Vol.204

今更聞けないプロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメントの境界線。初級エンジニアが知っておきたい役割の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月5日、新宿にあるグロースエクスパートナーズのラウンジ内にて、プロジェクトマネジャーとプロダクトマネジャーの在り方を考えるイベント、『プロダクトマネジメント × プロジェクトマネジメント 再入門 ~Webディレクター・SIer・スタートアップ・事業会社の垣根を越えて~』が開催された。

グロースエクスパートナーズにてITアーキテクトを務める関満徳氏を筆頭に、一般社団法人日本PMO協会にて事務局長を務める十返文子さんなど、多くの講師陣が登壇。それぞれの立場からプロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメントに対する見解を述べた。

本記事では、当イベントの中でプロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメントの違いについて語った十返さんと関氏の話を中心に取り上げる。似て非なるものである両者について、それぞれの在り方を紹介しよう。

一般社団法人日本PMO協会 事務局長 十返文子(とがえり・あやこ)さん大学在学中から携帯電話向けコンテンツ開発に携わり、卒業後も大手クライアントや公共系案件などでのWebディレクションやPMを経験。Web制作会社でWebディレクターとして様々なプロジェクトに携わり、PMOとしての知識・経験・技術を得る。その過程でプロジェクトマネジメントに出会い、PMP資格を取得。PMI日本支部の事務局に従事し、Webサイトの運用やコミュニティ活動の支援を担当した後、現職

グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト 関 満徳(せき・みつのり) 氏ITサービス開発全般のコンサルティング、開発、運用を一括して手掛けながら、「顧客価値の創造」と「持続可能な仕組み創り」をテーマとしたアジャイル・プロダクトマネジメントのワークショップデザインを数多く実施。全国各地でファシリテーターとしても活躍

プロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメントの違い

この日最初に登壇した十返さんはまず、「プロジェクト」と「プロダクト」をマネジメントする上で知っておくべき、それぞれの差異を以下のように語った。

「語源から紐解きますと、それぞれをマネジメントするうえで、持っておかなければいけない視点が違うように思います。プロジェクトをマネジメントするうえでは“目的や目標”を意識した視点が必要となり、プロダクトをマネジメントするうえでは“顧客や市場”を見据えた視点が重要になると考えます」(十返さん)

また、「マネジメント」という言葉については、その意味をこう説明した。

「マネジメントはよく『管理』と日本語に訳されるのですが、そうすると英語でいうAdminとControlの要素が入ってしまいます。だから、私は『やりくりする』という言葉のニュアンスが一番近い気がしています」

十返さんによると、マネジメントとはあくまですべてを管理するわけではなく、目標や目的を達成するために何が必要かを的確に判断し、その状況に合った行動をすることだという。

「プロジェクトは期限内に独自の目標を達成する活動のこと。そのため、プロジェクトには例えば“ダイエット”など、対象となる顧客が存在しないものもあります。こうした『目的や目標』を達成させるための行動をやりくりするのが、プロジェクトマネジャーとしての役割と言えます」(十返さん)

それでは、プロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメントは現場ではそれぞれ具体的にどのような役割を求められているのだろうか。

プロジェクトマネジメントは「目的の達成」のための活動

十返さんによると、プロジェクトマネジメントとは、品質やコスト、納期などの制約がある中で、プロジェクトの目標を実現するために実施される活動だと語る。そして、プロジェクトマネジメントの国際標準の1つであるISO21500に示されているプロジェクトマネジャーが向き合うべき10個の課題(サブジェクト・グループ)を説明した。

① スコープマネジメント
② 品質マネジメント
③ コストマネジメント
④ タイムマネジメント
⑤ 調達マネジメント
⑥ 資源マネジメント
⑦ リスクマネジメント
⑧ コミュニケーションマネジメント
⑨ ステークホルダーマネジメント
⑩ 統合マネジメント

中でも、プロジェクトマネジメントを行う上では、それぞれの優先順位とバランスを考慮しながら総合的に『目的や目標の達成』に近づいているのかを見極めることが一番重要だと語った。

プロダクトマネジメントは「プロダクト価値最大化」のための活動

続いて登壇した関氏は、「プロダクトマネジメント」という言葉はITの分野のみならず、様々な業界で使用されていることを前置きしつつ、ITの分野におけるプロダクトマネジメントについて、以下のように説明した。

プロダクトマネジメントの仕事は大きく2つのフェーズに分かれており、それぞれのフェーズで必要とされる役割が異なってくるという。

「プロダクトマネジメントは、製品やサービスの市場投入を境として、市場投入までに行うべきことを『上流』、市場投入後に行うべきことを『下流』として分類しています。上流ではプロダクトやサービスそのものおよびロードマップをどうするか、また、何をどう作るかなどを考えるフェーズになります。それに対して下流は、マーケティングなどを行い、そのプロダクトをどうやってもっと広めていくか、または撤退するか、ということを考えるフェーズになります」(関氏)

ITの分野におけるプロダクトマネジャーには、上記のような2つのフェーズでの役割を求められるが、プロダクトマネジャーを取り巻く現状の課題として、開発系出身のプロダクトマネジャーが顧客とビジネス視点の話を求められるケースや、経営経験のないプロダクトマネジャーが経営層に刺さる言葉遣いを求められるケースがあると続けた。

「プロダクトマネジメントの対象領域にかかわるステークホルダーは、顧客、経営層、現場部門、開発部門など多岐にわたるが、それぞれ全部使う言語(説明すべきポイント)が違う。同じことを伝えるために、それぞれに伝わる言葉で話せなければいけないんです」(関氏)

ドラッカーの視点から捉える両者の決定的な違い

十返さんは、経営学者のピーター・ドラッカーやAirbnb のディレクターであるIan McAllister氏の言葉を引用しながら、両者の違いを以下のように語った。

「ドラッカーは著書の中で“マネジメントとは物事を正しく行うことであり、リーダーシップとは正しい事を行うことである”と述べています。さらに、Ian McAllister氏は“プロジェクトマネジャーは『How and When=どうやって、いつ』を所有し、プロダクトマネジャーは『What and Why=何を、どうして』を所有する”と述べています。これらを私なりに解釈してみると、『どう作るか』がプロジェクトマネジャーの仕事で『何を作るか、また、なぜ作るべきなのか』を判断するのがプロダクトマネジャーの仕事なのではないかな、と思っています」(十返さん)

なお、当日の各講演の資料は、セミナー公式ページで公開されている。

これからマネジメントという領域に関わることがあるであろうエンジニアたちが、「マネジメント」という業務の内容や範疇について悩んだ際には、上記のポイントを今一度整理し、自分のなすべきことを確認してみてほしい。

取材・文/撮影 羽田智行(編集部)

>> セミナー聴講の事前登録はコチラから

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

株式会社ベネッセコーポレーション 東京本部 オープンポジション

株式会社 DeNA Games Tokyo 【自社運営ゲーム開発エンジニア…

ソニー株式会社 【ソフトウェア系エンジニア】

株式会社セルゲートジャパン 【社内SE】『Airbnb』インバウンド事業な…

株式会社アベールジャパン ITエンジニア(Webオープン/組込/汎用/イ…

株式会社ワット・コンサルティング 【グローバルエンジニア】海外と日本…

株式会社スタッフサービス エンジニアリング事業本部(リクルートグループ)…

株式会社ワット・コンサルティング 海外でも活躍できる【最先端技術を支…

株式会社テクノプロ テクノプロ・デザイン社 【機械・電子設計/CADオペ…

浅間商事株式会社 【サービスエンジニア】未経験歓迎◆設立50年以…

東京藝術大院卒→オリエント工業の造形師が、究極の機能美を追究...

データアナリストになる方法~コンサル型かエンジニア型か?ビッ...

なぜ、いまだ7割のITプロジェクトが失敗するのか? 「再生人...

堀江貴文氏のゲームチェンジャー論「世界を変える人に共通点はな...

生涯「エンジニア」として食っていくには何が必要?及川卓也氏×...

>>過去のエンジニアtypeのページはこちら

AWS Summit AWS Dev Day