Get Ready

MRの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説

MRの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
MRとはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

MRの主な仕事内容

MRとは、Medical Representativeの略で、医薬情報担当者を意味する用語です。以前はプロパー(プロパガンティスト)と呼ばれていました。医師や薬剤師等の医療従事者に対して、自社または業務委託された企業の医薬品の有用性・安全性・副作用情報・効能や効果といった情報を提供する仕事です。MRは医薬品の営業職として活動し、自社の医薬品を取り扱う人と、複数のメーカーの医薬品の営業を代行して行う人(コントラクトMR)に分かれます。

医薬品には一般医薬品と医療医薬品があり、MRが取り扱うのは医師の処方が必要な医療医薬品になります。医師と細やかなコミュニケーションを取り、フィードバックを受け、自社の製品開発に活かすこともMRの重要な役割です。また、MR同士で情報を共有し合い、より精度が高く有用な情報を蓄積していくこともあります。加えて、そうして得た情報を基に病院内等で医薬品の講習会を開き、医療従事者の医薬品に関する総合的な理解を深めることもMRの仕事となります。MRは医療の面で社会に貢献できる仕事です。それに伴い、予期しない副作用等が出た際には厚生労働省への報告義務という重責も担います。

MRの仕事のやりがいとは?

・人の健康に関わる重要な仕事
・医療に関する専門的な知識が身につく
・社会の未来を創造する仕事

MRは、他業種の営業職とは異なり、価格交渉や商品代金の回収は行わず、一般的には医薬品に関する情報伝達のみを取り扱う営業職となります。継続的な情報共有をするため、新規開拓営業よりも既存の病院等を定期的に訪れるルート営業のような形式が多くなり、医療従事者等の高所得層に対する提案力やコミュニケーション能力に加え、医療に関わる専門的な知識も身に付きます。またMRは、外資系企業や日本の製薬会社、ジェネリック医薬品を取り扱う企業等の医薬品を発展させる役割を担っており、人の健康に関わる未来を創造していく重要な役割といえます。健康的で文化的な未来を創っていく実感を得られ、それは大きなやりがいになるでしょう。

MRの仕事の厳しさ

・最新の薬学知識を常に学ばなければいけない
・孤独な車移動
・営業手法が限られている

MRの仕事には、医薬品に関するもの以外にも幅広い知識が必要です。たとえば、営業活動では自社製品をプロモーションする際の行動基準となる医療品プロモーションコードや、業界のルールとして定められている公正競争規約に基づいて行動しなければならないため、それらに関する知識を得ている必要があります。また、それらには営業手法を限定させる側面もあり、営業としてのやりづらさを感じる人もいます。MRには、医薬品に関する知識はもちろん、そういった高いレベルの専門知識や営業スキル等を得なければならない厳しさがあります。また、MRの仕事は車移動が基本となるため、病院間の距離が遠いと移動時間の長さに厳しさを感じる人もいます。

MRの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・営業経験(to C)
・医薬品に関する知識・知見
・人脈構築能力

【資格】
・普通自動車運転免許
・MR認定試験(入社後に取得可)

MRの仕事は営業としての意味合いが強いため、営業経験(特にto C)を活かせます。医療関係者との直接的なコミュニケーションを取るので、ビジネスマナーや管理能力、情報伝達能力等、営業マンに必要なスキルを習得していると有利です。加えて、MRは医療従事者だけでなく、同業者との情報交換も密に行う必要があるため、人脈構築能力も必要になります。医薬品に関する知識・知見については、薬剤師資格を取得している人がMR全体のおよそ1割、およそ半数が文系出身者なので、必須ではありません。実務を通して学んでいけます。

資格については、一般的に車移動が基本となるので、普通自動車運転免許を取得しておく必要があります。MR認定試験については入社後に取得する人も多いですが早めにチェックしておきましょう。MR認定試験は国家検定や公的試験ではありませんが、専門性の高い業務を行う性質上、必須の資格の位置づけになりつつあります。

MRに向いている人

MRは、医薬品の有用性や安全性等を医療従事者等に説明する仕事です。なので、物事をわかりやすく論理的に順序立てて具体的に説明できる人はMRに向いています。また、営業経験があり、実力社会の中で成果を上げたい人にも合っています。MRの仕事には、個人の能力がそのまま成果に直結するシビアさがあります。自身の能力を頼りに業務を進めながら成果につなげていきたい人にとっては、自信を培いながらスキルアップしていける環境といえるでしょう。加えて、MRは医療の分野から社会に貢献していく仕事なので、社会貢献度の高い仕事をしたい人にも最適です。

MRのキャリアパス

MRは、営業所長や支店長等、営業部門内でキャリアアップしていくことが一般的です。他の職種に転換する場合には、営業実績を基にマーケティング系の職種や、メディカル営業等が主な候補となります。また、理系大学を卒業しており専門的な知識が豊富にある人には、臨床開発系の職種へと展開していく選択肢もあります。MRは業務の専門性が高いため、その知見を活かして様々なキャリアプランを立てられる仕事です。最終的にどのようなキャリアに達したいのかを明確にした上で、自身のキャリアパスについて考えましょう。

MRの最近の動向

MRに関連している企業の中には売り上げを伸ばしている会社もありますが、そこには後発品の医薬品のシェアを伸ばす国政の意向や外資系企業との関係性等が影響しており、業界としてはそれほど好ましい状況とはいえません。MR職に就いている人は減少傾向にあり、そこにはMR職の必要性の減退や、薬価改定による医薬品市場の減少が影響しています。とはいえ、コントラクトMRの必要性は世界的にも認められており、MRの職種自体が今後衰退していく可能性は高くないといえるでしょう。医療系営業としてのスキルを磨き、高い専門性を取り扱うことができれば、自身のキャリアアップに繋がる職種です。

MRを目指すには?

未経験の求人募集はそれほど多くないですが、可能性がないわけではありません。しかし、専門性が高い職種のMRとして成長する見込みがあることが採用条件になることが多いです。未経験からMR職を目指す場合には、フレッシュさ、医療系の専門知識やMR職にかける情熱等をアピールし、面接官にMRとしての将来性を見出してもらいましょう。しかし、営業経験がなくMR職に就くことは一般的に難しいとされています。営業職を経験していない人は、まずメディカル営業等のMRに関連する職種に就くといったキャリアを踏み、MRにキャリアチェンジするという方法でもMRを目指せます。MR職に活かせる職種で培った経験やスキルがある人は、積極的にアピールしましょう。個人営業や、医療機器の販売等のメディカル営業の経験やスキルはMRの仕事に直結します。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

MRの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
この記事が気に入ったらいいねしよう!