Technique

旅行業・ツアープランナー経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つです。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは旅行業・ツアープランナーの自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

旅行業・ツアープランナーのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

旅行業・ツアープランナーは、パッケージツアーのプランニング、情報リサーチ、宿泊施設や交通機関の手配、ツアーへの同行などの幅広い業務を担当する職種なので、どのような業務を担当していたかを明らかにした上で「実績」を記載しましょう。ツアーの案内業務を担当していた場合は、件数やエリア、国内・国外のどちらを得意としているのかなどを記載できます。とはいえ営業の要素も強い職種なので、売上、販売件数など、数字で示すことのできる「実績」があると良いです。応募する企業の求人情報に目を通した上で、求められる能力にマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

旅行業・ツアープランナーの業務で培った知識・スキルは、応募先企業によってアピールポイントになる場合があります。スケジュール管理スキル、旅行業の商品・企画・業務などの知識、企画スキル、プレゼンスキル、情報収集スキルなどのスキルがある場合は、活かせそうなものをアピールしましょう。また、旅行業・ツアープランナーの業務に関連して、旅行の企画・手配に関わる知識・スキルに関わる『旅行業務取扱管理者』、添乗員として同行するために必要な『旅程管理主任者』、観光地の知識に関わる『旅行地理検定』などの資格を保有している場合は、知識・スキルの裏付けになります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件や企業のホームページなどでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」をアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験年数」を記載する

旅行業・ツアープランナーは、パッケージツアーの企画やツアーへの同行など、専門性の高い業務を担当するため、経験期間が長いこともアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「旅行業・ツアープランナー○年」、「企画職○年」などのように、「経験年数」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者に将来性を感じてもらえるような内容の自己PRに仕上げましょう。

旅行業・ツアープランナーの自己PR例文集

旅行業・ツアープランナーの実務経験や保有スキルなどは人によって違います。以下にいくつかの例文を載せているので自分に合った例文を参考にして、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分の強みがうまく伝わるような自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は旅行会社の企画職に5年間従事し、パッケージツアーの企画、国内外の現地調査、宿泊先や交通機関などの手配などを担当しております。旅行者のニーズやトレンドリサーチを行い、消費者目線で魅力ある企画立案を行い続けた結果、20XX年にはパッケージツアーの年間企画数〇件、トータル売上〇〇〇万円を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企画した商品が売れたということは、企画力やニーズを汲む力があることのアピールになります。さらに、定期的に企画を生み出し売上に貢献する姿勢を通して、目標へのコミット力を伝えることも可能です。これらのスキルはあらゆる職種に応用できますが、特に営業系の転職時には是非アピールしてください。その際には、数値を明らかにして、業務を通じて残した実績・成果を伝えましょう。

私は、国内外問わず観光スポットに対して強い関心があります。業務外でも競合のツアーパッケージや旅行関連の書籍・Webメディアなどで情報収集を行っており、学んだ知識を活かしてツアープランの作成や他社との差別化を行っています。また、セールスを行う際にも、個人・法人のニーズを掴めるように積極的にヒアリングを行っております。これらの情報収集をもとに企画した、沖縄のツアープランはお客さまにも大変ご好評いただき、完売させることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

旅行業・ツアープランナーには、消費者のニーズやトレンドなどの情報収集スキルが必要です。そのため、競合他社や、書籍・Webなどの媒体からリサーチを行い、情報収集を行う姿勢のある人は評価される場合があります。また、常に新しい情報を収集し、活用しようとする姿勢をアピールすることはビジネスパーソンとしての成長意識や将来性を伝える効果も期待できます。顧客満足や販売数などを高めるために、どのようにして情報収集を行っているのかを明らかにして採用担当者に伝えましょう。

私は毎年欠かさず夏季・年末年始休暇を利用して海外旅行をし、週末には、残業が続いた翌日でも早朝から国内各地を訪れるほどの旅行好きです。そのため、旅行者の気持ちがよく理解できていると自負しております。現職では、ニーズの高い観光地にスポットを当て、販売数を確保しつつ、王道の観光地以外にもその地域の魅力が伝わる内容を組み込んでパッケージツアーを企画することで、他社にはない楽しさや喜びを感じられる企画を立案しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

旅行業・ツアープランナーは、業務範囲が広く、残業の多い働き方になる場合があります。また、パッケージツアーの販売数やカウンターセールスでの売上など、精神的なプレッシャーを感じる場面もあるでしょう。そのため、業務に厳しさを感じる状況でも、仕事を楽しめる素養はアピールポイントになることがあります。同じ旅行業界で転職を目指している場合は、自己PRの1つとして記載してもよいでしょう。

私は旅行代理店のカウンターセールスに3年間従事いたしました。提供しているパッケージツアーを網羅的に把握しておくことはもちろん、顧客の要望を丁寧にヒアリングし、それに合致するプランを提案しております。また、笑顔や誠実な対応を徹底した結果、売上で全店1,300名中7位になり、年間表彰を受賞いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

カウンターセールスの業務を行う場合には、ヒアリング力、プレゼンスキル、折衝力などの営業に関わるコミュニケーションスキルが必要です。これらのスキルはあらゆる営業系の職種に通じるため、応募する職種を考慮した上でアピールすると良いでしょう。業務で意識していること、努力していることなどを具体的に書き、表彰された実績などがある場合にはそれについても記載しましょう。

ツアープランナーの業務に関連する知識・スキルを身に付ける目的で、『旅行業務取扱管理者』の資格を取得いたしました。また、TOEIC800点を取っており、前職ではフランスで添乗員をしておりましたので、英語と基本的なものであればフランス語での会話にも対応できます。語学力を活かして、海外の現地調査や海外サイトからの情報収集も行っており、企画や手配業務の分野でも活躍できると自負しています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

旅行業・ツアープランナーは、添乗員として同行する業務を行う際の『旅程管理主任者』をはじめ、資格取得が必要な場合があります。他にも、『旅行業務取扱管理者』など、業務に関連して資格を保有している場合には、知識・スキルの裏付けになります。また、語学力も応募する業界・業種によってはアピールポイントになります。求人情報を確認し、浮かせそうな場合は記載することを検討しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

旅行業・ツアープランナーの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!