Technique

不動産営業経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つです。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは不動産営業の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

不動産営業のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

不動産営業の業務は、賃貸・分譲などの住居、テナント、土地活用など、取り扱う不動産の種類や営業スタイルなどによって異なるため、具体的な「実績」を記載してアピールしましょう。求人情報に目を通した上で、求められる能力にマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。不動産営業の「実績」とは、売上、売上達成率、契約件数などです。それらを明確にすることで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えることができます。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

不動産営業の業務を通して培った、不動産に関する知識、ヒアリング力やプレゼンスキル、論理的思考力などはアピールポイントになる場合があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件や企業のホームページなどでチェックし、求められている能力にマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。また、「宅地建物取引士」や「ファイナンシャルプランナー」などの資格を保有している場合は、知識・スキルの裏付けになります。企業目線で評価できるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験年数」を記載する

不動産営業は、不動産に関する知識や営業力など、業務を通して身に付くスキルが多い職種であるため、経験期間が長いことはアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「住宅営業○年」、「投資用不動産営業○年」、「賃貸仲介営業○年」などのように、「経験年数」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者に将来性を感じてもらえるような内容の自己PRに仕上げましょう。

不動産営業の自己PR例文集

不動産営業の実務経験や保有スキルなどは人によって違います。以下にいくつかの例文を載せているので自分に合った例文を参考にして、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分の強みがうまく伝わるような自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は賃貸アパート・マンション、駐車場などを取り扱うカウンターセールスに3年間従事し、電話・メールの問い合わせや来客対応を主に担当しております。業務では、お客さまの要望の優先順位を明確にし、納得して契約していただけるように徹底しております。20XX年には契約数○○件を達成し、顧客満足度で社員382名中3位になり社内表彰を受賞いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

不動産営業は、売上や達成率、契約件数などが業務成績の指標になります。商品や営業スタイルなどを明らかにした上で、実績について数字を含めて記載することで能力の高さを示すことができます。また、社内表彰などの受賞歴などがある場合は、それも記載しましょう。

私は、お客さまが所有している土地を有効にご活用いただけるよう、賃貸アパート・マンションやテナントなどの建設、運用をサポートさせていただいております。地域性を考慮した土地活用計画をお客さまそれぞれに合わせてご提案することはもちろん、不安を払拭するための情報も提供するなどして、3年連続で年間○○件以上の成約数を継続しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

不動産営業の業務を通して培われた提案力はさまざまな職種で活用できます。アウトバウンドセールス・インバウンドセールスの営業スタイル、取り扱っている商品、営業を行う上で工夫していることなどを盛り込み、スキルのレベルの高さを正確に伝えましょう。また、月間・年間の営業実績を記載することも有効です。

日経新聞に毎日欠かさず目を通し、ビジネス書籍や雑誌を年間50冊以上読む習慣を3年間にわたって継続しております。また、移動時間を利用してビジネス系Webメディアやネットニュースもチェックしております。ビルのテナントや分譲マンションなどを必要としている企業の情報を収集・分析することで、効率よく、かつ効果的な営業活動を行うことができ、20XX年には年間○○件の契約数を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

常に新しい情報を収集し活用しようとする姿勢をアピールすることはビジネスパーソンとしての成長意識や将来性を伝える効果も期待できます。数をこなす営業を行うことも大切なことではありますが、常にアンテナを張りチャンスを逃さないなど、工夫して営業を行っている場合には、その内容について具体的に示しましょう。

私はマンションやテナントなどをカウンターセールスで販売する不動産営業に5年間従事しております。スキルアップを目的として、20XX年X月に宅地建物取引士を取得いたしました。また、資産運用などの知識を更に深めるために、ファイナンシャルプランナーの資格取得に向けて独学で学んでおります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどの資格は、関連性の高い職種に応募する際に、採用で有利になる場合があります。すでに資格を保有しており、応募先企業の求人情報に資格に関する記載がある場合には、内容に盛り込みましょう。また、資格の取得に向けて努力している場合にも、その旨を記載すればアピール要素になる可能性があります。

営業活動を行う際には、お客さまとの信頼関係を築くことを第一に考えて行動しております。そのために、自信をもって商品について説明することはもちろん、人間的な魅力を含めて信頼していただけるように商品以外の内容についても積極的にお話を伺うなどの意識をしております。また、購入後のアフターフォローも徹底することで、友人や知人をご紹介いただいた経験もあります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

顧客との信頼関係を築けるスキルや人間的な魅力があることは、営業職全般において役立ちます。不動産営業は高価な商品を取り扱うこともあり、信頼関係の構築力が高い場合が多いため、顧客との信頼関係を築くために工夫していることがある場合には、具体的にアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

不動産営業の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!