Get Ready

IT営業の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

IT営業の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

IT営業は、営業力に加えITに関する専門的な知識・経験が求められる、やりがいの大きな職種です。IT営業の仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にもわかりやすくまとめました。

IT営業の主な仕事内容

IT営業は、情報システム開発やソフトウェアの導入、Webを活用したマーケティング、Webサイトやコンテンツ制作など、ITビジネスに関連する営業活動を行う職種です。営業活動のスキルだけでなく、取り扱う商品やサービスに関する専門的な知識が求められるので、営業職の中ではやや専門性の高い職種といえます。

具体的な業務内容は企業によって異なりますが、基本的にはIT関連の製品やサービスを販売・提供する業務を担当します。顧客とのコミュニケーションを一任されるケースが多く、またプログラマーやシステムエンジニア、デザイナーなど社内外の技術関係者とのコンタクトを取る場合もあります。そのためコミュニケーションや案件の管理に関する業務が多くなりやすいです。

IT営業は顧客折衝から販売・契約後のアフターフォローまで担当する場合が多いため、資料作成能力やプレゼン能力に加え、誠実さや親切さといった人間性も求められる職種です。人間性が顧客満足度に影響することも多いので、顧客との信頼を築ける人材を必要としている企業が多いようです。これまでに得た知識や経験をもとに、適切に営業力をアピールしましょう。

IT営業の仕事のやりがい

・高度な営業力が身につく
・IT技術などの知識を活かせる
・顧客の課題を解決する達成感

IT営業は、情報システムなどに関する知識を活用して営業活動を行うため、基本的な営業スキルに加え、専門的な技術知識も求められます。つまり営業活動を行うことを通して幅広いIT関連の知識や取り扱う商品・サービスに関する知識が身に付くとともに、ヒアリング力や提案力、交渉力といった営業のスキルがアップします。

システムエンジニアやプログラマーなどの技術職を経てIT営業に転職する人は、それまでに学び、習得した知識やスキルを業務に活かしやすいでしょう。技術職から営業職にシフトし、過去に得た知識やスキルを業務に活かして専門的な営業活動が行えれば、大きなやりがいを感じられるかもしれません。また、IT関連職を経験していない場合には、実務を通じて学び、知識が身についていくことにやりがいを感じられるでしょう。

IT営業には、IT技術を活用して企業のコスト削減や生産性やブランド力の向上などを実現し、企業が抱えている課題を解決できる魅力があります。数字として目に見える形で明らかにわかる場合も多く、大きな達成感を得られるでしょう。

IT営業の仕事の厳しさ

・簡単に契約を取れないことがある
・コミュニケーションの頻度が高い
・管理業務が多い

IT営業に限ったことではありませんが、一生懸命に営業活動を行っても、なかなか受注できないことがあるかもしれません。頑張っても報われない時期が長く続くと、自信をなくしたり、つらくなったりします。しかし、そういった状況に陥ったとしても努力し続けなければならないことは、IT営業の厳しさの一つといえるでしょう。

IT営業は、顧客だけでなくプログラマーやデザイナーなど社内の関係者ともコミュニケーションを取る必要があり、顧客の希望の伝達に加え、進捗状況の確認など適切に管理しなければなりません。細やかな、かつ正確なコミュニケーション能力と管理能力が求められるので、そういった業務に苦手意識のある人は厳しさを感じる可能性があります。

IT営業の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・ヒアリング力・提案力
・IT関連知識・スキル
・マネジメント能力

【資格】
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・セールススキル検定

法人を対象とする営業活動を行った経験があり、わかりやすく信頼を得られる話し方、顧客の課題を聞き出すヒアリング力、論理的な思考力、顧客に課題解決のステップがわかりやすく示せる資料作成スキルなど様々な営業スキルを保有していることを具体的に示せると大きなアピールになります。

また、ITに関する幅広い知識やスキルがあれば営業活動を行ううえで顧客に対して安心感を与えるような詳しい説明を行うことができて役立ちます。企業によっては特定の技術分野に精通している、といった方が重宝される場合も少なくありません。

IT営業に必須の資格はありませんが、知識やスキルを裏付ける資格を保有している場合には転職活動を行ううえでのアピールポイントになります。基本情報技術者などの情報システム関連の資格や、セールススキル検定などの営業力の指標になる資格などを保有している場合には、資格を応募書類に記載しましょう。

IT営業に向いている人

IT営業は、顧客や社内関係者とのコミュニケーションを取る機会が多く、人と関わることが好きな人に適性があります。また課題解決を通して、ダイレクトに顧客の感謝に触れることができる職種です。そのため人に対して苦手意識がなく、ポジティブに関われる人や顧客の喜びにやりがいを見出せる人がIT営業に向いているといえます。

IT営業として成長するためには、IT技術に関する幅広い知識を身につけていくことが必須です。そういう意味では、IT技術に興味・関心があり、より多くの知識を学ぶことに積極的な人に向いている職種だといえるでしょう。

営業といっても関係者の進捗状況などを管理する場面も多く、管理業務に適したスキルや人間性が求められます。プロジェクトマネジメントのスキルに加え、例えば売上管理などの事務作業などでは、正確性や期限を守るモラルが必要とされます。また、社内のアシスタントや事務の方へ作業を依頼する場合もよくあるため、営業を裏側でサポートしてくれる人の重要さを理解し、感謝できる人が向いています。

IT営業のキャリアパス

IT営業は、情報システム開発などの場合、プログラマーやシステムエンジニアなどの技術職の経験があって営業職への転職を希望する人も多い職種です。しかし、Webサイトやコンテンツ制作などいわゆるネットビジネス系のIT営業なら、未経験からでもチャレンジしやすい職種です。

IT営業のキャリアパスは、所属先でマネジメント職に就くなどのキャリアアップをしていくことが一般的ですが、さらに専門性が高く影響力の大きなITコンサルタント職に転職したり、ゆくゆくは独立したりすることを目指す人もいます。そういう意味では、積極的に努力し続ければ様々なキャリアを目指せる職種だといえるでしょう。

IT営業の最近の動向

IT分野は発展を続けており、最近ではAIやIoTなどの技術の導入、活用が進んでいます。そのため、IT技術を様々な立場の人にわかりやすく説明できるIT営業担当者を求める企業は増加傾向で、今後もそのニーズは高まっていくと予想されています。

また、そうしたIT技術の成長に伴ってIT営業も、商品やサービスの多様化、高度なIT技術の出現に対応できる専門性の高い知識やスキルが求められる状況にシフトしています。そういう意味では時代的な流れを読んで、自分自身をどのように成長させていくべきなのかについて考えながら、企業やキャリアを選ぶ必要があるといえるでしょう。

未経験からIT営業を目指すには?

IT営業に求められる知識やスキルは企業によって異なるので、企業側が公開している求人情報や企業情報などをチェックし、相性の良い企業選びを行う必要があります。
特に未経験からIT営業職を目指す場合には、Webサイトやコンテンツ制作、Web広告などの未経験歓迎の求人も少なくないIT営業を選ぶと、転職できる見込みが高くなるでしょう。

また、転職する前に関連する資格を取得しておくことで、企業側にやる気や能力をアピールできることもあります。技術職の業務経験が少ない場合、それをカバーできる要素の一つになるので、必要な場合には事前に学んでおきましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

IT営業
この記事が気に入ったらいいねしよう!