Technique

内勤営業の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、内勤営業の仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

内勤営業の仕事内容とは

内勤営業とは、店舗への来客や電話やメールで問い合わせをしてきた顧客に対して営業活動を行う職種で、カウンターセールスとも呼ばれます。不動産業界、旅行業界、保険業界、通信サービス業界などに多い職種です。既に商品やサービスに対して関心を持っている見込み客や既存顧客に対する反響営業であることが一般的ですが、新規開拓のため顧客に直接電話をかけるアウトバウンド(セールス)と呼ばれる電話営業の場合もあります。

一般的な内勤営業の仕事の流れは、対面の場合はまず来客へ来店目的を確認し、適切な商品・サービスを提案・説明し、さらに販売までの各種手続きを行います。メールや電話の問い合わせへ対応する非対面の営業の場合もありますし、企業によっては店舗のチラシの作成やホームページの更新といった幅広い業務を担当することもあります。そのため内勤営業には、高い顧客対応力やPCスキルなどが求められます。

内勤営業に求められる適性

人と接することが好き、細やかな配慮ができる

内勤営業は、不特定多数の人への接客・営業を行う仕事ですから、何よりも「人と接するのが好き」「人の話を聞くことが好き」といった人に適性があります。来店した顧客には快適に店舗で過ごしてもらうといった、細やかな配慮ができるといった点も評価されるでしょう。

コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルがある

不動産や保険、携帯電話の販売店などをイメージすると分かりやすいですが、顧客の要望を聞き、さまざまな質問を投げかけてコミュニケーションを取りながら、適切な商品やサービスを提案して分かりやすく説明することが必要です。非対面の営業でも同様に高いコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルが求められます。

専門の業界・業務知識がある

内勤営業には、所属する業界での専門知識や業務知識が必要です。例えば旅行業界での専門の用語や、不動産業界なら物件に関すること以外にも関連知識が幅広く必要です。希望の転職先企業の業界経験がある場合は、職務内容を具体的に記載して即戦力になれるといった点を採用担当者にアピールしましょう。

内勤営業の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

内勤営業には、コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキル力などの顧客対応力や、書類作成などのPCスキル、専門の業界や業務知識も求められます。まずは過去の職歴を振り返り、業務経験から得た保有知識やスキルのレベルを正確に採用担当者に伝えましょう。未経験から内勤営業を目指す場合には、これまでの業務経験で得た顧客対応に関するスキルを具体的に書くことやその業界で働きたいといった意欲や納得できる理由を示すことが重要です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。
注意点としては「事実を書くこと」が挙げられます。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容としましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。まずは習得した知識や実務スキルなどをアピールした上で、「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるため目指すキャリアパスを示して「やる気」をアピールすることが大切です。

内勤営業の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとし、内容を自分らしく書き替えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自身の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

内勤営業経験者の志望動機サンプル

私は賃貸アパート・マンションなど主に賃貸不動産の内勤営業職に5年間従事しております。昔から住宅や内装への興味が強く、賃貸物件のご提案をさせていただく現職の仕事をするうちに、より顧客の希望する住みやすい空間を叶えられる住宅リフォームの提案営業の仕事を希望するようになりました。特に貴社ではショールーム配属後、来店されたお客さまの最初のヒアリングから工事完了までを一貫して担当できるという点に強く魅力を感じています。入社後はリフォーム提案ができるよう商品や業界知識を早く習得し、これまでの業務経験で身につけた接客・ヒアリング力を活かして活躍し、リフォームアドバイザーとして業務経験を積み、将来は貴社内でのキャリアアップを目指したいと考えています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業界知識や保有スキルについて採用担当者がイメージできる業務経験が記載されています。
・企業側が納得できる転職理由が記載されており、矛盾のない内容になっています。
・前向きな理由でその企業へ転職を志していること、さらにこの分野や会社で長く働きたいという意欲を採用担当者が感じられる内容に仕上がっています。

内勤営業未経験者の志望動機サンプル

私は現在、食品加工会社で総務部に所属する一般事務職として、主に会議資料作成や備品管理、来客者対応を担当しております。人の話を聞くことが好きな性格を活かして、頑張りが報酬に反映される営業職にチャレンジしたいという思いを強くし、今回貴社の求人に応募させて頂きました。特に、貴社の店舗でお客さまの人生設計についてお話を伺って提案できる営業スタイルが、今後長く活躍していく職場になるとして大きな魅力を感じています。現職での基本的な接客マナー、見積書や契約書、会議資料などを作成したPCスキルは自信があります。入社後はお客さま一人ひとりに親身になって提案できる営業担当者となり、キャリアアップを目指しながら腰を据えて長く働いていきたいと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・転職後に活かせる経験とスキルが伝わる内容に仕上がっています。
・顧客と直接関わりたい、仕事の成果から収入アップを目指したいといった意欲的な内勤営業への転職理由がきちんと伝わるように記載されています。
・長く働きたいという思いを伝え、またキャリアアップの意欲も示しており、将来性の高さも感じられます。

まとめ

内勤営業の志望動機を作成するには、業務経験や保有スキルを具体的に盛り込み、職種や企業を選んだ理由を明確にして入社意欲や今後の展望などを自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

内勤営業
この記事が気に入ったらいいねしよう!