アイキャッチ

【失敗談】「何もしないで失敗」が一番痛い? しくじりエンジニアたちに学ぶ「苦手なこと」への対処法

働き方

マネジメントに挑戦したり、新規ビジネスに参加したり、プロジェクトのリーダーを務めたり……。エンジニアが仕事の幅を広げようとするとき、技術以外のところで「苦手なこと」に直面することがある。

実際、『エンジニアtype』に度々登場しているCTOや、一流のプログラマーたちにも、苦手に直面して失敗した過去は山ほどある……!

というわけで、今回は人気連載『先輩エンジニアのエラーに学べ』から読者に人気の記事を五つピックアップしてご紹介。「苦手なこと」に直面した先輩エンジニアたちは、どんなしくじりをして、そこから何を学んだ?

「苦手な仕事」は自分を知る最大のチャンス。天才エンジニア川崎修平が“苦手だらけの20代”をあえて過ごした理由

川崎修平さん

『Mobage』や『モバオク』をたった一人で3カ月で完成させるなど、DeNAの急成長フェーズを支えてきた川崎修平さん。

言うまでもなく、サービス開発は彼の得意分野だが、「マネジメントなど、苦手なことも多い」のだという。

「苦手なことをどんどん引き受けてきた」と話す川崎さんに、これまでの失敗経験と「苦手な仕事」にあえて取り組むスタンスを貫く理由を聞いた。

>>記事を読む

失敗しない男・藤倉成太が振り返る「完璧じゃなかったあの頃」ーーもがいた末に見いだしたマネジメントの答えとは?

藤倉成太

「完璧主義な傾向があって。何をするにも失敗しないように、用意周到に生きている」というSansan CTOの藤倉成太さん。

そんな藤倉さんにも、マネジメントでつまずいた過去が……。

あの頃の僕には、マネジャーとしての存在価値は全くなかった」と当時のことを振り返る藤倉さん。マネジメントでしくじった理由とは?

>>記事を読む

元“炎上芸人”Tehuが学んだ承認欲求との付き合い方「あの時は、人生全部パフォーマンスだった」

Tehuさん

2009年、中学3年生でiPhoneアプリを開発。「早熟の天才」として注目を集め、「スーパーIT高校生」などと世間からもてはやされるも、SNS上では度々炎上。

“炎上キャラ”として頻繁にメディアで話題にされていたTehuさんは、ある事件をきっかけに、表舞台からしばらく姿を消すことにーー。

当時のことを振り返り、「自分の承認欲求をコントロールできていなかった」と話すTehuさん。苦手だったセルフコントロールができるようになった今、思うこととは?

>>記事を読む

Rubyの父、まつもとゆきひろもマネジメントで大失敗!?そこから学んだ“苦手をあえて克服しない”戦略

まつもとゆきひろさん

オブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」の生みの親として知られる、まつもとゆきひろさん。

「ヒューマンマネジメントは苦手」という意識はあったものの、「作業の進捗管理をするだけだし、大丈夫だろう」と仕事を引き受けたところ、とあることがきっかけでクライアントに謝罪しに行くことに……。

まつもとさんが実践している失敗をリカバリーする方法や、失敗を糧にする働き方とは?

>>記事を読む

BASEえふしんが『モバツイ』時代にやらかした“恥ずかし過ぎる失敗”とは?

えふしんさん

かつて一世をふうびしたモバイル端末向けのTwitterクライアント『モバツイ』の開発者であり、現在はネットショップ作成サービスなどを手掛けるBASEの上級執行役員 SVP of Developmentの藤川真一(以下、えふしん)さん。

自分が書くコードを過信していた」というえふしんさんがモバツイ時代にやらかした手痛い失敗とは?

また、「何かをやって失敗」することより「何もせず、気付きもせず損失を出す失敗」の方が罪が重い……えふしんさんがそう語る真意とは。

>>記事を読む

「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、しくじりから学ぶことは多い。今回紹介した5人が教えてくれた“エラー”の数々を、さっそく自分の糧にしてほしい。

文/エンジニアtype編集部

Twitterをフォローしよう

この記事をシェア

RELATED関連記事

RANKING人気記事ランキング

JOB BOARD編集部オススメ求人特集




サイトマップ