Technique

ネットワークエンジニアの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に影響する重要なポイントの1つです。例文を参考にして、自己PRできる志望動機を作成しましょう。ここでは、ネットワークエンジニアに応募したい方のための例文だけでなく、仕事内容や適性についても解説しています。魅力的な志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが大切なので、しっかりと確認してから志望動機を作成しましょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは

基本的にはネットワークに関するスペシャリストとしてネットワークシステムの導入や保守を担当します。社内などのネットワークの設計、構築、運用(監視)を行う仕事です。近年ではクラウドシステムの普及が進んでいますが、セキュリティやオンプレミスなどの知識も当然必要であり、職務上の経験も求められます。システム開発では多くの人と連携する必要があるため、ネットワークに関する専門知識だけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーション能力も必要です。

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い

ネットワークエンジニアはネットワークの構築に特化した業務範囲を担当する仕事ですが、対してインフラエンジニアは、ネットワークだけでなくサーバーやハードウェアまでインフラ構築に必要な業務を全般的に担う仕事を指す場合が多いです。明確な定義はなく、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの総称としてインフラエンジニアと表現する場合や、企業によって呼称や担当領域が変わるだけの場合もあります。

ネットワークエンジニアに求められる適性

ネットワークやサーバーに関する知識がある

ネットワークエンジニアとして働くためには、ネットワークやサーバーに関する知識・経験が必須となります。職務経験をもとにそれらをアピールすることが望ましいですが、未経験の場合には関連する業務経験や保有資格などの情報を志望動機に盛り込み、ネットワークエンジニアとして活躍できる可能性を示しましょう。

責任をもって業務に取り組める

ネットワークに問題が発生すると、そのネットワークが繋がっているシステム全体の業務が停止してしまう可能性もあります。ネットワークエンジニアはそうしたことが起こらないよう、慎重な対応や責任感を持ってネットワークの運用・保守を行う必要があります。これまでの仕事に対する取り組み方などで、責任感の強さをアピールしましょう。

ネットワークエンジニアの志望動機の書き方

ポイント1、なぜその企業に応募したのか記載する

ネットワークエンジニアを募集している企業が複数ある中で、なぜその企業を選んだのかを記載しましょう。希望する企業の情報を徹底的に収集し、その企業でなくてはならない理由を見つけます。例えば、独自の研修制度を設けていて社員のスキルアップの応援をしている、多くの中途採用の人が活躍しているなど、その企業に魅力を感じている点を挙げるのも良いでしょう。
ただし、ネットワークエンジニアは何か障害があれば深夜に対応することもあり、労働時間が不規則になりがちな仕事。だからこそ「労働環境が良い」というだけではその企業でないといけない理由にはなりませんので、下記のポイントを優先して記載した方が好印象に繋がります。

ポイント2、自分が取り扱える技術・スキルをきちんと記載する

自身のネットワークエンジニアとしての技術やスキルがどういったものか、きちんと記載しましょう。「ネットワークエンジニアの経験がある」だけでは、どのレベルであるのかが相手に伝わりません。持っている技術が少ないからといって躊躇する必要はなく、技術やスキルがどのようなもので、どのくらいのレベルなのかを正確に伝えます。もしかすると相手が求めるレベルではない可能性もありますが、過大に表現したり過小に表現したりすることによってミスマッチが発生することは、企業にとっても自分にとっても最も避けたいことです。

ポイント3、なぜ転職をするのか記載する

前職(現職)もネットワークエンジニアからの転職の場合、同じ職種において、なぜ転職を決意したのかを記載しましょう。もちろん、転職理由のマイナス面ばかりを強調しては人柄を疑われてしまいかねないので、「スキルアップを図りたい」「業務の幅を拡げたい」などといった方向で考えたことを記載していきましょう。前述したように、労働環境については「今の環境が最悪だから」という表現だと、「どこでもいいから転職したい」と受け取られてしまうので、「より良い環境を求めて」というニュアンスに留めるのが良いでしょう。

ネットワークエンジニアの志望動機の例文

自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)の形式をもとに内容を自分らしく変えるという手順がおすすめです。ただ、例文をそのまま使用するとあなた自身の魅力が正確に伝わらなくなってしまう恐れがあるので、適切にアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

ネットワークエンジニア経験者の志望動機サンプル

私はこれまで培った技術と経験を活かし、貴社でネットワークエンジニアとして勤めたいと考え志望いたしました。現在、技術者派遣という形態で働いており、さらなるキャリアアップを図るために正社員を目指そうと考えていたところ、貴社が、従業員の満足によってこそ良い仕事ができるという理念を実現するべく、長時間労働や休日出勤の廃止を業界においていち早く取り入れたと知り、深く感銘を受けた次第です。現職では主にお客さまのネットワーク運用と保守に関わってまいりました。今後はネットワーク構築や設計にも携わっていきたいと考えております。

「職務経験あり」のポイント・注意点解説

「正社員にキャリアアップしたい」という成長意欲が一番の転職理由であり、企業理念に共感しているという形で、福利厚生に魅力を感じていることを伝えています。
ネットワークエンジニアとしての経験があること、今後具体的にどのように成長していきたいのかも記載できているので、さらに現状で努力していることなどについても言及すれば、より良い志望動機になるでしょう。

ネットワークエンジニア未経験者の志望動機サンプル

私はプログラマーとしてこれまで技術と経験を積んで参りましたが、将来を考えたときにより専門性を高めていきたいと考え、転職を決意いたしました。ネットワークエンジニアを志した理由は、前職で携わったプロジェクトの中で、より良い社内環境を整備するにはネットワークエンジニアの力が重要であることを実感したからです。
私自身も現職のプログラマーという仕事の中で、社内の他部署の人々がどのような課題や疑問を抱えているのか、もっと効率化できないかということを常に考えて参りました。貴社の一員となり、よりよいシステムの提案、開発に貢献したいと考えております。

「職種未経験」のポイント・注意点解説

プログラマーとしてこだわっていたことや取り組み姿勢を書くことで、ネットワークエンジニアの仕事に役立つIT知識やマインドを有していることをアピールできています。また、なぜこの職種を志望しているかの理由が明確に示されているのも良いです。

まとめ

ネットワークエンジニアの志望動機を作成するには、職種や企業を選んだ理由を明確にして、入社意欲や今後の展望などを自分らしい言葉で分かりやすく、そして具体的に表現することが大切です。サンプルを参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成しましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

ネットワークエンジニアの志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!