Get Ready

広告代理店(広告営業)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

広告代理店(広告営業)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

広告営業は、広告代理店に所属し、広告枠を持つメディアと商品・サービスなどの宣伝をしたい企業をつなぐ役割を担う営業職です。広告営業の仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にもわかりやすくまとめました。

広告代理店(広告営業)の仕事内容

広告代理店とは、クライアント企業の広告活動を代理で行う、つまり新聞、テレビ、ラジオ、雑誌やWebメディアなどさまざまな媒体への広告出稿をサポートすることで手数料を取るビジネスモデルです。広告代理店と広告制作業を総称して、広告業界とも呼ばれます。また、広告代理店にも種類があり、専門広告代理店、総合広告代理店、ハウスエージェンシーなどがあります。
広告代理店(広告営業)の仕事内容
広告営業はアカウントプランナーとも呼ばれ、クライアントの情報管理や広告企画・提案、実施のスケジュール・予算管理などの役割を担います。主にクライアントの担当窓口として、企業の広告・宣伝部門や広報などと密にコミュニケーションをとり、競合無しで受注したり、コンペ案件の情報を収集したりします。コンペ案件では企業側がオリエンテーションを行いますので、広告営業がその内容を社内へ共有し、プロデューサーとして企画をまとめます。受注後は、制作に関する各種調整、広告制作物の確認など進行管理の役割を果たすこともあります。広告制作のフローに関しては、企業にもよりますが、大手の広告代理店になるほど企画立案自体はマーケティングやクリエイティブといった部署が担当することが多いでしょう。
アカウントプランナーについての仕事内容
広告営業は華やかな業界イメージもあり、就活生からの人気も非常に高いです。内定獲得のためにインターンシップに積極的に参加したり、学生のうちからアルバイト勤務して知識を身に付け、新卒での就職を目指す学生も非常に多いです。中でも電通・博報堂・ADKといった、常に人気企業ランキング上位に入る大手広告代理店の広告営業は、年収(給与)も高く広告業界の花形職と言われています。

仕事のやりがい

・スケールの大きな仕事に携われる可能性がある
・多様な業界、業種の人と関わる
・常にトレンドの最先端に触れられる

大企業がクライアントの場合、大規模な広告予算をかけてテレビCMなどのマス広告、イベント開催、店頭でのプロモーションなど一連の大型プロモーション企画を手掛けるチャンスがあるかもしれません。また、行政や文化・スポーツなどのビッグイベントへ関わる機会も考えられます。そうした大型案件へ関わることや、世の中へ影響力を発揮していると実感することにやりがいを感じる人も多いでしょう。大手広告代理店に所属すると、そうした仕事へと結びつく可能性が高まります。

広告営業は、クライアントや各業界の有識者、媒体関係者や制作会社など多くの業界や業種の人と関わります。またそうした機会から、常にさまざまな業界の最新トレンドといった情報に触れることができるので、その環境に身をおけることに喜びを感じる人もいます。

仕事の厳しさ

・シビアに広告成果を求められる
・高い調整力が必要になる
・働き方がハードになりやすい

広告代理店は広告効果を数値化してレポートすることが求められるため、テレビCMなど多額の費用がかかる広告や大型の案件では特に、シビアに評価されてその後の受注(売上)に直結します。また、最近では炎上しない広告表現であることが欠かせません。世の中へ大きく影響を与えるからこその仕事の厳しさがあります。

広告制作の目的は、売上や認知度、ブランドイメージなどを向上させることで一致しますが、その方向性については顧客企業内で開発側や営業側などとの整理が必要なこともあります。そうした場面に関わることも可能性としてあります。また受注前、受注後も社内外の多くの関係者との調整役を担うのも広告営業です。数多くの調整ができなければ務まらない職種です。

広告スケジュールにあわせて仕事を進めていくため、納期前など多忙になることもあります。また既に紹介している通り、広告営業は広告にまつわる幅広い業務を担当しているうえに多くの関係者がいるため、仕事外でのお付き合いも増えていきます。ルーティンではない仕事が多く、働き方がハードになりやすいため、そのような環境に耐えられる心身のタフさがないと厳しさを感じてしまうでしょう。

仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・コミュニケーションスキル
・法人営業の経験
・さまざまな業界や広告・メディアに関する知識

【資格】
・Webリテラシー試験
・Google Analytics Individual Qualification(GAIQ)

広告代理店で活かせる経験・スキル・資格

営業職全般でコミュニケーション能力は重要です。中でも広告営業の対象は企業なので、法人営業の経験、特に大手企業に対して営業活動を行ったことは即戦力として業務に活かせるでしょう。広告営業としてさまざまな業界を担当することになるので、前職の業界についての知識がそのまま強みになる場合もあります。また、コピーライティングやデザインなど、広告関連の職種経験も営業活動に役立つでしょう。

広告営業に必須の資格はありませんが、Webの知識は業務上必須になります。特にWeb専門の専門広告代理店の場合、リスティング広告の知識からSEO、ホームページ制作のノウハウなどがベース知識として求められます。Webマーケティングのスキルを証明する資格や分析能力を証明する試験は多数あるので、初級者向けの資格を勉強しておくと良いでしょう。

向いている人

広告営業はクライアントのスケジュールに合わせて訪問し、制作会社など各関係者へもこまめにコンタクトを取るので、フットワークの軽い人に向いています。
企業によっては新規開拓のためのテレアポ・訪問などを行う場合もあります。行動力のある人材は評価されやすいでしょう。

広告営業にはコミュニケーションスキルが必要不可欠です。クライアントから近況情報や要望を探り、提案(プレゼン)、契約後の打ち合わせやプロジェクトチームメンバーとの調整など、多くのコミュニケーションの場面があります。それらに苦痛を感じず、滞りなく進められる人には広告営業の適性があります。

最近ではデジタル広告の増加やSNSの浸透など、常に時代の流れと共に変化しているのが広告業界と言えます。広告営業は日頃から新しい情報をキャッチし、適応しながら成長し続けられる人に向いています。トレンドへの強い関心がある人も適性があると言えるでしょう。

キャリアパス

広告営業は未経験からチャレンジしやすい職種です。20代であればポテンシャル次第で採用されるケースもあるので、意欲や体力などもアピールしましょう。

キャリアを積み、社内で役職を上げてキャリアアップしていく他に、より待遇の良い職場を求めて転職する人、あるいは経験と人脈を積んで広告代理店として独立開業する人もいます。

それ以外にも、広告営業としての経験を活かして、Webディレクター、コピーライター、デザイナーなど制作側の職種に就いたり、代理店での経験を活かして事業会社の広告宣伝部門に転職したり、とキャリアパスは豊富です。

広告代理店の最近の動向

これまでのマス広告等への出稿が減少傾向にあり、代わりにインターネット広告が拡大しているため、広告代理店でも「デジタルマーケティング」に関わる職種の採用件数が増加傾向にあります。Webに関する知識・知見が要件に含まれている求人が増え、その傾向は今後も続くと予想されます。未経験からの転職を目指す場合は、求人内容や企業情報を詳しく調べてどのような媒体を扱い、どのようなクライアント層を相手に仕事をしているか、求める人物像は何かを把握し、必要に応じて適切な準備をしておきましょう。

未経験から広告代理店を目指すには?

広告業界は拡大傾向にあり、既存の広告だけではなく動画やSNSなどを活用できる人材に対するニーズも高まり、若くて新しいマーケティング手法にも馴染んでいる人材を必要としています。20代であれば、未経験から広告営業を目指せる求人もあります。異業種・異職種からの転職なら、求める人物像にマッチすることや意欲を見せましょう。
何かしらの法人営業を経験している人は、Webに関する専門的な知識を学んでから挑戦するのがおすすめです。

この記事に興味がある人へのおすすめ

広告代理店(広告営業)
この記事が気に入ったらいいねしよう!