Get Ready

個人営業の仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説

個人営業の仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
個人営業とはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

個人営業の主な仕事内容

個人営業は、法人ではなく個人を相手にモノやサービスを売る仕事です。保険や不動産、ウォーターサーバー、オール電化等、様々な商材があります。具体的な業務内容は、テレアポや訪問で顧客の声をヒアリングし、顧客に応じた提案をして成約を目指していきます。成約率を上げるために資料作成を自ら行う人もいます。

個人営業には新規開拓営業と既存営業の2種類がありますが、どちらも顧客との信頼関係を築くことが不可欠であり、人間力が求められます。商材の商品力が物を言う部分が大きい法人営業と比べ、個人営業では営業マンとしての能力が試される部分が大きく、営業スキルを身につけやすい仕事と言えます。顧客から直接「あなただから買います」と言われることに誇りを感じている営業マンは多いです。

個人営業の仕事のやりがいとは?

・顧客から直接感謝されて得られる達成感
・一生ものの戦略力が磨かれる
・実績次第で高収入を得られることも

アウトバウンド(自宅や会社に足を運ぶ)営業が基本となる個人営業は、顧客との信頼関係
を築けるかが成功のカギになります。労を惜しまず客先に足を運び、コツコツと積み重ねた努力が報われ、顧客からの信頼を勝ち得た際には、大きな達成感を味わうことができるでしょう。けれどもそうなるまでには話すら聞いてもらえないことも多く、実際に提案できるところまで至るには戦略が必要。そうした苦労を重ねて磨いた戦略力は一生の武器になるはずです。また、勝ち取った売り上げ(契約数)によりインセンティブ(報酬)が得られる会社もあり、収入面にも期待ができます。

個人営業の仕事の厳しさ

・数字を追わなければいけない
・テレアポや飛び込み営業がある
・顧客のスケジュールに合わせることが多い

個人営業はテレアポに加え、飛び込み営業をする場合もあります。自ら足を運んでも応対してもらえるとは限らず、頑張ってもなかなか成果が出ない人もいます。そして、そういった苦しい時期にも数字(売上)の達成を目指さなければならない厳しさがあります。また個人営業は、良いプレゼンをすることよりも、顧客に気に入られる力が成果に結びつきやすく、提案に関する頑張りが成果に繋がらないジレンマを抱えることもあります。加えて、顧客のスケジュールに合わせて動く分、日程調整が必要な場面も多くあります。厳しさのある仕事ではありますが、それらを乗り越えれば「あなただから買う」と顧客に認めてもらう成功体験を得られるでしょう。

個人営業の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・接客・販売の経験
・コミュニケーション力
・礼儀正しさ、マナー

【資格】
・必ず必要な資格はありません
・ファイナンシャルプランナーは実務に活かせます

個人営業は、売りたい商品に対して関心のない人に対して営業活動をする場合が多く、信頼されるための駆け引きを戦略的に行うスキルが求められるので、顧客折衝経験のある人はその経験を活かせます。また、個人営業には早期に顧客の信頼を獲得するコミュニケーション能力に加え、礼儀正しさやマナー、清潔感のある見た目といった人の印象を良くする外見的な要素も必要です。そういった面は接客・販売の経験のある人には自然と身につきやすいので、それらの職務経験がある人は積極的にアピールしましょう。

個人営業に向いている人

個人営業は顧客との信頼関係を築くことが成果を上げる秘訣になります。そのため人に対するきめ細やかな気配りが上手で、連絡等をマメにできる人が向いています。個人営業として成果を上げる人の多くは、顧客に対して気の利いた言葉を添え、顧客からの要望に対して迅速な対応をしています。そうしていくうちに顧客満足度が上がり、結果が後からついてきます。その上で、人から好かれる、初対面で好印象を持たれやすいといった強みのある人はさらに成果を上げやすいタイプと言えるでしょう。

個人営業のキャリアパス

会社員として係長、課長、部長とマネジメント路線でキャリアアップしていく道と、営業のスペシャリストとしてコミッションセールス(歩合制の報酬体系)で収入を上げていく道の二手に分かれます。また、個人営業として働きながら着実に人脈を築いて独立(起業)する人や、より商品価格が高くより多くのインセンティブを見込める個人営業にシフトする人、論理性の高い提案が求められる法人営業にキャリアチェンジしていく人もいます。営業技術や経験はビジネスマンとしてのスキルに直結しやすいので、そういう意味では、個人営業はキャリアパスの選択肢を広げやすい職業と言えるでしょう。また起業家の多くは営業系と技術系に分かれるため、営業経験を積んで将来的には起業を視野に入れたいと思っている人にも適しています。

個人営業の最近の動向

平均年収の高い金融業界や不動産・建設業界への転職を考えている人が増加傾向にあります。また、メディカル系営業や海外営業、IT営業に関わる営業職に就いている20~30代の平均所得が高く、個人営業として培った営業スキルをもって法人営業にキャリアチェンジしていく人も増えています。個人営業にはビジネスマンとしてのスキルを活かして成果を上げていく性質があるため、より高収入につながる道に進んで勝負したいと考える人が多いのでしょう。また、その背景には全年齢で約400万円程度の営業職の全体的な平均年収の低さがあります。営業職は成果が数字として見えるので、努力に見合った報酬を得たいと考えるのは自然な流れです。

個人営業を目指すには?

顧客との信頼関係の構築が必要ですが、数字を第一に考える営業マンとしての心構えも個人営業には必要です。特に販売職等の営業経験がある人は「良いサービスをしたい」、「喜んでもらいたい」といった感情的なモチベーションを持つより、営業として成果を上げるためにどうすべきかを考えましょう。具体的には、どんな商材を扱うか、どんな業界を選ぶかが最も重要です。営業マンには、商材に関する専門的な知識が求められます。数字を取りやすい商材・業界を選びましょう。販売経験のない人は、まず人に興味を持つことが大切です。そうした意識が人に対する気配りやマメな人間性につながっていきます。個人営業を未経験採用している企業は多いため間口が広く、個人営業は実績や経験に乏しい人にもチャンスがある職種といえます。自身が興味を持てる、商品価値の高い商材を取り扱っている会社を選びましょう。また営業職に共通している「成長意識」を持つことも大切です。3年後、5年後、10年後の自分がどういうキャリアパスを経てどうなっていたいのかをイメージしておきましょう。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!