Technique

生産技術・生産管理の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、生産技術・生産管理の仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

生産技術・生産管理の仕事内容とは

生産技術・生産管理は、製造業で生産ラインを管理する職種です。生産技術は新しい製品の(量産)技術開発や既存の生産ラインの改良などを行って、効率の良い生産体制を築く役割を果たします。一方、生産管理は販売計画に応じて生産計画を立てて、それに基づく製造・出荷が行えるよう管理する役割を果たし、原材料の発注先選定、価格交渉から人員割当、納期管理、在庫管理などを行います。

生産技術は、生産性の向上やコスト削減などを目的に現状の生産設備や作業工程の課題を発見し、設備の入れ替えや新規に技術開発を行う、手順を変更するなどを実施します。工場の増設や新設も担当します。このような業務を通して、現場の製造部門と開発・設計部門をつないで調整する役割も担います。

生産管理の仕事は具体的に、製品の販売計画に合わせて生産計画を立て、原価計算(管理)の上、原材料の発注先選定や価格交渉、工場の人員割り当て、在庫管理などを行います。複数の製品を製造する工場では製造の優先順位を変動させるなど、工場に対して生産指示を出す「生産の司令塔」のような役割を果たします。製造数、納期を計画通りに実行させるためのさまざまな調整と管理を行う職種です。

生産技術・生産管理に求められる適性

課題発見(抽出)力がある

生産技術・生産管理には、製造業での生産ラインにおける生産効率・コスト・品質などの課題を抽出することが求められます。生産技術は、現状の設備技術や配置・導線といった製造現場での非効率さや不具合を発見することが重要です。生産管理では、原材料の仕入れから製造、出荷までの一連のプロセスが計画通りに進捗できるかという予測性もあわせて必要となります。各々の課題に気付ける課題発見(抽出)力が問われる職種です。

論理的思考力や発想力がある

生産技術・生産管理は、課題発見・解決のための情報分析、仮説検証、予測を立てて管理するためにデータや事象から結論を導き出せる論理的思考力が必要です。また、計画通りにならない不測の事態を解決するには発想力が役立つこともあります。多くの関係者も納得させられる論理的思考力とともに、柔軟な発想力が発揮できる人に適性があると言えるでしょう。

高いコミュニケーションスキル

生産技術は、工場の製造部門や開発・設計部門といった多くの関係者と連携をとって工場全体のプロセスを構築しますし、生産管理は生産計画作成、調達や人員配置など幅広い業務を行うため、多くの関係者とさまざまな交渉を行います。そのため、どちらも高いコミュニケーションスキルや交渉力が必要で、潤滑油のような役割ができる、共通の目標に多くの人を巻き込めるなどの力も求められます。

生産技術・生産管理の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

生産技術には、商品の設計や設備技術(機械、システム)、工程など工場での製造に関する技術知識と担当商品関連の専門知識、生産管理には生産の司令塔の役割が果たせる幅広い管理知識とスキルが必要です。どちらにも課題発見力、論理的思考力や発想力、高いコミュニケーションスキルなども求められます。まずは過去の職歴を振り返り、過去の担当業務や実績などを通じて、それらの知識やスキルのレベルを採用担当者へ正確に伝えましょう。未経験からは目指しにくい職種ですが、未経験可の求人では転職後に活かせる知識やコミュニケーションスキルなどを具体的に書き、その業界や職種で働きたいとの意欲をアピールしましょう。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層などを詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが重要です。注意点として挙げられるのは「事実を書くこと」です。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容にしましょう

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や経験、実務スキルなどをアピールした上で「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるため、入社後にどう努力していくつもりか、どんなキャリアパスを描いているかなど、本気でチャレンジする覚悟をアピールすることが重要です。

生産技術・生産管理の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き換えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

生産技術・生産管理経験者の志望動機サンプル

私は、自動車内装部品製造を行う株式会社〇〇〇の生産技術部門に●年勤務しています。自動車用シートの新規生産ライン立ち上げの設計から計画、導入までを担当しています。昨年度は当ラインのさらなる自動化(FA)を進め、ロボットとAIを取り入れた技術開発の導入に取り組み、不良率を●%~●%へと低減させると同時に製造コスト●%削減を実現致しました。
今回、〇〇〇(メーカー名)の△△△(車種)ブランドの内装部品を製造する貴社で生産技術を募集していると知り、応募させていただきました。貴社では、現職よりも製造する製品ラインナップが幅広いこと、開発から生産技術まで一貫して関わる体制であることから、新しい挑戦が可能な職場であると強い魅力を感じております。これまでの新規技術開発の立案と仕様検討を通して得た先進技術知識、さらに電材や金型メーカー等との交渉力も活かして、貴社へ貢献してまいります。多くのプロジェクトへ参加してマネジメント経験を積んでいき、この分野で着実にキャリアを重ねたいと考えています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業務経験や実績が示され、生産技術としての保有知識やスキルが伝わる内容が記載されています。
・企業側が納得できる、前向きな転職理由と当企業を選定した理由が記載されています。
・転職後、どのようなキャリアパスを考えているか記載され、意欲と将来性が感じられる内容になっています。

生産技術・生産管理未経験者の志望動機サンプル

私は現在、アパレルメーカーの営業企画部で営業事務を●年担当しています。営業部員●名の営業サポートとして見積書、納品書、営業用資料の作成や顧客からの電話・メール対応、製造部や顧客との簡易な納期確認・調整を行っています。他にも営業・伝票データをとりまとめ、日次、週次、月次報告書を作成しています。心掛けていることは周りが仕事を頼みやすい雰囲気でいることで、笑顔と挨拶、たわいのない会話など些細なことですが、積極的な姿勢が職場の明るさにつながればと考えています。
現在の会社では事務職からのキャリアチェンジは難しいため、先のキャリアパスに展望がある仕事を探していたところ、4つのアパレルブランドを展開する貴社で未経験可の生産管理の求人が出ていることを知り、応募させて頂きました。電話とメールが中心という生産拠点とのやり取り、例えば生産指示書作成や生産状況の確認、伝票関連事務といった業務ではこれまでの経験を活かせるのではないかと考えております。能力や適性、意欲次第で営業企画や商品企画など社内で多彩なキャリアパスが描ける点に魅力を感じており、まずはペアを組む先輩社員のアシスタントとして、生産管理の仕事を積極的に習得して貴社に貢献してまいります。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・営業事務の業務経験のうち、応募条件に合うスキルや経験を示し、未経験からの転職でも活かせる知識・スキルがあることが記載されています。また、コミュニケーションスキルの強みについてもアピールできています。
・転職を決意したきっかけや企業を選んだ理由に納得できると同時に、応募企業や求人内容をきちんと調べたことを感じさせる内容です。
・新しい業務習得への積極的な姿勢やキャリアのステップアップの意欲を示しており、将来性も感じられます。

まとめ

生産技術・生産管理の志望動機を作成する際は、業務経験や保有スキルを具体的に記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが重要です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味や関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

この記事が気に入ったらいいねしよう!