Technique

店長職・店長候補経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差をつけやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは店長職・店長候補経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

店長職・店長候補のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

幅広い能力の高さをアピールするなら「実績」を記載する

店長職は営業に関わる責任を負う可能性が高く、売上や顧客満足度などの結果をもとに評価されやすい職種といえます。店長職の自己PRを作成する際には、売上金額や前年対比、顧客満足度、従業員満足度、社内表彰の経験などの「実績」を記載し、店長職としての能力や適性の高さを裏付けることが有効です。ただし、具体的に求められる人間性やスキルなどは企業によって異なります。応募したい企業の求人情報をよく読み、募集条件にマッチする内容に仕上げることを意識しましょう。

特定のスキルをアピールするなら「知識」「スキル」を記載する

店長職として働くには、人・モノ・金に関わるマネジメントスキル、顧客対応に関わるスキル、報告書の作成スキル、などに加え、扱う商品の知識や顧客の世代ごとの特徴、取引業者を選定する際の交渉スキルなど、業務上で必要な知識やスキルを幅広く備えている必要があります。応募する企業の特徴を考慮したうえで、アピールポイントになる可能性の高い特定のスキルを見極め、それらを優先的に自己PRに記載しましょう。募集要件の「必須条件」、「優遇条件」などに目を通すことで、企業が必要としている人材の特徴を捉えやすくなります。

経験の豊富さをアピールするなら「期間」を記載する

店長職には業務上のオペレーションに関わる能力に加え、マネジメント能力も求められます。店長職を経験していると、一般スタッフとして働いていては得られないスキルを身につけられるので、「店長経験者」に対するニーズが高いです。「店長経験○○年」、「店長候補経験○○年」、「マネジメント業務経験○○年」、「役職者経験○○年」のように「期間」について記載し、経験の豊富さをアピールしましょう。店長職を経験していない場合には、管理力や教育力、資料作成力、求心力など、店長職に求められる能力についてアピールし、適性の高さを示すことが有効です。

店長職・店長候補の自己PR例文集

店長職・店長候補の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私の強みは細部にまで気を配れる管理能力の高さです。売上げ達成のためには、商品の在庫切れがないことが最低限必要です。在庫管理のチェック表を導入することで、発注漏れがないように仕組み化することで半年以上「在庫切れ0」を維持しています。売上管理には、月初めと中旬に商品ごとの売上げ予測をスタッフ全員に配布し、全員で目標を意識するように工夫したことで、目標に少しだけ足りずに未達成に終わるということがなくなりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

店長職は、人・モノ・金の管理といったマネジメント業務を担当する職種なので、管理能力の高さが求められます。「どのように管理して、どう成果につながったのか」を具体的なエピソードを添えてアピールしましょう。店長職を経験したことがない場合には、人・モノ・金の管理に関わる業務経験を含めて、店長職への適性の高さを採用担当者に伝えることが有効です。

私は、服飾品を販売する企業で2年間店長職を経験させていただきました。テレアポやDM配送を店舗で行い、お客様個人との繋がりを強化して売上に繋げていく営業スタイルでしたので、お客様の情報を店舗スタッフ間で共有するチームワークの良さが必要になります。チームワークの良い組織になっていくために、率先して店舗スタッフ同士の食事会やミーティングを開いたり、シフトがかさならなくても情報共有できる連絡ノートなどを取り入れました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

販売系や飲食系の店舗ではチームワークの良い職場づくりを行うことで売上げアップや、離職率の低下、従業員満足度の向上も期待できるため、スタッフ同士の関係を良好な状態に維持できるスキルはアピールポイントになります。採用担当者が転職後の姿をイメージできるよう、具体的なエピソードを添えて自己PRに記載しましょう。

私の強みは店舗スタッフの育成力です。店舗の売上を上げるには人を育てることが必要不可欠であると考え、現職ではスタッフ教育に注力しております。その一環として、お客様に満足していただける販売員として必要な要素をリスト化し、スタッフ同士が互いにチェックし合える教育体制を整備いたしました。それに加えて、各スタッフに動機づけをすることで人間的にも成長でき、その結果3年連続で前年の売上を上回ることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

所属している従業員の行動は店舗の良し悪しに直結するため、店長・店長候補には育成力の高さが求められます。店長職を経験している場合には「どのようにスタッフを教育していたか」、経験していない場合には「どのように教育していきたいか」について自己PRに記載することで、育成力についてアピールできます。

私の強みは、誰よりも飲食の仕事に対する情熱を持ち続けられることです。出世して本社勤務を志すのではなく、飲食の現場に立ち続け、お客さまの笑顔をつくり続けることが人生の目標です。そのためには、店長としての私自身の管理業務スキルや接客スキルを磨き続けると同時に、店舗スタッフの能力の底上げも担って参りたいと思っています。スタッフ全員が一丸となってお客さまを迎える、元気な店舗を作っていきたいです。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

店長・店長候補は他のスタッフよりも多くの仕事を担当し、人間関係などのストレスも抱えやすいので、困難な状況に陥ることも考えられます。「なぜ店長になりたいか」、「どのような理由で会社を選んだか」、「どういうお店づくりをしたいか」などの理由を自己PRに記載し、情熱(やる気)をアピールしましょう。熱意が伝われば、採用担当者に評価される可能性があります。

私の長所は素直さです。現職では23歳で飲食店の店長に就かせていただきましたが、年上のスタッフの方もいる中で反発が起こるのではと不安でしたが、すべての人の意見を否定することなく聞き、役職に関係なく良い意見は取り入れることを実践したことで、信頼を得ることができました。まだまだ未熟な点もありますが、今後も学ぶ姿勢を忘れずに努力してまいります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

「素直さ」は自分自身の成長に影響し、また店舗スタッフとの良好な関係性づくりにも役立ちます。そのため、自分の考えに固執せずに他者の意見を受け入れられることはアピールポイントの一つになります。特に、若くして店長や店長候補になる人は年上の従業員をまとめる必要もあるので、「素直さ」が重要になってきます。店長・店長候補の経験や年長者との関係性を築いた実績などがあれば、併せてアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit
自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!