Technique

プリセールスエンジニア(技術営業)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではプリセールスエンジニア(技術営業)の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

プリセールスエンジニア(技術営業)のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

プリセールスエンジニア(技術営業)は、IT、機械、製造などの技術的な知識やスキルだけでなく営業スキルが求められます。対応できる仕事内容やその成果をアピールするために、「実績」を具体的に記載しましょう。プリセールスエンジニア(技術営業)の「実績」は、売上や契約件数、実務経験年数、技術的な担当領域、業務内容などです。求められるスキルは企業によって異なるので、応募する企業の情報を踏まえてアピールポイントを選択しましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

プリセールスエンジニア(技術営業)は、営業とエンジニアの両方の知識とスキルが求められる職種です。担当職種や業種・業界によって身に付いている知識・スキルは異なるため、それらを明確にしてスキルをアピールすることで、採用担当者にあなたの能力を伝えられます。また、IT、機械、製造などの技術に関連する資格を保有していれば知識と経験の裏付けになります。求人情報の募集要項や企業情報などをチェックして、適切にアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

プリセールスエンジニア(技術営業)はITスキルや営業スキルはもちろん、クライアントの業務に対する理解や知識、ITに詳しくない相手に分かりやすく説明するスキルなどが求められます。専門性が高いため、経験期間もアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「プリセールスエンジニア(技術営業)○年」、「システムエンジニア○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

プリセールスエンジニア(技術営業)の自己PR例文集

プリセールスエンジニア(技術営業)の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はCRMシステムに関わるプリセールスエンジニアに3年間従事いたしました。営業担当者に同行し、法人に対して技術的な説明を行い、企業主催のコンペにも参加して営業サポートも行っております。20XX年には○○件の受注、○○○○万円の売上を達成いたしました。営業担当との事前の情報共有と下調べに注力し、課題解決をサポートするシステム導入を実現しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プリセールスエンジニア(技術営業)は、技術的な説明や提案を行い、営業担当者をサポートすることが一般的ですが、企業によっては売上目標がつく場合もあります。売上や契約件数などの実績がある場合には、数値を明確にして記載することで、能力の高さを採用担当者に伝えられます。また、ITや製造などの取り扱った商品・サービスを明らかにして、知識やスキルに関する情報を含めることも大切です。

私はプログラマーを3年間、プリセールスエンジニアを3年間経験いたしました。PHP、Java、C言語などのプログラミング言語、LinuxやWindowsなどのOSの知識・スキルがあり、大手自動車メーカーのプロジェクトで車載情報システムの開発などを経験したことがあります。現職では、技術的な知識とスキルを活かし、開発側の立場を考慮して要件定義やスケジュール設定を行うことで、営業と開発側の橋渡しをしております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プリセールスエンジニア(技術営業)には技術的な知識・スキルが求められるので、過去の開発経験などもアピールポイントになります。技術的な側面をアピールする場合には、その経験をプリセールスエンジニア(技術営業)としてどのように活かしてきたかなどを添えることで、採用担当者にあなたが活躍する姿をイメージさせることができます。企業の業務内容や取り扱っている商品・サービスに合わせ、それらに対応する知識・スキルをアピールしましょう。

ネットワーク・サーバーなどのセキュリティ関連の自社製品を扱っております。営業担当者と提案した管理体制システムが、クライアントになかなか理解されにくかったことがありました。その際に、簡略化したサンプルのシステムをその場で作成してクライアントに実際に見せたところ、イメージが湧き、受注につなげることができました。このように臨機応変に対応し、営業担当者とクライアントの課題解決をサポートしております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プリセールスエンジニア(技術営業)には、顧客が抱えている問題点や営業担当者の提案を技術的な側面からサポートし、受注につなげるスキルが必要です。業務で具体的にどのような点を重視し、結果につなげていったかを明らかにしてアピールしましょう。記載する際には、それについて具体的なエピソードを含めて記載することも有効です。

企業の業界、規模、営業スタイルなどに応じて、最適なプランを顧客に寄り添った営業活動を行っております。顧客の知識レベルや求めている情報の粒度を読み取り、営業担当者だけでは説明しきれないシステムの詳細を説明したり、より抽象化して知識が少ない顧客にも分かりやすいような説明を行ったりと、相手に合わせた提案を行ってきました。その結果、売上と顧客満足度を向上させ、20XX年には年間契約数で社内278名中5位になることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プリセールスエンジニア(技術営業)は営業の要素も強いため、提案力が身に付いている場合はアピールポイントになります。ITについて詳しくない顧客に対してでも、システムを導入することでどういったメリットがあるのか、開発するシステムにどういった難易度があるのかなどを分かりやすく説明できる提案力はさまざまな職種に応用できます。応募する求人情報を確認し、スキルが活かせそうな場合はアピールしましょう。

私はプリセールスエンジニアに5年間従事しております。情報システムに関わるソフトウェアを販売する現職の業務に活かすため、『基本情報技術者』の資格を取得いたしました。ITに関する知識を得ることで顧客への提案の幅が広がり、業務実績の向上につながっております。また、さらなるスキルアップを目的として、『ITストラテジスト』の取得を目指して独学で学んでおります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プリセールスエンジニア(技術営業)の業務に関連して取得した資格があれば、応募する職種によって役立つ可能性があります。応募先企業の求人情報を確認し、必須・優遇条件などに記載されている資格を保有している場合には、もれなく記載しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

プリセールスエンジニア(技術営業)の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!