Technique

MR経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つです。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではMR経験者の自己PR例文と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

MRの自己PR例文を自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

MRは医師や薬剤師等の医療従事者に対して、自社または業務委託された企業の医薬品の有用性・安全性・副作用情報・効能といった情報を提供する仕事です。医薬品の営業職であるため、「実績」によって能力の高さを伝えられます。MRの「実績」とは、売上実績や担当地区、担当した医薬品の種類などです。応募先企業の求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「経験」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

MRの業務を通して培った、医療や医薬品などの医学的な知識、ヒアリングスキル、人間関係の構築力などのコミュニケーションスキル、スケジュール管理スキルなどはアピールポイントになる場合があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験年数」を記載する

MRには医療用医薬品や医療などの医学に関わる高度な専門知識が求められるため、業務経験が長く、知識やスキルのレベルの高さが伝われば評価される可能性があります。職種を経験した期間だけでなく、「△△県▲▲市を〇年間担当」、「□□科の(医療用医薬品名)を担当した経験〇年」などのように、担当地区、何の病気の医療用医薬品を担当したのかを「経験期間」とともに記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

MRの自己PR例文とアレンジのコツの自己PR例文集

MRの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

○○支店に▲年間勤務し、△△県□□市・■■市・◆◆市のエリアを担当し、×××件の病院に対して(医療用医薬品の種類・名称)に関する情報収集・情報共有を行っております。主な訪問先は内科で、有効性と安全性のバランスの取れた情報を根気強く提供し続けた結果、年間売上○○○万円を達成し、○年連続で売上目標を達成できました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

MRの業務実績をアピールする場合には、所属していた支店、年数、担当エリア、病院の件数、医療用医薬品の種類・販売名などの情報について数値を明確にして記載することが大切です。MRを含む営業系職種への転職を考えている場合は、何よりも営業実績をアピールすることが有効です。特にMRに転職する際には、担当した医療用医薬品についての情報を漏れなく書くようにしましょう。そうすることで、何の医療用医薬品に関する知識があるのかが明確に伝わります。

医師や薬剤師との良好な関係を築くためには、人間的に信頼されることが大切と考えております。先生方とのコミュニケーションにおいて気を付けているのは、自社製品の都合の良い情報のみを伝えるのではなく、デメリットになり得る情報についても正確に伝えることです。専門知識を持つ方を相手に営業するため、表面的な情報だけでなく、薬の特徴を徹底的に勉強することで、徐々に信頼関係を築くことができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

MRは医師や薬剤師と接しながら信頼関係を築けるコミュニケーションスキルや、人間的な魅力が必要です。MRを含む営業職には特に、関係構築力がアピールポイントになるので、関係を築くために工夫していたことやエピソードを含め、具体的に書きましょう。

MRは営業職の側面だけでなく、薬の効果や副作用などについての現場の声を拾える重要な役割を担っていると考えています。そのため、医療現場に携わっている医師や薬剤師に対してヒアリングすることはもちろん、同部署内のMRや他社のMRともコミュニケーションを取り、多くの情報を収集しております。この経験を通してさまざまな関係性の方から情報を引き出すヒアリング能力を身に付けることができました。今後も積極的に情報収集を行い、実績に繋げていきたいと考えています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

MRにとって、医療用医薬品を使用して得た効果や副作用に関する情報をヒアリングすることも重要な役割です。ヒアリング能力や、コミュニケーションを通した情報収集スキルはさまざまな職種に応用できるので、気を付けていたことなどとともに記載しましょう。

○○科の△△(病名)の医療用医薬品を取り扱い、医師や薬剤師に効果・効能、用法などを正しく伝えるために、説明会を必ず行っております。副作用の可能性もあるため、間違った情報を伝えることは許されないプレッシャーの中、正確な情報を伝える責任を常に意識しています。また、医療機関の重要な情報や患者さんに関する情報などの機密情報を守ってきた経験から、情報の扱い方についても高い倫理観を持ち合わせています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

MRは、人の健康に関わる重要な仕事であり責任感が求められます。また、医療機関の機密情報を知る可能性もあり、倫理観が高いことも必要でしょう。これらの素質は、MRはもちろん、他の機密情報を扱う職種などに応用でき、アピールできる可能性があります。応募先企業で活かせそうな場合には記載しましょう。

MR認定試験のために研修で基本的な知識は学んだものの、ドクターに相手にしてもらえないことが続いたことを悔しく感じ、自社製品だけでなく他社の医薬品に関しても勉強を重ねて参りました。あるとき、一人のドクターから医薬品に関する質問をされ、それに対してよどみなく答えられたことで、「若いのにちゃんと勉強している」と認めていただくことができました。それ以来、毎日勉強のための時間を確保し、情報収集を欠かさずに行うことを心掛けています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

MRには、常に学び続ける姿勢が必要です。日頃から学ぶことが習慣になっている場合は、他の職種にも活かせるためアピールポイントになります。アピールする際には、学ぶ姿勢によって得られた成果や具体的なエピソードなどを記載しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

MRの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!