Technique

コールセンタースーパーバイザー(SV)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではスーパーバイザー(SV)経験者の自己PR例文と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

コールセンターのスーパーバイザー(SV)のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

スーパーバイザー(SV)の業務は、業界、取り扱う製品、担当するサポート領域などによって異なるため、「実績」を記載する際には、その詳細を伝えましょう。スーパーバイザー(SV)の「実績」とは、マネジメント人数、パフォーマンス分析・業務改善などの提案実績などです。求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

スーパーバイザー(SV)の業務で培った、マネジメントスキル、オペレーターとしての対応力、顧客やチームのメンバーなどに対するコミュニケーションスキルなどはアピールポイントになる場合があります。また、スーパーバイザー(SV)の業務に関連して、『コンタクトセンター検定(コン検)』などの資格を保有していれば知識・スキルの裏付けになります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

スーパーバイザー(SV)はコールセンターの業務に精通していることを前提に、マネジメントスキルなども求められる特殊な職種であるため、経験期間の長さもアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「スーパーバイザー○年」、「カスタマーサポート○年」、「テレフォンオペレーター○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

コールセンターのスーパーバイザー(SV)の自己PR例文集

スーパーバイザー(SV)の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

通信事業を展開する企業のコールセンターでスーパーバイザーとして従事しております。業務では20名のオペレーターの勤怠管理・シフト作成、面接・採用判断、応対品質の確認・指導などのマネジメントを担当いたしました。オペレーター指導では新人OJTの実施、マニュアル作成などを行うことでメンバー全体の応対品質を向上し、顧客満足度は2年連続で5点中4.5以上を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

スーパーバイザー(SV)の業務を通して培った、マネジメントスキルはアピールポイントになる場合があります。能力の高さを伝えるために、オペレーターの管理・指導などのマネジメント経験や実績をアピールする際にはその詳細を具体的に書きましょう。

現職ではインターネット回線に関するオペレーターを3年間、リーダーを1年間務めた後、スーパーバイザーとして正社員に登用されました。顧客対応ではマニュアルを基本とし、メンバーが対応できないクレームにも状況に応じて臨機応変に対応して参りました。理不尽なクレームに対しては、解決策というよりもお話を伺うことそのものが重要であると考え、根気強く丁寧な対応を行うことで収束させることができます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

コールセンターのスーパーバイザー(SV)は、オペレーターの業務に精通しており、メンバーが対応できないクレームへの対応力なども求められる職種です。担当業務、マネジメント経験、期間などの情報を含め、オペレーターの業務に関する知識やスキルのレベルの高さを伝えることで、顧客対応力をアピールできます。顧客対応力は営業系職種や接客業など、さまざまな職種に応用できます。

スーパーバイザーとして、オペレーターの管理・指導・採用、マニュアル整備、研修の企画・実施、メンバー間のコミュニケーションの調整などを行って参りました。以前は非常に簡素なマニュアルしかなく、オペレーターが対応できずにスーパーバイザーが対応するという場面が多く、その他の業務が圧迫されている状況にありました。そこで私はマニュアルの強化を企画し、場面ごとの対応をまとめました。その結果、SVの作業時間が確保されただけでなく、オペレーターの対応力も向上し、顧客満足にも繋がりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

コールセンターのスーパーバイザー(SV)は多くのメンバーを統率する立場であり、何か課題が見つかった際には解決することが求められます。業務中に課題を解決した経験がある場合は業界・企業によってアピールポイントになります。アピールする際には、具体的なエピソードを記載しましょう。

お客様対応時には気遣いを心掛けておりましたが、現在はその経験を活かしてオペレーター同士の人間関係の調整なども行っております。コールセンターではメンバーが前向きにお客様に向き合い、誠実に対応することが大切です。そのため、性格面での相性を考慮して指導担当の先輩後輩の組み合わせの調整を行ったり、私自身はもちろんリーダーもピリピリした雰囲気にならないようにリーダーの指導を行ったりしました。また、各々のモチベーションの向上のため定期的にフランクなミーティングを開いたり、働きやすい環境づくりのために有給休暇を取りやすい雰囲気を作ったりと工夫を行い、3年間に渡って退職者ゼロを達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

コールセンターのスーパーバイザー(SV)は、ホスピタリティの高い顧客対応を行うだけでなく、オペレーターに対して面談をして相談に乗ったり、メンバー同士の人間関係を調整したりするなどの役割が求められます。気遣いができることや人間関係の調整ができることは、チームで働くさまざまな職種において重宝されます。応募する企業によってはアピールすることを検討しましょう。

業務効率を上げるため、メンバーの顧客応対状況のチェックを行いました。その結果、チームにより応対品質やスピードに大きな差があることが判明したため、各自への指導、研修の実施などを行うことで、メンバー全体の顧客応対スキルを改善いたしました。その結果、応対スピードおよび顧客満足度が改善したことに加え、メンバーそれぞれが顧客から感謝される機会が増加することでメンバーのやりがい向上にも役立ちました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

所属先のコールセンターによっては、オペレーターの管理などの基本的な業務に加え、パフォーマンス分析・業務改善の提案、業務設計、事業計画などの高度な業務を行う場合があります。それらの業務経験はスーパーバイザー(SV)としての経験値の高さを示す効果を期待できるだけでなく、ビジネスパーソンとしてのスキルの高さを示すことにも繋がります。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

コールセンタースーパーバイザーの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!