Technique

広告営業(広告代理店)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差をつけやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは広告営業(広告代理店)経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

広告営業(広告代理店)のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

転職後に活かせる「経験」を記載する

広告媒体は新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、タブロイド、看板、Web広告などさまざまな種類があります。Web広告だけ取っても、その中にはバナー広告、リスティング広告(検索エンジン)、SNS広告、動画広告、アフィリエイト広告などメニューは多数存在します。そのため、広告営業として現職(前職)では、「どんな広告を扱っていたか」、「どんな媒体に詳しいか」、「どんな業界の顧客を担当していたか」などをきちんと伝えることが重要です。
加えて、営業活動の成約実績や受注金額、広告運用によって得た実績が明確に分かる場合には、それらも自己PRに記載すると「うちでもこの業務を任せたらこんな成果を出してくれるのでは」と相手に期待させることができます。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

企業がどんなスキルを求めているかは、求人情報や採用サイトなどをチェックすれば分かるもの。まずは求人情報にしっかりと目を通し、企業がどのような人材を必要としているのかを把握したうえで、マッチする「知識」、「スキル」について自己PRに記載しましょう。広告という専門性のある商材を取り扱う営業担当者として活動するためには、それなりの専門知識が必要です。雑誌などの紙媒体であれば、紙の種類や印刷手法、入稿データの形式やDTPなど、Web媒体であればYahooやGoogleの広告メニュー、SEOの知識など、「どんな知識」が自分にはあるのかを整理し、企業が求めているものを提示することが重要です。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

広告営業には広告に関するさまざまな知識、顧客折衝や交渉、調整、ヒアリング、提案などの幅広い営業スキルが求められます。そのため、広告営業は経験を積んでいる人材に対するニーズが高くなりやすい職種です。「広告営業経験○○年」、「広告業界○○年」、「営業経験○○年」、「○○プロジェクトを○○年経験」というように「期間」について記載し、経験の豊富さが伝わる内容に仕上げましょう。

広告営業(広告代理店)の自己PR例文集

広告営業(広告代理店)の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は管理力の高さに自信があります。現職では最大で7社のお客さまを同時に担当させていただいておりました。入稿時期が重なった際も、デザイナーやコピーライターなどの社内関係者と連携し、管理上のミスなく業務を進行することができました。新卒入社時に進行管理部門で研修を受けた経験があり、スケジュール遅れやタスクの抜け漏れを起こさないノウハウを身に付けております。スケジュールを意識したお客さまフォローのスキルを活かし、貴社に貢献して参ります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告営業職が担当する業務は幅広いので、必然的に管理する物事の量は多くなりやすいと言えます。一人の営業担当者が複数のクライアント企業を掛け持つ場合も多いので、業務管理力の高さはアピールポイントの一つになるでしょう。顧客管理、社内管理、外注管理などの管理力の高さを自己PRでアピールしましょう。

私は広告代理店の営業職として3年間勤務してまいりました。広告プランをご提案させていただく際には、お客さまにヒアリングした情報だけでなく、競合他社や市況などを調べた上で、最も効果が見込めるプランを作成して参りました。その結果、新規成約数とリピート率で社内トップの実績を残すことができました。特に、リピート提案からのニーズ拡大には自信があります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業職には、企業から受注を取るために、ヒアリング力や提案力、折衝力など幅広い営業スキルが求められます。提案力をアピールする場合は、「提案力があるからこのような結果を出せた」という数字的な成果とセットで見せることが重要です。

私の強みは粘り強さです。現職では、先輩方でも難攻不落だった大手企業にアプローチし、1年かけて開拓することができました。また、最初は広告効果が出せず打ち切られそうになったお客さまに対しても、細かなデータ分析から再提案をして継続していただくなど、諦めない姿勢で営業活動に取り組んでおります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

特にWeb広告などは、費用対効果に対して顧客からシビアに判断されるため、継続して取引するための営業力は不可欠です。「粘り強さ」という営業活動に対する姿勢をアピールする場合は、それによってどんな成果を挙げたか、セットで記載しましょう。

私は学生の頃から企業のブランディング広告が好きで、電車内の広告コピーをメモしたり、キャッチコピーの本を読んだりして、いつか広告制作マンになりたいと考えていました。現職では求人広告の代理店に営業職として、「求人広告」を販売することで広告に触れ続けて参りました。採用キャッチコピーも大変奥深く、面白かったのですが、より販売結果に直結する消費財の広告を扱いたいと考え、この度転職を志望しております。クリエイティブにこだわりが強い営業マンとして、制作とタッグを組んでお客さまの満足につなげたいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告業界はハードな働き方をする場合も多く、売上目標が課される営業職はストレスのかかりやすい職種だと言われています。それが離職率に繋がることもあるので、「広告が好き」という想いや、業界への愛着など、長く働き続けるための下地になる素質や人間性を評価する企業は少なくありません。愛が伝わるエピソードを添えてアピールしましょう。

私は現職の広告代理店に3年間勤務し、一貫してIT業界を担当して参りました。近年はスタートアップ企業がこぞってテレビCMを開始するなど、業界の変化を目の当たりにして参りました。ITリテラシーの高いお客さまに対して広告プランを提案する場合は、いかに根拠となる数字を示して効果を期待していただくかが重要です。これまでの知見を活かし、貴社でより幅広い広告プランを提案できる営業マンになりたいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

中途採用では即戦力を必要とする企業が多いため、業界や扱える商材について得意分野がある場合はそれがマッチする企業からのニーズが高いです。クライアントの情報を詳しく書くことはNGですが、強みとなる知識や、業界ならではの特性を把握していることなどをアピールすると良いでしょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

広告代理店(広告営業)の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!