Technique

インターネット広告営業(インターネット広告代理店)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではインターネット広告営業(インターネット広告代理店)経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

インターネット広告営業(インターネット広告代理店)経験者のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

営業の実力をアピールするなら「実績」を記載する

インターネット広告営業の仕事には、営業の経験に加え、Webや広告に関する知見も求められます。職務上の具体的な実績を示し、人材価値の高さをアピールしましょう。具体的には、営業成績、取り扱った広告の種類、担当した業務の幅などが挙げられます。取り扱う広告の特徴や営業スタイルなどは企業によって異なるので、応募する企業の情報を踏まえてアピールするポイントを選択しましょう。

特定のスキルをアピールするなら「広告知識」「IT知識」を記載する

アドテクノロジーを活用したものに加え、SNSや動画、AI技術、VR技術など、インターネット上にある広告は多様化しています。企業によってはそれらに関する幅広い知識やスキルが求められる可能性もあります。特定のスキルに特化している人材を必要としている企業もあるので、募集要項や企業情報などをチェックして、適切なスキルをアピールしましょう。「広告知識」、「ITに関する知識」はアピールポイントになりやすいので、自分自身の保有スキルを把握したうえで、適切な自己PRを作成しましょう。

経験の豊富さをアピールするなら「期間」を記載する

広告代理店の就職難易度は比較的高く、中途採用では職種経験者の方が有利と言えます。広告系の職種に就いていた経験や営業経験などを効果的にアピールするために、自己PRには「期間」について記載しましょう。例えば、「インターネット広告営業〇年」、「Webマーケティング〇年」、「法人営業〇年」などです。経験年数が短い場合には、代わりに保有スキルや将来性の高さ、人間性などをアピールしましょう。

インターネット広告営業(インターネット広告代理店)の自己PR例文集

インターネット広告営業の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はインターネット広告に関する幅広い知識に自信があります。現職では広告代理店で某化粧品メーカーを担当しており、Facebook広告、Twitter広告、youtube動画広告、インフィード広告の運用経験があります。近年は主に動画広告を取り扱っておりますが、入社後の2年間はSNS広告を中心に取り扱い、その時々のトレンドに合う最適な広告プランをご提案させていただきました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

インターネット広告営業は、純広告やDSP(バナー広告)に加え、SNS広告やリスティング広告(検索エンジン)、動画広告なども取り扱う可能性があります。トレンドが変化しやすく、効果の高い広告の特徴が時代の変化と共に移り変わりやすいので、近年に担当していた業務や取り扱っていた広告などを自己PRに盛り込むことが有効です。

私の強みは広告クリエイティブの提案力です。お客さまに最適な広告メニューを選択した上で、CV率の高い広告を制作するために、制作担当に丸投げするのではなく、自ら丁寧にヒアリングすることを念頭に置いて営業活動を行っております。特に女性ターゲットのデザインのトレンドには詳しいと自負しておりますので、お客さまの要望を広告制作に反映することができ、成約率は常に高い数字を維持しておりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

インターネット広告の営業には、クリエイティブに関する知見も求められます。実際の制作は営業がすることはあまりありませんが、デザインのトレンドやターゲットへの訴求に関して語れることが営業マンとして顧客の信頼を得るポイントにもなります。運用や制作にも精通していた場合は、ぜひアピールしましょう。

私は顧客折衝力に自信があります。経験上、低予算でインターネット広告を運用したいというお客さまが多いですが、集客目標をベースに適正な予算で広告制作を行えるように一歩踏み込んで交渉することを得意としております。既存のお客さまへの継続提案の際は、それまでの運用実績と改善点を必ず沿え、プラスアルファの広告プランをご提案することで売上げを伸ばして参りました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業活動を通して売上を立てていくためには、既存顧客に対する折衝力も求められます。売上のためだけでなく、上記の例文のように「広告効果を上げるため」、「顧客が求めている結果を実現するため」などの目的意識を自己PRに盛り込み、営業スタイルが企業側に伝わるようにしましょう。踏み込んだ交渉ができる営業マンを必要としている企業は多いので、評価されやすいポイントの一つになります。

私の長所は何事にも実直に取り組めるところです。現職ではWebマーケティング会社で営業職に従事して参りました。新卒入社してから約1年、OJTが中心で研修などはありませんでしたが、何か得意分野が必要と考え、リスティング広告について誰よりも詳しくなることを目標に業務外でもインターネットや書籍で勉強して参りました。どんな環境でも愚直に努力して、今後も成長していきたいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

20代の転職など業務経験が浅い場合は、知識やスキルといった能力的なものだけでなく、人間性についても感じ取れる自己PRに仕上げましょう。ここでは「真面目さ」を取り上げましたが、その他にも営業活動を行う上で大切な人間性には、「勤勉さ」、「協調性」、「自主性」、「達成意欲」などが挙げられます。
仕事への姿勢や人間性を自己PR欄でアピールする際には、将来性の高さや採用するメリットを企業側が想像できる内容に仕上げることが重要です。

私は提案力に自信があります。Web広告制作会社で5年間勤務し、検索エンジンやSNS、動画広告を中心に取り扱う中で、企業が抱えている課題を解決するために最適なプランの組み合わせ方を身に付けました。そのおかげで初訪問のタイミングから具体的な広告プランを提示することができ、受注までのリードタイムが短いことが自慢です。これまでに培った経験と分析力を活かして営業活動を行い、今後も磨きをかけて参ります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

インターネット広告の営業活動を行う際には、Webマーケティングに詳しい相手にいかに納得度の高い提案ができるかが重要です。豊富な経験をバックグラウンドにした提案力があることを自己PR欄で伝えましょう。受注金額や取引件数、訪問から受注のリードタイムなど、営業スキルの高さを示す具体的な数字を盛り込みましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

インターネット広告営業(インターネット広告代理店)の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!