Technique

セキュリティエンジニアの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に影響する重要なポイントになります。例文を参考にして、適切にPRできる志望動機を作成しましょう。ここでは、例文に加え、セキュリティエンジニアの仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

セキュリティエンジニアの仕事内容とは

セキュリティエンジニアは、セキュリティ対策の専門家として企業のネットワークやシステムを守るのが役目です。インターネットを利用している時点で、外部から攻撃を受けるリスクがありますが、企業などでは顧客リストや社外秘情報などを適切に管理する必要があります。そのため、不正アクセスやサイバー攻撃といった外部からの攻撃や、情報漏えいを防ぐセキュリティエンジニアは社会的なニーズや重要性が高い職種だと言えるでしょう。
具体的な仕事内容は、セキュリティ対策に関する企画・提案に始まり、設計、実装、テスト、運用・保守などを行います。セキュリティエンジニアはそれらのすべてに携わることが一般的ですが、企業によっては役割を分担する場合もあります。

セキュリティエンジニアに求められる適性

情報セキュリティに関する感度の高さ

サイバー攻撃の手段は日々変化しており、それに応じて対策方法も異なっていく可能性があるため、セキュリティに関する最新の知識を学び続ける向上心があることが重要なポイントになります。常に最新の情報にアンテナを張り、現状に満足せず、エンジニアとして成長し続ける気持ちがあることが求められます。

コミュニケーション能力がある

セキュリティエンジニアは、システムの脆弱性を見極めて最適な対策案を提案するために、顧客や社内担当者に対してヒアリングを行うのも業務の一つです。セキュリティ対策に関する高い知識や経験を備えていることに加え、営業経験やプロジェクトマネジメントの経験があるとプラス評価に繋がる可能性があります。

高いモラル意識と責任感がある

セキュリティエンジニアはさまざまな脅威に対抗するためのシステムを構築するのが使命。リスクを最小限に抑えるための対策を、完璧な状態に仕上げる必要のある責任の大きな職種です。そのため、「システムを守る」という責任感を持って仕事に取り組む姿勢が求められます。また、セキュリティエンジニアとしての知識やスキルを使えば、非道徳的な行動も取れてしまうので、高いモラル意識が必要な仕事です。志望動機で人間性をアピールしたい場合には、これらをアピールしましょう。

セキュリティエンジニアの志望動機の書き方

ポイント1、セキュリティ対策に関する実務経験をアピールする

セキュリティエンジニアはリスクに対抗する重要な役割を担うことに加え、状況に応じて最適な対策を取る必要があるため、実務経験をアピールして経験の豊富さを示すことが重要になります。セキュリティエンジニアの経験がある場合には、業務上のエピソードを志望動機に具体的に記載しましょう。セキュリティエンジニアの経験がない場合には、システム保守や運用といった業務から努力する向上心があることを伝え、セキュリティエンジニアとして成長していける人材であることをアピールしましょう。

ポイント2、情報感度、向上心、責任感をアピールする

セキュリティエンジニアは常に最新のセキュリティに関する情報を収集し、新たな脅威への対策を立てられるように成長し続けなければならない職種です。日頃から学び続けることができ、向上心と責任感を持って業務に取り組める人材であることをアピールしましょう。そのためには、人間性を裏付ける具体的なエピソードを添えることが有効です。「努力して成し遂げた経験」、「ミスをしないために心掛けていること」、「日頃どんな情報収集をしているか」などのエピソードを交えて、採用担当者から見て信頼性の高い志望動機を作成しましょう。

ポイント3、転職理由と企業を選んだ理由を明記する

企業側は「長期的に働いてくれる人材」を求めている傾向が強いため、転職理由や企業を選んだ理由に対して関心を持つことが多いです。採用面接でそれらを質問されることも多いので、準備しておきましょう。転職理由や企業を選んだ理由を書く上で大切なことは、信頼性を感じられる内容にすることです。内容に納得性がないと、「人間性や職務能力に問題があるのではないか」、「志望動機の内容に嘘があるのではないか」などと不信感を持たれる可能性があります。転職する理由に納得性があり、前向きな内容に仕上がるように心掛けましょう。

セキュリティエンジニアの志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして利用し、内容を自分らしく変えることが有効な手段の1つとなります。ただし、例文をそのまま利用するとあなた自身の魅力が正確に伝わらなくなってしまう恐れがあるため、適切にアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

セキュリティエンジニア経験者の志望動機サンプル

私はこれまでに培ったセキュリティに関する技術と経験を、より多くの企業のセキュリティを守ることに生かしたいと考え、ITコンサルティングを行う貴社でのセキュリティエンジニア職を志望いたしました。現職では、自社開発で月間100万を超えるユニークユーザーが利用するアプリケーションのシステム開発とセキュリティを担当しております。サービスの運用に携わる中で、セキュリティ強化の必要性を経営層に深く理解してもらうことが最も重要であると考え、組織全体のセキュリティリテラシーの向上に努めてまいりました。今後は、貴社のお客さまが安心して企業活動を行えるよう、セキュリティ面を徹底的にサポートすることで貴社に貢献してまいりたいと考えております。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

自分のスキルを自社という限られた範囲だけでなく、広く社会を良くするために生かしたいという転職理由と、それができるのがITコンサルティングであるからこの企業を応募している、という納得性のある志望動機を示すことができています。
現職で携わっているサービスの規模や利用者数を明記することで、職務能力のレベルを企業側がイメージしやすい内容になっています。

セキュリティエンジニア未経験者の志望動機サンプル

私は現職ではネットワークエンジニアとして勤務しておりますが、業務を通してセキュリティ分野の重要性と将来の需要の高さに気付き、セキュリティに特化したエンジニアとして専門性を究めたく転職を考えました。貴社の求人情報で、ネットワークエンジニア出身で現在セキュリティエンジニアとして活躍されていらっしゃる社員の方のインタビューを拝見し、自分もこの方のようになりたいと考え、貴社を志望いたしました。現職ではネットワーク設計・構築、管理、運用を行っており、昨年CCNA Routing and Switchingを取得いたしました。現在は情報セキュリティスペシャリストの資格取得に向けて勉強をしております。今後は、貴社のサービスのセキュリティを最大限に強化できる人材にいち早くなれるよう、精力的に業務に励みたいと考えております。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

セキュリティエンジニアと関連性のある職種に就いていたことが伝わる内容になっています。未経験ながらもセキュリティエンジニアになるために努力していることが明記されており、将来性を感じられると共に志望動機の信憑性が高まる志望動機になっています。
現職の勤務実績の中でアピールできるポイントがある場合には、その情報についても盛り込みましょう。

まとめ

セキュリティエンジニアの志望動機を作成するには、職種や企業を選んだ理由を明確にして、入社意欲や今後の展望などを自分らしい言葉で具体的に表現することが大切です。志望動機のサンプルなどを参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成しましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

セキュリティエンジニアの志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!