Technique

営業職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは営業職経験者の自己PR例文とアレンジのコツの自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

営業職の自己PR例文とアレンジのコツのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

営業職は、IT営業、インターネット広告営業、広告代理店営業、保険営業、不動産営業、OA機器・通信機器営業など、あらゆる業種において必要とされる職種です。また、法人営業・個人営業や、新規営業・ルート営業など営業相手や手法でも分類され、業務は、取り扱う商品・サービスの種類や営業スタイルなどによって異なります。営業職の「実績」とは、売上、売上達成率、契約件数などです。それらを明確にすることで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。求人情報に目を通したうえで、応募先企業にマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

営業職の業務で培った、顧客へのヒアリングや提案、折衝などを行うコミュニケーションスキルなどはさまざまな業種においてアピールポイントになります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする知識やスキルを記載してアピールしましょう。また、不動産営業の「宅地建物取引士」や「ファイナンシャルプランナー」など、それぞれの業界に関連する資格が存在することが多く、応募先企業の業務に関連する資格を保有していればアピールポイントになる場合があります。企業目線で評価できるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

経験の豊富さを伝えるために、「法人営業○年」、「個人営業○年」、「不動産営業〇年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。そのうえで、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

営業職の自己PR例文とアレンジのコツの自己PR例文集

営業職の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

社員研修の企画・運営を行う企業にて新規獲得・既存営業を担当いたしました。企業や地方自治体などにテレフォンアポイントメント、メール、飛び込みなどでアプローチし、顧客の課題に寄り添ってヒアリングを行うことで担当者との人間関係を構築しております。20XX年には○○件の受注に成功し、売上○○○○万円を達成いたしました。また、研修効果の測定やアドバイスなどのアフターフォローを徹底することで△△%のリピート率を維持しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

売上や達成率、契約件数などは営業職の主要な評価基準の一つなので、採用担当者はそれらの実績を能力の指標として見ています。担当業務、業務で工夫したことなどの情報を漏れなく記載した上で、実績について数字を含めて書きましょう。また、マネジメントを担当した場合には、個人の実績だけでなくチームの成果について書くことも大切です。

支店での自動車販売を担当しております。業務では、新車を販売後にも保険の更新や自動車の買い替えのご提案、車検や修理の対応などを行います。まずは新車販売時にお客様に対して誠実に対応し、信頼を得ることで、購入後にお客様から直接お問い合わせをいただく関係性を構築できました。その積み重ねの結果、20XX年には売上前年比率で○○○%を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

業種・業界によっては多額の商品を販売したり、人生に一度の買い物に関わる業務を担当したりすることもあります。信頼関係の構築は営業職全般に求められますが、特に個人向けの営業職では「この人だから買う」という顧客も多いため、関係を構築する力があればアピールになります。顧客対応力などのスキルや人間的な魅力などに加え、顧客との関係を構築できたエピソードや業務で工夫していたことなどを含めて具体的にアピールしましょう。

私の強みは聞く力です。現職では不動産賃貸のカウンターセールスに従事しております。お客さまの直接的な要望を聞くだけではなく、潜在的に感じている現在の住居への不満や今後のライフプランなどを何気ない一言から感じ取り、お客さまにお話を伺うようにしています。その結果、本人が気付いていなかったニーズにも即した物件をご紹介することができ、社内の顧客満足度ランキングで1位を取ることができました。また、似た物件を複数ご提案することで細かな要望を調査したり、書類の内容に理解しづらい部分があれば補足説明をしたりと、手間を惜しまずに細やかにご案内することも意識しています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

内勤営業は購買意欲の高い顧客に対して営業を行う職種であるため、顧客が持つ要望や不安、悩みを聞くことが契約に繋がります。そのため、お客さまとの対話や、人の話を聞くことが好きな人に向いていると言えます。お客さまの話をしっかりと聞き、求められているものを察することができるという素養をエピソードとともに記載することで、適性をアピールしましょう。

私は、マンションやビルのテナントなどを販売する営業職に従事しております。業務上のスキルアップとキャリアアップを目的として、20XX年X月に宅地建物取引士を取得いたしました。また、お客様に対して資産運用などの提案をするための知識を更に深めるために、X月のファイナンシャルプランナーの取得に向けて独学で勉強しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業職には必須の資格がない場合が多いですが、不動産業界の宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなど、業務に活かせる資格を保有していることが採用判断に影響することもあります。求人を確認し、必須・優遇条件などに記載されている資格を保有している場合には、もれなく記載することが有効です。また、資格の取得に向けて努力している場合にも、その旨を記載すればアピール要素になる可能性があります。

私の長所は、目標を達成する意欲が強いことです。組織から課される売上目標や成約件数のノルマを達成することに加え、個人的な目標は前年度と比較して130%の売上と成約件数に設定してきました。なぜそのような高い目標を自身に課すのかというと、目標が高ければ高いほど達成意欲が掻き立てられ、活力が湧いてくるためです。結果として、3年連続で営業ノルマと合わせて個人的な目標も達成することができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業職は売上や成約件数などの結果が求められる職種であり、営業ノルマや個人で立てた目標に対して達成意欲が高いことを示すエピソードがあれば、それをアピールできる場合があります。目標達成に向けて努力できる姿勢は、さまざまな職種において評価されやすいポイントの一つです。例えば保険営業など、フルコミッションで稼げるような営業職への転職を目指すなら、ぜひアピールしておきたい能力です。目標を達成するために取り組んでいることや心掛けていることなどがある場合には、具体的に記載しましょう。

私は広告代理店の営業職として3年間勤務してまいりました。広告プランをご提案させていただく際には、お客さまにヒアリングした情報だけでなく、競合他社や市況などを調べた上で、最も効果が見込めるプランを作成して参りました。その結果、新規成約数とリピート率で社内トップの実績を残すことができました。特に、リピート提案からのニーズ拡大には自信があります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業職には、企業から受注を取るために、ヒアリング力や提案力、折衝力など幅広い営業スキルが求められます。提案力をアピールする場合は、「提案力があるからこのような結果を出せた」という数字的な成果とセットで見せることが重要です。

私は顧客折衝力に自信があります。経験上、低予算でインターネット広告を運用したいというお客さまが多いですが、集客目標をベースに適正な予算で広告制作を行えるように一歩踏み込んで交渉することを得意としております。既存のお客さまへの継続提案の際は、それまでの運用実績と改善点を必ず沿え、プラスアルファの広告プランをご提案することで売上げを伸ばして参りました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業活動を通して売上を立てていくためには、既存顧客に対する折衝力も求められます。売上のためだけでなく、上記の例文のように「広告効果を上げるため」、「顧客が求めている結果を実現するため」などの目的意識を自己PRに盛り込み、営業スタイルが企業側に伝わるようにしましょう。踏み込んだ交渉ができる営業マンを必要としている企業は多いので、評価されやすいポイントの一つになります。

私は新卒からシステムエンジニアとして2年間勤務し、現職では自社のRPAツールのセールス担当として2年間勤務しております。競合他社のRPA技術に関する情報やAI技術の最先端に接していると自負しております。貴社の商品との関連性の高い知識を保有しておりますので、即戦力として貢献して参りたい所存です。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

営業職が取り扱う商品・サービスは所属する企業によって異なるため、転職後に活かせる知識やスキルを保有している場合には、それらを適切にアピールすることが重要です。これまでに経験した業務や学んだことなどを振り返り、転職後に活かしやすいものを自己PRに盛り込みましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

営業職の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!