Technique

内勤営業経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差をつ付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは内勤営業経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

内勤営業のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

内勤営業は、取り扱う商品、業務内容、企業が属する業界によって必要な知識やスキルが異なる職種です。そのため、採用基準や必要としている人材は企業によって異なってきます。求人に目を通した上でマッチしそうな「実績」を記載し、採用担当者に能力の高さをアピールしましょう。内勤営業の「実績」とは、売上、マネジメント、販売促進企画の立案、顧客満足度、社内表彰などです。それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

内勤営業には、取り扱う商品や業界などの知識、ヒアリング力、提案力、コミュニケーションスキル、書類作成スキル、PCスキルなどが求められます。企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックした上で、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。また、不動産業界における宅地建物取引主任者や、旅行業界における総合旅行業務取扱管理者などのように、転職先の業界との関連性が高く、業務で役立つ「資格」について記載することも有効です。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

内勤営業には、商品、業務、業界などに関する知識や顧客対応スキル、営業スキルが必要になり、それらのスキルは経験により身に付くものが多いため、業務経験が重視されます。経験の豊富さを伝えるために、「カウンターセールス〇年」、「個人向け営業○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなども記載し、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

内勤営業の自己PR例文集

内勤営業の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は旅行業界のカウンターセールスに5年間従事しました。お客さまの想定予算と、観光地やアクティビティなどのご希望をヒアリングし、ニーズに合うパッケージツアーを3つ以上ご提案させていただいております。比較商品を示すことでお客さまの需要を細かく把握することができ、オプショナルツアーの売上を伸ばすことに成功しました。その結果、個人の年間売上〇〇〇万円、契約件数△△△件を達成し、3年連続で売上目標を達成できました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

内勤営業として、営業実績は重要な指標になります。自己PRには、取り扱った商品、業界、売上金額、契約件数などの情報を記載し、営業実績を採用担当者に伝えましょう。工夫した点や効果があった取り組みを具体的に記入すると説得力が増します。また、マネジメント経験がある場合には、店舗・支店の成果について記載することも有効です。

私の強みは企画力であり、お客さまにご満足いただくためのアプローチを考えることが得意です。現職である不動産賃貸のセールスにおいては、ご契約いただいたお客さまに対して、新生活に役立つ○○などの物品をサービスするという企画を店舗内で立案し、ご好評をいただきました。店舗の売上は企画実施前と比較して130%を記録し、全店舗で実施されるようになりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

内勤営業は、商品・サービスに興味のある顧客に対して営業活動を行う職種であるため、顧客に満足してもらうための企画力もアピールポイントの1つになる可能性があります。顧客に喜ばれるためにどのような行動を取っていたかが採用担当者に伝わるよう、具体的に記載しましょう。また、アンケートなどによって顧客満足度を数値化できる場合には、その情報を盛り込むことも大切です。

私は賃貸マンション・アパート、駐車場などの不動産を取り扱う企業に5年間所属し、そのうちの2年間は支店の主任としてスタッフ15名のマネジメントを行いました。お客さまに対して主体的かつ親身な営業活動を行うことを第一に考え、高い顧客満足度を得られた事例などのノウハウをデータとして蓄積し、スタッフの営業力の底上げを行いました。また、売上の向上を目的として、物件を独自評価したリストを作成し、お客さまのご意向に合う良質な物件を、すぐに抽出できる環境づくりも行いました。その結果、顧客満足度で70支店中3位になることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

30代以上の中途採用では、マネジメントスキルが前提となる場合があるので、マネジメント業務の経験がある場合は自己PRに記載しましょう。役職、担当業務、責任の範囲などを明確にした上で、具体的にどのような取り組みをしたかについて、成果を数値とともに記載して、マネジメント経験を採用担当者に示しましょう。

私は保険代理店のカウンターセールスを5年間経験し、生命保険、医療保険、損害保険を取り扱う中で、それらの金融商品や業界、契約などに関する専門知識を身に付けました。保険の仕組みや条件の詳細は複雑で一般のお客さまには難解な内容でありますが、分かりやすいように噛み砕きながら提案を行い、最適な保険をご紹介するように努めております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

内勤営業は、取り扱う商品や企業が属している業界によって求められる知識が異なります。応募先企業の商品、業界、業務などに関連する専門的な知識を保有している場合には、業務経験や保有資格を記載して採用担当者にアピールしましょう。また、それらの知識をどのように活かしているかについても記載するのがおすすめです。

私の強みは聞く力です。現職では不動産賃貸のカウンターセールスに従事しております。お客さまの直接的な要望を聞くだけではなく、潜在的に感じている現在の住居への不満や今後のライフプランなどを何気ない一言から感じ取り、お客さまにお話を伺うようにしています。その結果、本人が気付いていなかったニーズにも即した物件をご紹介することができ、社内の顧客満足度ランキングで1位を取ることができました。また、似た物件を複数ご提案することで細かな要望を調査したり、書類の内容に理解しづらい部分があれば補足説明をしたりと、手間を惜しまずに細やかにご案内することも意識しています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

内勤営業は購買意欲の高い顧客に対して営業を行う職種であるため、顧客が持つ要望や不安、悩みを聞くことが契約に繋がります。そのため、お客さまとの対話や、人の話を聞くことが好きな人に向いていると言えます。お客さまの話をしっかりと聞き、求められているものを察することができるという素養をエピソードとともに記載することで、適性をアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

内勤営業の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!