Technique

IT営業の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、IT営業の仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

IT営業の仕事内容とは

IT営業は、情報システムに関わるサービスやソフトウェアなどの導入、Webマーケティング、Webサイト制作などITに関連する商品・サービスを扱う営業職です。顧客に対してヒアリングし、課題を抽出したうえで提案を行うソリューション営業が多いですが、商材によってはセールスよりの営業スタイルもあります。特にソリューション営業ではシステム導入の進捗管理を行ったり、クライアントに対するアフターフォローも担ったりすることがあります。

顧客との折衝だけではなく、マーケティング担当やシステムエンジニア、Webデザイナーなど技術職やクリエイディブ職とコミュニケーションを取るため、高いコミュニケーション力に加え、基本的なプログラミング言語やWebデザインの知識などが求められるといった面もあります。

IT営業に求められる適性

高いコミュニケーション力、ヒアリング力がある

営業活動を行う際には、一方的に商品・サービスを勧めるのではなく、顧客層にあわせたコミュニケーションを取り、情報を引き出していくヒアリング力も必要です。顧客が言語化できていない課題を見つけるために、丁寧にヒアリングできる人はIT営業職の適性があります。

論理的思考力がある

IT営業では企業が抱えている経営課題を解決するため、クライアント企業にヒアリングをした事実から課題を導き出したり、ソリューションを構築したりする論理的思考力が求められます。物事を論理的に組み立てて考えることが好きで、相手にわかりやすいように説明できる人に向いています。

技術や顧客の業界・業務の知識がある

IT営業には、IT関連の基本的な技術的な知識やスキルとクライアントが属する業界や事業・業務に関する専門的な知識に加え、マーケティングの知識が求められることもあります。業務経験で習得した技術やスキルを整理して、志望動機のなかで希望する企業の求人内容に沿うようにアピールしましょう。

IT営業の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

IT営業として働くためには、扱う商品・サービスに関する技術的な専門知識、クライアントの業界知識に加え、ヒアリング力やコミュニケーション力、論理的思考力、案件管理などの幅広い知識・スキルが必要です。まずは過去の職歴を振り返り、業務経験から得た保有知識・スキルやレベルを正確に採用担当者に伝えましょう。未経験から目指す場合には、取得した資格を示すなどの意欲やコミュニケーションが得意といった人間的な魅力などを実例と一緒にアピールすることが有効です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。
注意点としては「事実を書くこと」が挙げられます。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容としましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。まずは習得した知識や実務スキルなどをアピールした上で、「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるため目指すキャリアパスを示して「やる気」をアピールすることが大切です。

IT営業の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとし、内容を自分らしく書き変えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

IT営業経験者の志望動機サンプル

私は現職で法人向けクラウドストレージの営業職に3年間従事し、担当である飲食業界や出版業界の顧客に対し、業務効率化・コスト削減といった提案営業を行ってまいりました。丁寧に顧客の各関係者から業務内容をヒアリングすること、現場業務を担当しない決裁者にもわかりやすくプレゼンすること、を心掛けておりました。コンペの機会も数多くありましたが、最終的に「あなたが一番頼れる」と私を選んでいただけた経験から、信頼関係構築には自信があります。より高度なソリューション営業を行いたいと感じるようになり、転職を決意し、SAPパッケージ導入実績がトップクラスの貴社へと応募させて頂きました。今後はこれまでのクラウドの知識と営業経験で培ったスキルを活かし、即戦力として貴社に貢献してまいります。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・案件内容、経験について自身の得意分野を中心に記載し、保有スキルや知識が伝わる内容になっています。
・現職からのステップアップという企業側が納得できる転職理由が記載されており、企業の特徴をつかんだ志望理由を示し、矛盾がありません。
・転職後にどのように貢献できるかについて意欲的に記載されており、即戦力を求める企業にアピールできる言葉で締めています。

IT営業未経験者の志望動機サンプル

私は現在、教育関連商材のインバウンドセールスを担当しております。Webサイトからの問い合わせへのメール対応が主ですが、見込み客開拓としてセミナー企画運営のサポートも経験し、対面のコミュニケーション力やプレゼン力などのスキルを身につけました。以前より法人営業へとステップアップを考えていたところ、社内に貴社クラウドストレージサービスが導入されて業務の効率が著しく改善したことが強く印象に残りました。そこで今回、法人向けクラウドストレージサービスの営業を募集していると知り、応募させて頂きました。今はセキュリティ面での知識を得るため、秋の情報セキュリティマネジメント試験に向けて勉強中です。法人営業の経験はありませんが、貴社へ入社後はこれまでに培ったコミュニケーション力を活かし、顧客の課題解決を図るとともに広く貴社のサービスの魅力を伝えるべく努力してまいります。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・営業に関連する業務経験についてレベルがわかるように記載されており、異なる職種からの転職でも活かせるスキルを保有していることが読み取れます。
・企業のどこに魅力を感じているかを自分の体験で示し、採用担当者に伝わる内容に仕上がっています。
・転職後に活かせる知識を得るため、資格取得の勉強という努力をアピールしており、意欲が感じられます。

まとめ

IT営業の志望動機を作成するには、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。業務経験や保有スキルを具体的に盛り込み、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

この記事に興味がある人へのおすすめ

IT営業
この記事が気に入ったらいいねしよう!