Technique

法人営業経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは法人営業経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

法人営業のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

「営業成績」を記載して営業力を示す

法人営業は、売上や成約件数などが評価に直結しやすい職種であり、当然それらの結果は転職活動でも営業力を示す指標にもなります。売上、成約件数、前年対比、個人の結果、チームの結果、表彰された実績などの具体的な情報を自己PRに記載し、営業力の高さをアピールしましょう。好成績であるほど評価されやすいですが、それらの結果を残せた背景にある取り組み姿勢や工夫、特筆すべきスキルについても触れておくと、転職後も成果を出せる人材であることを期待させることができます。自己PRを作成する前に、営業活動を行ってきた中で得た実績について細かく振り返っておきましょう。

転職後に活かせる「知識」「スキル」を記載する

法人営業が取り扱う商材は企業によって異なるので、転職後に活かせる「知識」、「スキル」も異なる場合があります。求人や企業サイトなどで情報を収集し、転職後の業務に活かせそうな知識やスキルがある場合にはアピールしましょう。具体的には、業界知識、特定の商材に関する知識、トレンドに関する知識、顧客折衝スキル、プレゼンテーションスキル、資料作成スキルなどが挙げられます。応募したい企業が求めているものを優先的に選び、自己PRに記載しましょう。自己PRでは、「企業目線」で評価されやすいポイントを重視して書類作成を行うことが有効です。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

法人に対して営業活動を行う際には論理的思考力や傾聴力、プレゼンテーション能力などのさまざまなスキルが求められます。それらのスキルは経験を積むことで成長していく面があるので、経験の豊富さはアピールポイントになりやすいです。「法人営業経験○○年」、「個人営業経験○○年」などのように、法人営業と関連の高い職種を、経験していた「期間」とともに記載し、経験の豊富さをアピールしましょう。

法人営業の自己PR例文集

法人営業の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

営業に従事してきた3年間で、年間成約件数を25件、36件、55件と伸ばしてきた実績があります。特にコンペからの成約獲得に自信があり、競合との比較や当社製品を選ぶメリットをクライアントに合わせてプレゼンテーションすることで多くのお客さまから信頼を得て参りました。物事を論理的に分かりやすく、魅力を感じられるように伝え、メリットや効果を具体的に示すプレゼンテクニックを活かして、貴社に貢献して参ります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業スキルといってもヒアリング、プレゼン、グリップ、課題発見、などどんなスキルが高いのかはさまざまなパターンがあります。例文では営業成績を伝えて、その実績を出せたのはどんなスキルが高かったからなのか、という構成で営業スキルを示せています。

私の強みは、どんな時にも折れない精神力の強さです。入社後半年間はなかなか成果が出せず同期の中でも成績は最下位でした。しかし、毎朝のテレアポリストアップと先輩との提案ロープレに取り組み続けた結果、2年目は前年比300%の受注実績を残すことができました。地道な努力を継続することが仕事で成長する秘訣だと考えておりますので、これからも精進して、貴社のトップ営業マンを目指します。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

法人営業職は、売上目標のプレッシャーや業務量の多さというストレスのたねがつきものです。企業によっては離職率が高い場合もあり、営業職を継続して続けられることは一つのアピールポイントになります。苦境を乗り越えた経験を通して、継続力と努力できる人物であることをアピールできる例文になっています。

私は、新卒時代から大企業に対しても臆せず営業活動を行っております。現職でも、先輩たちが開拓してこなかった某通信会社との成約を決めるなど新規開拓には自信があります。 営業目標の達成には提案数を上げることが必要と考え、初訪から具体的な提案ができるよう事前のヒアリングや仮説を立てることに注力して参りました。その結果、昨年度は営業部200名のうち、新規獲得数トップになることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

法人営業職は、新規開拓営業と既存顧客へのルート営業の二つに分けることができます。初めて取引を開始する新規開拓営業は難易度が高く、売上金額や成約件数などの実績は大きなアピールポイントになります。数字だけでなく、どういった心掛けで新規開拓の実績を出せたのかも記載するとより魅力が伝わります。

私は大舞台でのプレゼンが得意です。必要以上のプレッシャーを感じることなくクライアントに対してプレゼンテーションを行い、その場での質問などにも冷静に対処することができます。クライアントの経営層に直接提案できる機会は一度しかないので、事前に徹底的に準備することが大事です。精神的な強さと、本番を想定して準備する力を生かして、社会により大きなインパクトを残せる営業マンになっていきたいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

法人営業には、大きな金額を受注するという醍醐味もあります。扱う金額の大きさはその分プレッシャーになることもあるので、そこに喜びを感じられることは法人営業に向いている資質があると言えます。「もっと大きな仕事がしたい」といった転職理由と合わせてアピールすると有効です。

私の長所は、学ぶ姿勢です。先輩たちから営業スキルを学ぶ中で、ただ商品知識と営業ノウハウを身に付けるだけでなく、一般教養や人間心理など「人」としての魅力を磨くことが営業マンとして必要であると気付きました。それからは、1ヶ月5冊の読書を3年間続けております。そのお陰でお客さまとの会話がはずむことが増え、リレーションを築くことに繋がったと実感しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

法人向けの営業活動を行う上では、さまざまな知識が役に立つ可能性があります。知識が会話の種になり、また豊富な知識量が信頼される要素になることもあるので、多くを学び、成長していく姿勢はアピールポイントになります。法人向けの営業担当者として成長していくために行っていることがある場合には、自己PRでアピールしましょう。また、得た知識を「どのように活かすか」に関する情報を盛り込み、将来性や主体性をアピールすることも有効です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

一般事務の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!