Technique

カスタマーサポート(お客様センター)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではカスタマーサポート経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

カスタマーサポート経験者のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

経験の豊富さをアピールするなら「期間」を記載する

一般的にカスタマーサポートは、ユーザーからの電話やメールでの問い合わせに対応する仕事です。製品の使い方の説明やクレーム対応など、問い合わせ内容はさまざまですし、幅広い年齢層に対して応対するので、経験の豊富さが求められやすい職種です。カスタマーサポートとして働いていた期間が長い場合は自己PRでもアピールしましょう。個人営業や内勤営業などのように、接客スキルが求められる職種の経験もカスタマーサポートに活かせるので、経験があればその期間も記載できます。

適性をアピールするなら「敬語やマナーの知識」「ストレス耐性」を記載する

ニーズが高いカスタマーサポートの人物像としてよく言われるのが、「美しく通りやすい声」、「物腰の柔らかい声色や話し方」、「丁寧な言葉遣い」などの特徴です。もともと向いている人もいますが、訓練を通して磨けるスキルでもあります。また、カスタマーサポートを行う上で敬語の使い方やマナーを守れることはもちろん必要ですが、辛抱強く人の話を聞けることや、ストレス耐性が高いことなど、性質面での向き不向きもあります。自分がその職種に向いていることをアピールできる適性について具体的なエピソードを盛り込んで伝えましょう。

顧客対応力をアピールするなら「実績」を記載する

カスタマーサポートの仕事は企業のイメージに大きく影響するため、「顧客満足度の高さへの貢献」は大きなアピールポイントになりやすいです。業務上の実績が数字で示せる場合には、自己PR欄でアピールしましょう。具体的には、顧客満足に関するアンケート結果やクレーム処理件数などが挙げられます。過去に経験した具体的な業務内容、仕事のために受けた研修やセミナーなどを記載しても良いでしょう。

カスタマーサポートの自己PR例文集

カスタマーサポートの実務経験や保有スキルは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私の強みは傾聴力です。現職ではクレジットカードのカスタマーサポートとして勤務しており、契約内容に関するさまざまな種類の問い合わせへの対応が主な仕事です。お電話をいただいたお客さまをお待たせすることなくご案内するために、フォーマット通りの質問をするのではなく、臨機応変にヒアリングを丁寧に行うことを意識しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

カスタマーサポートには、顧客の問い合わせ内容を丁寧にヒアリングして、適切な説明や案内を行うスキルが必要不可欠です。「どのような姿勢でヒアリングを行っているか」、「具体的にどのような業務を担当しているか」などの情報を自己PRに盛り込み、読み手がイメージできるような内容に仕上げて適切にアピールしましょう。

私の強みは、お客さまに対して解決方法やご案内を分かりやすく伝えられることです。現職の通販サイトのカスタマーサポートでは、ご年配の女性の方からの商品購入に関するご質問を多くいただきます。商品のサイズやカラー、配送手続きなど順を追ってゆっくり説明するようにして、お客さまの疑問を解消できるようご対応させていただいております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

カスタマーサポートは、一般的に顧客に対して解決方法や申し込み方法などを説明することが主な仕事になります。そのため、顧客に対して物事を分かりやすく伝えられることは働いていく上で必須のスキルとなります。具体的にどのようなことを意識して業務を行っているかを示しましょう。

私は学生時代から“癒し系ボイス”と友人に評されることが多く、自分自身でも意識して、穏やかな口調と声色の使い方を磨いて参りました。昨年度にはお客さま満足度の高さで全100名の中で2位になることができましたので、カスタマーサポートの仕事は転職だと思っています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

電話でのカスタマーサポートは、顔の見えない相手に対するコミュニケーションであるため、対面のコミュニケーションよりも声のトーンや話し方に高い注意を払わなければなりません。声や話し方、言葉遣いなどの持ち味をアピールすることはこの職種ならではのポイントと言えるでしょう。

私の強みは、どんな状況でも面白がることができる好奇心です。とてもお怒りのお客さまからのお問い合わせの際も、丁寧な謝罪をした上で「どうしたら相手の怒りが収まるか」という発想で前向きに対処することができます。内容によってはマニュアルに沿ったご対応をさせていただくこともありますが、お客さまによって違った発見を得られることに面白みを感じながら業務を担当させていただいております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

カスタマーサポートの業務が「単調でつまらない」「クレーム対応がつらい」と感じる人もいるので、業務そのものを前向きな気持ちで主体的に行うことができる思考を持ち合わせていることは、企業側から評価されやすいポイントの一つになります。人が苦手なことや、やりたくないことが自分にとっては苦ではない、ということは大きな強みになり得ます。

私の長所は責任感の強さです。カスタマーサポートの仕事は、お客さまが商品や企業そのものに抱く印象に大きく影響するので、すべてのお問い合わせに対して誠実な対応をすることを意識して業務を行っております。今後もすべてのお客さまに対して真摯に向き合い、「企業の顔」としての自負を持ってカスタマーサポートとして成長してまいります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

カスタマーサポートは顧客との直接的な接点を持つので、企業にとって「顔」とも言える重要性の高い職種です。責任感、使命感をもって業務を担当できることは評価されやすいポイントになるので、働く姿勢を自己PRに盛り込んでアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

カスタマーサポートの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!