Technique

Webマーケティングの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、Webマーケティングの仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

Webマーケティングの仕事内容とは

Webマーケティングは、Web上で自社や顧客の商品・サービスへの集客、申込・購入といった消費者行動を促すための施策を担当する職種です。つまり、マーケティング活動である調査、広告・宣伝などの販促施策、効果検証の対象がWeb上にある場合を指し、担当者はWebマーケターと呼ばれることもあります。具体的には企業サイトやECサイト等へのユーザーの流入経路、回遊率や直帰率、コンバージョン率などさまざまな指標を収集・分析し、SEO(検索エンジン最適化)や新しいWebコンテンツの制作やリニューアル等といった施策に活用します。最近では、特に若い世代で検索エンジンよりもSNSを情報収集源とする傾向が強いため、ソーシャルメディア(SNS)を対象とするマーケティングに注目が集まっています。

また、Web広告に特化した仕事を「Webマーケティング」と呼ぶ場合もあります。最適なWeb上の広告手法を組み合わせるメディアプランの選定や実施、効果検証のことで、この場合はWeb業界の企業や広告代理店などに所属し、「Webマーケティング」の他、「Webマーケティング企画営業」など企業独自の名称で呼ばれることも多いです。つまり、Webマーケティングという職種でも、自社のWebマーケティングを行うのか、顧客企業のWebマーケティングを行うのかといった違いなどで、業務内容が異なります。そのため、転職活動では自身の希望とマッチするか、求人内容を詳しくチェックする必要があります。

Webマーケティングに求められる適性

数字に苦手意識がない、データ分析が好き

Webマーケティングでは、WebサイトやSNS等のアクセス解析が欠かせません。Googleアナリティクスのような解析ツールを用いて数値を収集・分析し、企業によってはさまざまな統計手法を使った分析も行います。日々、データ(数字)を扱うため、数字に苦手意識がないことが必要です。また、データから人々の行動原理やニーズを探る、市場の動向を予測するといった、論理的に課題や仮説の発見・構築をすることが好きな人も向いています。

Webのトレンドに高い関心がある

Webを対象にするマーケティング手法のトレンドは移り変わりが激しく、アクセス解析に使用するツール等の技術的な進歩も速いため、Webマーケティングには国内・海外の情報サイトを日頃からリサーチしてキャッチアップするなどの能動的に情報収集できる向学心の高い人が向いています。業務に関連する機器やソフトウェアに対しても興味があり、新しい操作にもスムーズに適応できることも必要です。

コミュニケーションスキルが高い

Webマーケティングは事業会社やWeb業界企業のマーケティング部署、広報・PRや広告宣伝部署、あるいはサイト運営の部署等に所属し、アクセス解析をもとにさまざまな販売促進施策などを行います。広告代理店でWeb広告の企画営業に特化している場合でも、多くのクライアントへ報告・提案を行います。つまり、社内外の多くの関係者とコミュニケーションをとる機会が多く、論理的思考力を伴う高いコミュニケーションスキルが求められます。

Webマーケティングの志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

Webマーケティングの業務では、データ収集・分析といったマーケティング知識だけでなく、SEOやWebデザインなどのWeb関連知識が求められます。また、高いコミュニケーションスキルも必須です。まずは過去の職歴を振り返り、業務内容や役割、実績などを通じて、それらの知識・スキルのレベルを採用担当者へ正確に伝えましょう。未経験から目指す場合には、転職で活かせる知識や経験、コミュニケーションスキルなどを具体的に書き、その業界・職種で働きたいといった意欲を示すことが重要です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層などを詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。注意点として挙げられるのは「事実を書くこと」です。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があります。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容にしましょう

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や経験、実務スキルなどをアピールしたうえで「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるためキャリアパスを示して本気度をアピールすることが大切です。

Webマーケティングの志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き換えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

Webマーケティング経験者の志望動機サンプル

私は株式会社〇〇〇でWebマーケティングを●年、担当しています。現在は自社サイトのうち、ブランド△△△の運用とマーケティングを任されています。△△△はオーガニック化粧品ラインであり、サイトへは購入より情報を求めてくるユーザーも多いことから「もっと知りたい」気持ちによりそったCTAへ改善すべく、ランディングページのABテスト等を繰り返し、結果として約1年でCVR(購入率)●%アップを達成しました。今後もWebマーケティングでキャリアを築きたいと希望しており、SNSマーケティングの豊富な経験が必要と考えました。この分野はまだ発展途上なのでトライ&エラーで独自のノウハウを構築でき、チャレンジしがいがあると思っています。そのため、10代・20代中心向けの化粧品開発を手掛ける貴社のWebマーケティング職に応募させて頂きました。美容情報発信に軸を置いたオウンドメディア運用経験の知識を活かしつつ、貴社が展開するインフルエンサーマーケティングとも連携した取り組みで貢献して参ります。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業務経験や実績が示され、Webマーケティングとしての保有知識やスキルが伝わる内容が記載されています。
・企業側が納得できる、前向きな転職理由と当企業を選定した理由が記載されています。
・転職後にどのように貢献できるかと、チャレンジしたいことの両方を具体的に示し、意欲と将来性が感じられる内容になっています。

Webマーケティング未経験者の志望動機サンプル

私は現在、株式会社○○○○の総務部で一般事務として3年間勤務し、来客者対応(電話・メール含む)、文書管理や備品管理、さまざまな資料の作成などを担当しています。2年前からWeb業界へのキャリアチェンジの準備として、主にプチプラコスメを紹介する個人サイトを開設し、運営を続けています。WordpressやGoogleアナリティクスが使用でき、アクセス解析も独学で学んでおります。このサイトは月間**万PV超を達成しています。今回、Web広告事業を●年にわたって展開する貴社で、未経験可でWebマーケティングの求人が出ていると知り、応募させて頂きました。リスティング広告中心の企画営業としてすぐに顧客を担当できることや、実力主義の評価体制であることに魅力を感じております。現職での一般的なビジネスマナーやオフィス系資料作成の経験は、クライアント対応や提案活動に活かせると考えております。将来は高額のプロモーション予算を持つ大口顧客が担当できるようなWebマーケティングのスペシャリストを目指しており、まずは一日でも早く業務を習得して貴社に貢献したいと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・一般事務の経験により、基本的なビジネスマナーやPCスキルがあることが示されています。また、個人サイト運営経験を記載して、未経験からの転職でもすぐに活かせる知識・スキルがあることが伝わります。
・キャリアチェンジの準備内容や企業を選んだ理由に矛盾がなく、納得できる内容に仕上がっています。
・個人サイト運営の実績から強い意欲が伝わり、さらに目指すヴィジョンが明確にあるため将来性も感じられます。

まとめ

Webマーケティングの志望動機を作成する際は、業務経験や保有スキルを具体的に記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

WEBマーケティングの志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!