Technique

旅行業・ツアープランナーの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、旅行業・ツアープランナーの仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

旅行業・ツアープランナーの仕事内容とは

旅行業・ツアープランナーは、国内外のパッケージツアー(パック旅行)の企画を行います。他にも販売(電話対応などを含むカウンターセールスや法人営業)、ツアーの予約管理、パンフレット作成や広告宣伝に関連する業務(広告掲載の手配、説明会の開催など)、ツアーに同行する添乗員、精算業務など幅広い仕事を担当することが一般的です。企業によってはパッケージツアーの企画のみを担当する場合もあります。

パッケージツアーを作るには旅行の目的、交通手段や宿泊先、日数、販売価格などさまざまな内容を考慮する必要があります。販売数を見込めるパッケージツアーを企画するため、人気の観光地やイベントなどを設定し、ルートや滞在時間といった利用者のメリットを考えるだけでなく、採算性も考慮してパッケージツアーの詳細を決めて宿泊施設や交通機関の手配を行います。

旅行業・ツアープランナーに求められる適性

旅行に強い関心がある「旅行好き」

ツアーの企画や販売を行うためには、消費者ニーズを理解することが大切です。そのため、旅行好きな人なら、旅行者の気持ちや国内外の観光地の魅力などに理解があるのでパッケージツアーの企画や顧客対応に反映できます。また、繁忙期の忙しさや、緊急のトラブル対応に追われるといった厳しい場面でも「好きを仕事にしている」とモチベーションを維持していけるでしょう。

進捗管理スキルと情報収集力がある

旅行業・ツアープランナーの仕事では、交通機関・宿泊先や観光地をツアー行程にあわせてスケジューリングします。また、企画自体の締め切りにあわせて多くの関係先との調整も行うなど、高い進捗(スケジュール)管理スキルが求められます。
また、観光地や消費者のトレンドやニーズをキャッチするには、最新の情報をリサーチし続ける必要があるため、さまざまな手法・ルートで情報収集できるスキルが役に立ちます。

高いコミュニケーション力がある

旅行業・ツアープランナーは、交通・宿泊機関、観光施設から広告・印刷会社など多方面の関係者との調整が必要です。また、カウンター営業や法人営業、添乗員として同行する際の顧客対応なども行いますので、高いコミュニケーションスキルが必要です。人と関わることが好きで、サービス精神が旺盛、ホスピタリティのある人間的な魅力などを備えている人も適性があるといえるでしょう。

旅行業・ツアープランナーの志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

旅行業・ツアープランナーの業務では、スケジュール管理スキル、コミュニケーションスキル、情報収集力、企画力が必要になります。また、旅行業界や旅行に関連する専門知識も求められます。まずは過去の職歴を振り返り、業務経験から得た保有知識・スキルやレベルを正確に採用担当者に伝えましょう。未経験から目指す場合には、コミュニケーションが得意、企画力があることなどをエピソードと一緒に示したり、資格のために勉強中であるといった意欲をアピールしたりすることが有効です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しく理解してから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。
注意点としては「事実を書くこと」が挙げられます。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容としましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。まずは習得した知識や実務スキルなどをアピールした上で、「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるため目指すキャリアパスを示すことも大切です。

旅行業・ツアープランナーの志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き変えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

旅行業・ツアープランナー経験者の志望動機サンプル

私は現在の旅行会社(第2種旅行業)で、カウンターセールスに3年間従事し、それから3年以上ツアープランナーとして勤務しています。主に関東・東北エリアのパッケージツアーの企画を担当しています。自身のステップアップのため、海外パッケージツアーに取り組みたく、貴社への転職を希望しております。貴社の、海外パッケージツアーを主力とし、24か国に支店があり海外赴任のチャンスもある点に強く魅力を感じております。TOEICスコアは810点です。また、ツアープランだけではなく、添乗も行っていましたのでコミュニケーションや緊急時の対応にも自信があります。入社後は海外旅行の知識習得に努め、即戦力として貴社に貢献してまいります。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業務経験や資格で、保有知識とスキルが伝わる内容が記載されています。
・企業側が納得できる、また前向きな転職理由が記載されています。
・転職後に即戦力となれることを示し、さらにこの職種でステップアップしたいという意欲が伝わる内容になっています。

旅行業・ツアープランナー未経験者の志望動機サンプル

私は現在、携帯電話販売店のカウンター営業としてサービス・商品への問い合わせ対応から提案・販売までを担当しています。私は月に2回は旅行をするほどの旅行好きですが、旅行のプランを練り上げていくプロセスに一番ワクワクを感じます。そのためツアープランナーを目指したいとの目標を持つに至り、業界初の〇〇〇ツアーを手掛けヒットさせるなど貴社の企画力の高さに強く魅力を感じ、入社を希望しています。店舗での接客マナー・スキルを活かして、貴社のカウンターセールスとして実績を挙げる中で、専門の知識を習得して参りたいと思います。将来は業界初、と話題になるような新しい体験を盛り込んだツアープランを企画できるようになりたいと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・カウンターセールスの業務を経験したことについて記載されており、異なる業界からの転職でも応用できる知識やスキルを保有していることが読み取れます。
・転職理由と企業を選んだ理由に納得でき、それぞれに関連性が認められる内容に仕上がっています。
・意欲とキャリアパスを含むヴィジョンが明確にあり、将来性を感じられます。

まとめ

旅行業・ツアープランナーの志望動機を作成する際は、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。業務経験や保有スキルを具体的に記載した上で、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

この記事に興味がある人へのおすすめ

旅行業・ツアープランナー
この記事が気に入ったらいいねしよう!