Get Ready

旅行業・ツアープランナーの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

旅行業・ツアープランナーの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

旅行業・ツアープランナーは、ツアーの企画、交通機関や宿泊先等の手配、さらには販売(カウンター営業や法人営業)、ツアーの添乗など幅広い業務を行う職種です。旅行業・ツアープランナーの仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にも分かりやすくまとめました。

旅行業・ツアープランナーの主な仕事内容

旅行業・ツアープランナーは、国内外のパッケージツアー(パック旅行)の企画を行う仕事です。パッケージツアーには旅行の目的、交通手段や宿泊先、日数、販売価格などさまざまな内容を盛り込みます。販売数を見込めるパッケージツアーを企画するため、具体的には観光地やイベントなどを設定し、ルートや滞在時間といった面の他、採算性も考慮してパッケージツアーの詳細を決め、宿泊施設や交通機関の手配を行います。

また、一般的にはツアープランニングの業務だけではなく、販売(電話対応などを含むカウンターセールスや法人営業)、ツアーの予約管理、パンフレット作成や広告宣伝に関連する業務(広告掲載の手配、説明会の開催など)、ツアーに同行する添乗員、精算業務など幅広い仕事を担当します。企業によって担当範囲は異なります。

旅行業・ツアープランナーの仕事のやりがい

・旅行プランを作り上げる楽しさ、施行の達成感
・旅行者の楽しさを見聞きでき、感謝される喜び
・旅行業の専門性の高い知識とスキルが身に付く

パッケージツアーを作るには、ニーズやトレンドなどの情報収集を行い、実際に現地で視察調査を行うなどの作業が不可欠です。旅行が好きな人や企画案を立てて詳細に内容を作り込む工程が楽しめる人には楽しく、やりがいのある仕事です。また、実際にツアーが施行されたときの達成感をやりがいにあげる方も多くいます。カウンターセールスや添乗なども行うと、旅行者の楽しさを見聞きでき、感謝されるといった喜びもあります。

企業によって違いはありますが、一般的に旅行業・ツアープランナーは、ツアーの企画・販売・宣伝から施行までの幅広い仕事を担当することが多いです。そのため、旅行業に関する専門性の高い知識やスキルが身に付きます。また、仕事で得た知識を活かしてプライベートで安く旅行を手配できる点、現地調査や研修旅行として旅行ができる点なども旅行業で働くメリットと感じる方も多いようです。

旅行業・ツアープランナーの仕事の厳しさ

・繁忙期は残業が増え、休みが取りづらい
・緊急の対応が多い
・パッケージツアーを企画し続ける厳しさ

特に店舗に勤務するツアープランナーは、大型連休など繁忙期に残業が多くなることや、土日に休めない、休みがとりづらいことがあります。激務になることに加え、閑散期にしかプライベートで旅行できないといった制限がある可能性も。また、旅行業へは給与水準が他の業界と比べて低めとも言われますので、転職の際の企業選びには待遇面などについてもきちんと情報収集することが必要です。

パッケージツアーをリリースする直前など、価格やルートの変更などが発生して一時的に作業量が多くなることがあります。締め切りに間に合わせるために、遅くまで作業することもあります。また、他にも悪天候で交通機関が動かない、その他のトラブルなど緊急対応が求められる場面も多くあります。そんな場合でも冷静に臨機応変に対応する必要があり、厳しさを感じることもあるでしょう。

旅行業・ツアープランナーは企画を行うため、情報収集し続けてアイディアを次々に出していかなくてはいけません。競争の激しいパッケージツアー分野で販売数を伸ばすことが求められるため、旅行や情報収集が好きな人でないと厳しさを感じるかもしれません。

旅行業・ツアープランナーの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・スケジュール管理スキル
・営業や接客経験、コミュニケーションスキル
・情報収集力や企画力

【資格】
・旅行業務取扱管理者
・旅程管理主任者

旅行業・ツアープランナーの仕事では、ツアーの内容として交通機関・宿泊先や観光地をツアー工程に沿うようにスケジューリングします。また、企画自体の締め切りに合わせて関係先との調整も行うなど、高いスケジュール管理スキルが求められます。

企画での関係者だけではなく、調査や実際の販売・添乗といった業務で直接顧客とのコミュニケーションを取ることも多く、丁寧で好感がもてるコミュニケーションができるといった顧客対応力も必要です。営業職や接客業務を経験しているとそうしたスキルがすぐに活かせるでしょう。

ツアーの企画には旅行に関わるあらゆる知識が求められますので、さまざまな手法でニーズやトレンド、穴場スポットなど情報収集が欠かせません。また、潜在的ニーズを掘り起こす、あるいは新しい旅の楽しみ方を提案するといった「企画力」も求められます。商品企画・営業企画などの職種を経験し、企画に関わるノウハウを保有している人は、転職後の業務に活かせるでしょう。

旅行業・ツアープランナーに必須の資格はありませんが、旅行の企画や手配に関わる知識を得られる「旅行業務取扱管理者」、添乗員として同行するために必要な「旅程管理主任者」などの資格は必要性が高いため、保有していると採用に有利になりえます。ただし、入社時に持っていなくても問題ないことがほとんどです。

旅行業・ツアープランナーに向いている人

旅行業・ツアープランナーに向いている人は、旅行に強い関心がある「旅行好き」であることが一番に挙げられます。既に述べたような仕事の厳しさがあるので、好きなだけでは務まらないものの、「旅行が好き」という気持ちがなければそもそも継続できないとも言われます。また、旅行者の気持ちや国内外の観光地の魅力などに理解があるので、パッケージツアーの企画や顧客対応に反映できることもメリットです。

人と関わることが好きで、サービス精神が旺盛、ホスピタリティのある人間的な魅力などを備えている人も旅行業で働くこと、ツアープランアーとして働くことに向いています。お客さまに喜んでもらえることがうれしいといった感性が、企画力やコミュニケーションに活きるためです。

観光地のトレンドやイベント情報、競合他社のパッケージツアーなどを調べるなど情報収集が苦ではない人が向いています。国内・海外の旅行知識だけではなく、法律関連などの幅広い知識も習得するので、学ぶことに抵抗がないことも仕事に活かせるでしょう。

旅行業・ツアープランナーのキャリアパス

旅行業・ツアープランナーは、旅行会社や旅行代理店に勤務しますが、いきなりツアープランナーになるというよりは、添乗やカウンターセールスなどで経験を積んだ後にツアープランナーになるケースが多いです。旅行業界自体は20代なら間口の広い求人が多いため、未経験からチャレンジできます。そうして旅行業での業務経験を積んで知識を増やしてから、ツアープランナーを狙うのが現実的でしょう。
旅行業・ツアープランナーとして働くと、社内でマネジメント側へキャリアアップ、あるいは同業他社への転職といった道に進むことが一般的です。または自身で旅行会社を立ち上げるなど、独立開業する人もいます。

旅行業・ツアープランナーの最近の動向

景気の回復や働き方改革で休みを取りやすい環境を会社がつくるなど、レジャーの需要が拡大し、国内海外共に旅行者数は増加しています。しかし、不特定多数の人と旅行するパッケージツアーについては、「面倒くさい」という人も増えてきているため、魅力あるパッケージツアーが企画できる旅行業・ツアープランナーが求められています。特に日帰り旅行の増加などの要因から、客数は増加しているものの売上は減少傾向にあるため、今後も順調に市場が拡大していくかどうかは不透明です。さらにパッケージツアーの競争が激化するなど、ツアープランナーへ高い「企画力」を求める傾向はさらに続きそうです。

未経験から旅行業・ツアープランナーを目指すには?

旅行業で働く場合、旅行に関する専門知識は転職後に知識を身に付けていく人が多く、業界でも若い世代の活躍が多い傾向があるため、20代であれば旅行業界未経験からでもチャレンジしやすいです。しかし、専門学校で学んだ、既に添乗員としての業務経験があるといったバックグラウンドがなければ、いきなりツアープランナーで転職することは難しいでしょう。まずは知識と経験を積むために、旅行業で働いてみることを目指しましょう。ただし、ハードな労働環境や業界の古い慣わしなど特殊な面もある業界なので、企業研究をしっかり行って企業を選びましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

旅行業・ツアープランナーの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?
この記事が気に入ったらいいねしよう!