達、社内報の作成・発行などを行います。社内の情報収集が必要ですので、こちらもネットワークを築いておくことが重要です。社内外問わず、発信する内容には不備があってはなりません。取材内容のチェックや原稿校正など細かく神経を使う業務も多い職種です。そして避けられないのはクレームやトラブル発生時の対応で、マスコミの矢面に立つこともあります。華やかなイメージが強い職種ですが、地味で地道な側面もあります。広報の仕事内容をよく理解していること、そして築き上げてきた人脈を活かす職種ですので、全くの未経験者にとってはハードルが高いかもしれません。

PRの仕事内容

PRとは「パブリック・リレーションズ」の頭文字をとったもので、社会の人々、つまり顧客や消費者、取引先、株主、従業員など自社を取り巻く全ての人々と良い関係を築くための活動を行う仕事です。上述した広報もPRの一つですが、PRの仕事は自社の製品やサービス、企業活動を世間に知ってもらうためにはどのような活動が有効か、どのようなイメージを持ってもらうのが望ましいのかなどの戦略を考えるところから始まります。世間では、どのようなモノ・コトが求められているのか、受け入れられているのか、または嫌われているのか、その傾向は今後どのように動いていくのかなどを知るために市場を調査し、分析して戦略を策定します。そして、その戦略を基にして、広報活動をするのか、資金を注入して広告を出すのかなどが決まっていきます。資金を注入せずに(つまり広告ではなく)メディアに取り上げてもらうのなら、そのメディアにとってそれがどういうメリットとなるのかまで考えていかなくてはなりません。PRの仕事も、広報と同様に仕事内容への深い理解や、持っているネットワークを大いに活かせる職種です。また、経営戦略立案の仕事の経験も有効です。そのため、全くの未経験者にとっては難しい仕事かもしれません。

広報・PRに求められる適性

文書作成に関する知識・知見がある

広報・PRは会社からの正式な文書を作成する役割を担うため、常に適切で完全な文書を作成しなければなりません。そのため、広報としての文書作成に関する知識やスキルがあり、どのような目的の文書であっても狙い通りの効果を得られる文書を作成できる能力が求められます。プレスリリースだけでなく、謝罪文や社内の人事異動などの情報公開をする文書などを作成した経験がある場合もアピールに繋がることがあります。

作業の正確性が高い

誤字脱字だけでなく、表現方法などのミスも許されないので、作業の正確性が求められます。集中力を維持し、作業を正確にこなせる人には向いている職種だと言えるでしょう。「絶対に間違ってはいけない」という高い意識と、社会に対する影響の大きさ、責任の重さを理解して業務にあたる精神面の健全性も求められます。

コミュニケーション能力が高い

各メディアとのコミュニケーションに加え、社内の各部署とのやり取りを行う機会が多い職種なので、交渉力、折衝力、提案力などが求められます。営業経験などがあり、対外的なやり取りを行った経験が豊富にある場合には、それを志望動機でアピールしましょう。

広報・PRの志望動機の書き方

ポイント1、広報やPRの経験を記載する

これまでに広報やPR職の経験があれば、仕事内容への理解も今までの人脈も活かせるので、アピールポイントとなります。例えば、化粧品業界で広報として勤めてきたなら、「新しい美容液の発売時には数社の雑誌に載せてもらった」、「取材のスケジュール管理を徹底し数十社のメディア取材に対応できた」といった具体的なエピソードを添えるとよいでしょう。

ポイント2、交渉スキルの高さを記載する

自社の情報は、さまざまなメディアに取り上げてもらうことで世の中に広がり、人々に認知されます。最近ではSNSの普及により、必ずしもメディアだけでなく一般の人々が発信者になることができます。良い商品を紹介して雑誌の売り上げが伸びた、この商品の愛用者であることで人々の憧れの存在となったなど、どちらにしても自分たちにメリットがあるからその情報を扱うわけです。「この情報を扱うことで、あなたにこのような得がある」と示すことができる交渉スキルの高さは、評価されるポイントになります。自分の交渉スキルについて説明をする時は、商談の場での立ち振舞いや、社内での交渉事など具体的なエピソードを交えて記載することでより説得力が増します。

ポイント3、人間関係構築スキルを伝える

広報・PRは、さまざまな人々と関わる仕事です。情報を集めることと情報を発信することの両方が必要である以上、関係する人は幅広いものとなります。多くの人々と関係を築き、良好に発展させていくためには他の職種以上にコミュニケーション能力が問われます。自分のためと相手のためのどちらにも配慮できるバランス感覚を持っていることをアピールしていきましょう。他業種でも、多部署にまたがるプロジェクトの進行をした経験等がある場合は、部署間のバランスを取る役割を担った経験をアピールポイントとして使うことができます。

広報・PRの志望動機の例文

以下の例文(サンプル)をテンプレートとして活用して、自分らしい内容に書き直すことは、魅力的な志望動機を書くための有効な手段の1つとなります。例文をそのまま使用するのではなく、個性が正しく伝わるように自分らしくアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

広報・PR経験者の志望動機サンプル

私はこれまでに培った経験を活かし、貴社の広報・PRとして勤めたいと考え志望いたしました。現職では不動産業界において主に社外広報を担当してまいりました。お問い合わせには即答する、取材日程は即決することを徹底し、多くのメディア関係者と、いろいろなお話をさせていただけるまでの良好な関係を築いてきたと自負しております。その中で、メディア業界の方々の広報としてのレベルの高さも目の当たりにいたしました。私自身、さらなるスキルアップを図りたいと常に考えていたことから、こちらの業界への転職を決意いたしました。中でも会社の活性化を図るために多角的な視点を重視したいとして異業界出身者を活用し、実際に中途採用の先輩方が多く活躍されている貴社に大変魅かれました。業界未経験ではありますが、貴社の広報として一日でも早く即戦力となり貢献していく所存です。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

広報・PR経験者として、自分をどうPRするのか、その表現力や内容の選び方、文章力がダイレクトに能力の高さを示すといっても過言ではありません。レベルの高い応募書類を期待されていると自覚して、丁寧に作成しましょう。
広報として勤めてきて、多くのメディア関係者と接点を持ってきた実績をアピールしつつ、スキルアップを目指している前向きな姿勢を伝えています。

広報・PR未経験者の志望動機サンプル

私は現職では広告代理店でWebマーケティングを担当しており、これまでの経験を活かして自社の魅力を伝える仕事をしたいと思い、貴社の広報職を志望いたしました。現職では主にクライアントの商品別にマーケティングを行っています。サイト内やSNSのテキストを作成する機会が頻繁にあるため、書籍を読んだり、講座に通うなどしてライティングスキルを磨いて参りました。広報職は未経験ではありますが、貴社の企業活動を魅力的にお伝えできるように努力していく所存です。また、貴社の理念や方針についての理解を深めると共に、広報職に必要なスキルをしっかりと身につけていけるように学んでいきたいと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

「ライティング経験」「SNS運用」など、広報職に活かせるスキルが明確に記載されています。ライティングに関する能力だけでなく、コミュニケーション能力などのスキルも記載できると尚良いでしょう。

まとめ

広報・PRの志望動機を書くには、これまでの職務経験の中から今後の職務に活かせるものをピックアップし、職務能力の高さをアピールできるように適切に盛り込むことが重要です。専門性の高い仕事なので、裏付けになる知識、スキル、経験に関する情報を記載することを心がけましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

広報・PRの志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!