Get Ready

インターネット広告営業の仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説

インターネット広告営業の仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
インターネット広告営業とはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

インターネット広告営業の主な仕事内容

インターネット広告営業とは、インターネット上に表示されるバナーや動画などの広告枠を販売する仕事です。主に法人・団体に対してインターネット広告の利用を提案します。広告の単価は数万円から数百万円と幅広く、中小企業を含む様々な顧客を管理し、きめ細やかな業務上のコミュニケーションを求められます。また同時に広告制作者との調整も行うため、仲立ちとして調整に関わる業務量が多くなります。主な所属先としては、電通等の広告代理店、博報堂DYグループの株式会社アイレップ等のWeb広告制作会社、オウンドメディア(自社メディア)を運営する会社などが挙げられます。

インターネット広告営業は、他の広告業の営業職に比べ、営業効果を定量的に計測できることが大きな特徴です。具体的な流入・流出経路や閲覧数を数値化(マーケティング・リサーチ)し、マーケティングデータを基に仮説を立てながら検証・実行します。そのためデータを読み取る力が非常に重要なスキルになります。業務の流れとしては、まず顧客が抱える問題点をヒアリングし、純広告(広告枠)・動画広告・DSP(バナー広告)・SNS広告・リスティング広告(検索エンジン)等のインターネット広告を顧客に提案します。そして広告の運用が始まった後には、効果を測定(フィードバック)し、それを基に改めて仮説、検証、実行を繰り返しながら費用対効果の最大化を目指していきます。

インターネット広告営業の仕事のやりがいとは?

・最新IT技術やトレンドが身近にある
・広告効果を数字で実感できる
・社会への影響力が大きい

革新的なアドテクノロジーの誕生により、インターネット広告の市場規模は急成長しています。それに伴い大手広告代理店を含む多くの広告会社がインターネット広告に参入し、社会的な影響力のある広告が続々と制作されています。そういった群雄割拠の市場環境の中で、人々の心を掴む創造性の高い広告制作に携わり、顧客に貢献しながら社会に影響を与えることに大きなやりがいを感じられます。

また、インターネット広告営業は広告効果をマーケティングデータにより実感できるため、顧客や会社から認められる大きな要因になります。業務量が多く、細やかな仕事が求められる分、広告制作に関わるプロセスのすべてを「自分の仕事」と強く認識できることにやりがいを感じる人も多いです。

インターネット広告営業の仕事の厳しさ

・広告技術やデザインの進化が早い
・業務量が多い
・専門知識のアップデートを常に求められる

技術革新やトレンドの変化といった流動性が高く、最新の専門性が常にアップデートされていく業界なので、時間を効率よく使って常時成長していく意識と行動が求められます。
また、コミュニケーションの多さによる時間的な制約や気苦労も多く、成果が出ない場合の心労もあるため、自身のマインドコントロールスキルの高さも必要です。そういったシビアさがビジネスマンとして大きく成長させ、やりがいも多い仕事ですが、インターネット広告営業は厳しさの多い職種とも言えます。インターネットや広告に対して情熱を持ち続けられる人にとっては天職となるでしょう。

インターネット広告営業の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・インターネット広告に関する幅広い知識
・法人または個人営業経験
・広告制作経験

【資格】
・営業士検定

インターネット広告営業は、顧客(広告主)と直接コミュニケーションを取ります。そのため、顧客が抱える問題点や予算に応じて最適な提案をするためのインターネット広告に関する幅広い知識が必要になります。また、営業職として最低限必要なビジネスマナーや経験も、顧客に信頼されるために必要なスキルとなります。広告制作経験は必須ではありませんが、経験者は広告制作者と調整を行うときに活かせるので有利でしょう。制作に携わった経験を活かすためにインターネット広告営業に転職する人も多いです。

インターネット広告営業に向いている人

パソコンやスマートフォンの利用頻度が高く、最新の広告トレンドに自然とアンテナを張れる人は、日頃の生活スタイルがインターネット広告営業の実務に活きてきます。買い物にもインターネットを使う、SNS利用の多さ等も同様です。また、インターネット広告営業は、成果が出ない場合にも諦めず、マーケティングデータと向き合いながら費用対効果の最大化を目指せる人に向いている仕事です。加えて、営業としてのスキルも必要になります。インターネットが好きで、信念や熱意を持って社会に影響を与えるような大きな仕事に携わりたいという人にとっては、やりがいを持って楽しんで働ける職種と言えるでしょう。

インターネット広告営業のキャリアパス

インターネット広告営業を経験することの最大のメリットは、インターネットや広告に関する最新知識を得られることです。また、インターネット広告の市場規模の拡大に伴って顧客の数も増加しているため、独立のチャンスも大いにあります。そのためインターネット広告制作会社を起業する人や、ITコンサルタントやマーケティングコンサルタントとして企業に所属またはフリーランスになるために、インターネット広告営業に転職する人も多いです。

インターネット広告営業の最近の動向

アドテクノロジーの開発・進歩に伴って市場規模が急速に拡大しています。このままのペースで拡大を続ければ数年内にテレビを抜いてインターネット広告が市場規模で1位になることに加え、AI技術やVR技術の進歩等もあり、今後はインターネット広告が広告業界をけん引していく公算が大きいです。動画とAI技術およびVR技術の融合はすでに始まっています。インターネット広告は今後さらに進化していく可能性が高く、広告としての役割を担う新たな広告形態や、新たなトレンドも次々と生まれていく可能性が高いでしょう。インターネット広告営業は、時代的なニーズの高まりによりさらなる発展を望める業種です。

インターネット広告営業を目指すには?

営業未経験者を募集している会社もあり、その場合には入社後に実務を通して営業について学んでいきます。一般的には一人で営業活動をさせてもらうまでに1、2年程を要し、それまでは営業補佐として他の営業マンの隣で行動する営業事務としての役割を担うことになる可能性が高くなります。また、インターネット広告営業は専門性が求められる点も多いため、営業または広告制作を経験した人が転職することの多い職種です。インターネットに対する関心や知識は必要不可欠なので、入社試験を受ける場合には知識と経験をアピールしましょう。加えて、SNSの活用実績や、マーケティングデータの分析実績等もアピールポイントになります。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

インターネット広告営業の仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
この記事が気に入ったらいいねしよう!