Technique

法人営業の志望動機例文

志望動機は、採用試験の書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの1つです。例文を参考にして、適切に自己PRできる志望動機を作成しましょう。ここでは、法人営業に応募したい方のための例文だけでなく、仕事内容や適性も解説しています。中身の濃い志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが重要なので、しっかりと確認してから志望動機を作成しましょう。

法人営業職の仕事内容とは

一般的に法人営業は、法人を相手に商品(物・サービス)を売ります。取り扱う商品は企業によってさまざまで、不動産や衣類、機械の部品などといった有形商材と、金融商品やITシステム、コンサルティングなどといった無形商材に分かれます。新規開拓と既存営業の両方を行う可能性があり、ときには経営者などを相手にプレゼンや提案をすることもあります。

法人営業職に求められる適性

法人営業職とは、法人を相手に営業活動を行う職種のことを指し、個人営業や内勤営業とは区別されます。企業に所属して企業の商品を売り込むことが一般的なので、働くやりがいや向上心を持って仕事に取り組める企業を選ぶことが重要です。

プレゼン能力がある

法人営業が行う営業活動の中でも、スキルの面ではプレゼン能力が特に重要です。企業の経営者や幹部に対して物怖じせずに魅力的なプレゼンを行うための精神面の強さや資料作成のスキル、商品解説や導入メリットなどの説明力などが法人営業には求められます。

外交的な性格

法人営業には顧客との関係構築を行わなければならない場合があり、外交的な性格が役立ちやすいです。初対面の人とのコミュニケーション能力だけでなく、地道な関係構築スキル、明るく前向きで人に好かれやすい人柄などに自信がある場合には、志望動機などでPRしましょう。

課題解決スキル

法人営業は商品を売る役割だけでなく、商品やサービスを通して顧客が抱えている課題を解決することが本質です。困っていることをヒアリングする能力に加え、顧客が気付いていない問題点を発見する能力、分析力が求められます。それらの能力を示す具体的なエピソードや実績を添えてアピールすると効果的です。

法人営業職の志望動機の書き方

ポイント1、営業に関する経験と実績をPRする

法人営業には高度なプレゼン能力やコミュニケーション能力が求められやすいため、具体的な経験や実績が選考で重要視される傾向があります。営業力の高さがしっかりと伝わるよう、法人営業経験がある場合には、志望動機に具体的な実績が分かる記載をしましょう。法人営業を経験していない場合には、その他の営業経験や接客経験、プレゼン能力やコミュニケーション能力をアピールできるエピソードについて記載し、法人営業の適性をPRすることが有効です。

ポイント2、企業・職種を選んだ理由を記載する

営業職の募集をしている企業は大変多いため、「なぜその企業なのか」は人事担当者が重要視する点になります。その会社を志望した具体的な理由に関する情報を志望動機に盛り込み、入社意欲や成長意欲をアピールしましょう。なるべく汎用的なものではなく、その企業ならではの特徴や長所に関する要素を盛り込み、企業側が関心を抱く内容にすることが望ましいです。

法人営業職の志望動機の例文

志望動機を作成する際には、以下の例文(サンプル)を参考にしつつ、自分らしく自己PRできる内容に仕上げましょう。例文はそのまま使用せず、あなた自身の個性が正しく伝わるように適切にアレンジしてくださいね。

法人営業職経験者の志望動機サンプル

貴社を志望した動機は、貴社サービスがお客さまの○○○といった課題を解決する素晴らしい商品だと感じたからです。前職では△△△△の販売をしており、平均受注金額●万円程度の案件を月間●件成約しました。月間成約数トップを記録し社内表彰を受けた経験もございます。入社当初は苦戦の日々でしたが、業界動向を誰よりも理解し、クライアントへ有益な情報提供を心掛けたことで信頼を得られた結果、受注に繋がるようになりました。前職のサービスと貴社サービスはターゲット層が類似していますので、即戦力として売上向上に貢献できると考えております。

「職務経験あり」のポイント・注意点解説

応募先企業が扱う製品やサービスを理解し、前職から活かせる経験を伝えています。
前職での実績や表彰等の経験を記載することで、採用担当者があなたの実力を把握することができます。実績をアピールした場合、なぜ良い実績が残せたのか、理由や工夫、ポイントなども伝えましょう。

法人営業職未経験者の志望動機サンプル

前職では新卒入社で人事部に配属され、5年間新卒採用の現場で働いておりました。貴社の法人営業職を志望した理由は2つあります。1つは、採用業務を通して就職に悩む個人の課題と自社の採用課題を解決できる点をやりがいに感じており、今後は自社だけでなく、採用に悩む多くの企業の課題を解決していきたいと考えたからです。
2つ目は、新卒採用で身に付けてきた“対人スキル”を活かせると考えたためです。新卒採用の現場では、学生の思考や本音を引き出す傾聴力を強みに、自社の求める人材の採用に貢献してまいりました。法人営業は、相手の真の課題をつかみ、ニーズに応えていくことが求められると考えておりますので、この対人スキルと課題解決力を活かしていきたいと思います。

「職種未経験」のポイント・注意点解説

営業以外の職種でも人との折衝で問題を解決することがあったはず。ヒアリング力や課題解決力をアピールできるエピソードを選んで伝えましょう。

第二新卒の法人営業職志望動機サンプル

前職では既存顧客を中心に機械工具のルートセールスを担当し、1年間で10社のお客さまとのリレーションシップ構築に努めていました。前職と業界は異なりますが、学生時代に経営情報学を専攻しており、企業のIT化戦略を研究しておりましたので、ITや業務システム関連についての知識があります。企業に最適なシステム構築を提案する貴社の営業部門はこの知識・経験が活かせる職種だと考えております。知識を実務に活かしていち早く戦力として貴社に貢献できるよう、業務に取り組みます。

「第二新卒」のポイント・注意点解説

期間や社数が飛びぬけて多くなくても、具体的に数字を示して営業職としてのスキルレベルを伝えましょう。
第二新卒の転職に限っては、学生時代の経験と結びつけて志望理由を作成しても問題ありません。

まとめ

法人営業の志望動機を書くには、法人に対する営業経験に加え、職種や企業を選んだ理由、過去の経験や入社後の展望などについて明確に記載することが重要です。高度な能力が求められる仕事に対応できることへの裏付けになる知識やスキル、経験に関する情報を志望動機に盛り込み、職務能力の高さをアピールしましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

法人営業職の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!