Technique

プログラマー(PG)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差をつけやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではプログラマー(PG)の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツをわかりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

プログラマー(PG)のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

仕事への対応力をアピールするなら「実績」を記載する

プログラマー(PG)の仕事は一般的にプログラミングに特化するので、プログラミングスキルが採用の焦点になりやすいです。どんな仕事に対応できるのか、何のプログラミングを行えるのかをアピールするために、「実績」を具体的に記載しましょう。たとえば、過去に開発したプログラムの内容や動作、開発期間、参加したプロジェクトの数などが挙げられます。求められるスキルは企業によって異なるので、企業の募集情報を踏まえてアピールポイントを選択しましょう

特定のスキルをアピールするなら「開発環境」「開発言語」を記載する

必要としている人材は企業によって異なるので、アピールすべきスキルも企業によって変わってきます。求人の募集要項や企業情報などをチェックして、適切なスキルをアピールしましょう。開発に用いるプログラミング言語や開発環境などのトレンドは時代とともに変化し、企業によって違いのあるポイントの一つなので、特定のスキルが大きなアピールポイントになる可能性もあります。

経験の豊富さをアピールするなら「期間」を記載する

エンジニアの成長過程には終わりがなく、常に学び続けることが求められます。そのため、「プログラミング経験○○年」のように「期間」を自己PRに記載することで、経験の豊富さを伝えられることに加え、継続力をアピールできる可能性もあります。プログラマーとして働いた期間が短い場合には、代わりに保有しているスキルや将来性の高さなどをアピールしましょう。

プログラマー(PG)の自己PR例文集

プログラマー(PG)の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はプログラミングに関するスキルの幅広さに自信があります。C言語やPHPはもちろん、Rubyに関しても知見がありますので、幅広い業務に対応できる強みがあります。また、現在はScalaを独学で学んでおり、今後も状況に応じて必要性の高いプログラミング言語を中心に学んでいきたいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企業や担当業務によって程度の違いはありますが、基本的にはプログラマーは「プログラミング能力」を求められます。担当できる業務の幅の広さや奥深さが採用担当者に正確に伝わるように、精通しているプログラミング言語について具体的に記載してアピールすることが重要です。

私の強みは学習意欲の高さです。プログラミング言語はC言語、Java、PHP、Rubyに関する知識に自信があり、部署内で毎月新しい技術の勉強会を主催するなどして組織全体のスキル底上げを目指しておりました。資格は基本情報技術者試験、PHP技術者認定初級試験、Ruby技術者認定試験(Silver・Gold)を保有しています。その他、TechCrunchの海外サイトやQiitaで情報収集を行うことを習慣化しています。プログラミングに関連する学びに限らず、社会的なトレンドや業界ニュースを押さえることも業務に活かせると考え、社外の交流なども積極的に行っています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プログラマーの仕事は取り扱う技術が時代とともに変化する可能性があり、技術者として学び続ける必要性の高い職種の一つです。そのため、企業側は「学び続ける努力ができる人材」を必要としている可能性があります。学ぶ姿勢は「将来性」の高さを感じられる要素の一つにもなるので、適切にアピールしましょう。

私は6年間プログラマーとして勤務し続けており、100以上の案件に携わって参りました。その中で最も大規模だったのは、最大月間ユニークユーザー数1億人のスマートフォンアプリのプロジェクトです。メンバー数10名のチームにメインのプログラマーの一人として参加し、課金機能まわりの開発と保守に携わりました。リリース後に判明したバグの緊急対応など貴重な経験もそこで積むことができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プログラマーには開発力が求められると同時に、トラブルや不具合への対応力の高さも求められます。経験の豊富さが対応力の高さを示す材料になる可能性もあるので、携わってきたプロジェクトの数や規模をアピールすることは効果的です。プログラマーとして働いていく過程でイレギュラーな問題が生じる可能性があり、そういった場面を経験して切り抜けてきた人材は重宝されやすいといえます。

私の長所はプログラミングの速さと正確性です。現職では主に2名のプログラマーでプログラミング作業を行っており、開発から動作確認後の修正作業まで一貫して担当させていただいております。期日までに確実に作業を終わらせることはもちろん、プログラムを引き継ぐ担当者が確認しやすくなることを心掛けておりました。短期間で仕上げる小規模な案件が得意で、ミスで手戻りが発生したことはほぼありません。業務ではGitHubを使用しておりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プログラマーの作業には速さや正確さだけでなく、質の高さも求められます。どんな心掛けでスピードと質を高めてきたのか、実際どんな成果を出していたのか、を自己PRに盛り込むことにより、プログラマーとしてスキルをアピールできます。

私はプログラマーを6年経験した後、現在はプログラマーとして実務もやりつつ、3名のメンバーの管理業務も担当しております。メンバーとのコミュニケーションに重きを置き、全員がストレスなく業務を進められること、プログラミングスキルを伸ばしていけるような案件の振り分けを心掛けております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

年齢によっては、組織の中でチームを束ねた経験の有無を問われる場合があります。プログラマーとしての作業能力に加え、メンバーをマネジメントする能力やプロジェクトマネージャーに近い立場を経験したことがあればそれをアピールするのも手です。その際はメンバーの人数や携わった期間などの具体的な数字を盛り込みましょう。また、日頃から心がけていることや重要視していることなど、応募者自身の人間性を感じられる内容を含めることも効果的です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

プログラマーの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!