キャリアVol.744

ヒットプロダクトをリードしてきたスターエンジニアが答える、キャリア・組織づくりの4つの疑問【クックパッド成田×スマートニュース浜本×レクター広木】

クックパッド、スマートニュース、ミクシィ。日本有数のヒットプロダクトをリードしてきた‟スターエンジニア”たちも、華々しいキャリアの裏では数々の苦難を乗り越えてきた。そう感じさせてくれたのが、このトークセッションだ。

2018年9月10日に開催されたテックカンファレンス『BIT VALLEY 2018』内で、クックパッドCTOの成田氏、スマートニュース創業者の浜本氏、元ミクシィでサービス本部長執行役員を務めた経験を持つレクターの広木氏が、キャリア選びや組織づくりについて、若手エンジニアからの質問に答えた。

クックパッドCTOの成田氏、スマートニュース創業者の浜本氏、レクターの広木氏
クックパッドCTOの成田一生氏、スマートニュース創業者の浜本階生氏、レクターの広木大地氏

【質問1】‟スターエンジニア”の会社選びのポイントは?

――現在就活中で、大手メーカー系企業とメガベンチャー、スタートアップで悩んでいます。皆さんは、どういう視点で就職先を選びましたか。(23歳/男性/大学院生)

広木 僕はまさにこの質問とほぼ同じ状態で、就活が終わった時、大手メーカーのラボと、上場したてのミクシィ、それからできたてほやほやのスタートアップと3社の内定をもらいました。

たくさん内定が出たときって、「そこで何を手に入れたいか」が大事なんですよね。僕は「すごい人と働いて、いろんな変化を経験したい」と思っていたので、採用試験を受けている人たちが面白そうだという基準でミクシィに決めました。

成田  私が新卒でヤフーへの入社を決めたのは、知っているサービスだったということと、当時SNSのようなサービスをやっていたからです。

僕は広木さんと同学年で同じ年なんですけど、僕たちが就職した2008年は、ミクシィもサイバーエージェントも新卒採用一期生が入社した年です。そのぐらい、世の中にはまだWebから生まれたメガベンチャーがなくて、そもそも選択肢がありませんでした。

浜本 僕はコードを書くのがすごく好きで、それをフルタイムでやりたいという一心で、無名のベンチャー企業に入りました。エンジニアは僕一人。学部生の頃からそこでアルバイトをしていたので、社長に「卒業したらうちに入りなよ」と言われて、選ぶことすらなかったですね。

広木 成田さんは、なぜヤフーを辞めたんですか。

成田 その頃、僕はRubyが好きで、Rubyを書く仕事がしたいなとずっと思っていたんです。だけど、ヤフーではRubyを使っていなかったので、定時で帰って、Rubyの勉強をする日々でした。 ちょうどそのタイミングで、クックパッドに転職した元上司に誘われました。もともと料理が好きで、週末はかならず料理をしていたし、Rubyを使える。この2つのキーワードがぴたりとハマって、小さい会社でどれぐらい力を発揮できるかチャレンジしてみようと、環境を大きく変えることにしました。

【質問2】上から突然「ねえ、この機能つくってよ」と言われるのはなぜ?

――今のCEO/CTOという立場になって、一番大変だなと思う瞬間ってどんな時ですか?(31歳/男性/開発マネージャー)

成田 非合理的な判断をしなくちゃいけない時ですね。サービスの方向性を大きく変えるとか、3年後の組織体制をどうするかとか、そういう不確実なことをどんどん判断していかなければいけない。それを地道にA/Bテストして、統計的に正しい答えが出るまで待っていたらビジネス的に遅いですから。

でもそれは現場から見ると、「なんで?」ですよね。

広木 自分がいちエンジニアだった時は、突然の方針変更とか、いきなり決まる新機能の開発計画に驚かされたのですが、段々「これこそベンチャーなんだ」という気持ちに変わっていきました。経営者は、「不確実なもの」に対する耐性や強さが問われますね。

成田 これって、すごい繊細な問題で、エンジニアにとってどれぐらい裁量があるかって、かなり重要ですよね。上から降ってきた設計をただ実装するだけって、エンジニアとしては、ちょっと嫌じゃないですか。

でもトップダウンって、とてつもなく時間をショートカットできるんです。検討に必要な1年分くらいの時間をぜんぶすっ飛ばせるので、それが正しかった場合、めちゃくちゃ優位性が上がるし、先行者利益が取れる。とはいえ現場の納得感とのバランスがすごく難しい。日々、葛藤しています。

【質問3】組織づくりで気を付けるべきことは?

――この夏にチームリーダーになったばかりなのですが、これまでに組織づくりをするうえで大切にしてきたこと、気をつけてきたことはありますか?(28歳/女性/モバイルエンジニア)

浜本 僕はエンジニアとしてのスキルは多少あるんですが、組織づくりは本当に素人なので、たくさん失敗してきました。でも今思うのは、組織づくりはスキルだということ。体系的に学べば、圧倒的に上達できます。自己流でやってもいいことはありません。

グーグルが長年試行錯誤してきた組織づくりのベストプラクティスを無償公開している「re:Work」などを見て学ぶといいと思います。

成田 僕にとって、組織づくりのなかで一番大切なのは採用ですね。そこにいる人次第で、やるべきことがまったく変わってくるんです。

たとえば採用基準が低くてプログラミング初心者の人ばかりだったら、組織づくりにプログラミング教育を組み込まなきゃいけない。だけど、ある程度技術力のある人を集められれば、そのプロセスを飛ばしてサービス開発をスタートできます。どういう人を会社にいれるべきか見極められるようになると、組織づくりは格段に楽になりますね。

「悪いことをしない人」を採用するのも大事です。そうすれば性善説で組織がつくれるので、もう一歩踏み込んだリスクを取れます。

浜本 それは完全に同意ですね。僕は就業規則をつくる時点でそこを相当意識して、いろんな仕組みをつくりました。「この人は信頼できる」と心から思える人にだけ入ってもらう。それがグーグルの言う「心理的安全性」(リスクを取ることや弱さをさらけだすこともいとわない状態)をつくる一番のベースになっています。

広木 採用面接をしていると、「この人は、嘘をつくタイプだな」とか、ある程度わかってしまうようになりますよね。

たとえば、「最近、勉強したことは何ですか?」と聞いた時に、「XXに興味あります!」とは答えるのに、実際に行動が伴っていない人がよくいるんです。その時、「実際には触れていないです」と正直に言える人は素直さがあり、ポジティブに評価できるのですがそれを覆い隠して自分を美しく見せようとする人は、誠実ではないのかなとネガティブに思ってしまいます。

成田 実はクックパッドが今入っているビルって、セキュリティゲートがないんです。普通はビルの受付で記名したりすると思うんですけど、働いているフロアまでいきなり上がってこれてしまう。しかも入り口にキッチンがあって、そこには包丁がある(笑)。

そこで誰か不審者が入ってきて暴れたらどうしようっていうんですけど、そもそも暴れたい不審者なら包丁は家から持ってくるでしょ、って(笑)。むしろ人が入ってきやすいことによって、勉強会やユーザー向けのイベントがすごくやりやすくなったんですよね。人への信頼をどう見せるかって、難しいけど重要なポイントですよね。

【質問4】転職で見極めたい「最強のチーム」の条件は?

広木 最後に、みなさんはどんなチームが「最強のチーム」だと思いますか? 転職者向けにアドバイスをください。

浜本 採用面接に行った時にくまなく社内を案内してくれたり、他のエンジニアやマネジャーを連れてきて、座談会を開いてくれる会社、疑問に真摯に応えてくれる会社は、いいチームだと思います。自分が相手の会社を面接しているぐらいの気持ちで、あらゆる疑問をぶつけると良いのではないでしょうか。

成田 チームの誰に聞いても、そのサービスや事業で解決しようとしていることが同じだったら、本当に強いチームだと思いますね。

広木 僕は自分がやりたいことと、会社のやりたいことがマッチしていて、人生を自分の意志で決めていく人が集まっていることが、いいチームの条件ではないかと思います。

クックパッドCTOの成田氏、スマートニュース創業者の浜本氏、レクターの広木氏
クックパッド株式会社 取締役CTO 成田一生(なるた・いっせい)
2008年ヤフー株式会社に新卒入社。Yahoo!メールのバックエンドエンジニアを務める。 10年クックパッド株式会社へ転じ、サービス開発エンジニアとしてクックパッドのサービス開発を経験。その後、開発基盤業務、インフラ業務を経てマネージャーに。16年よりVP of Engineerとして経営的立場になり、同11月より取締役CTOとして同社のテクノロジーを牽引する

スマートニュース株式会社 代表取締役社長 共同CEO 浜本階生(はまもと・かいせい)
2005年東京工業大学 工学部情報工学科卒業。07年に『EatSpot』で価格.com WEBサービスコンテスト最優秀賞、『Blogopolis』でYahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード 一般の部グランプリ等を受賞。株式会社Rmakeの取締役を経て、「世界じゅうの良質な情報を、必要な人に送り届けたい」と12年にスマートニュース株式会社(旧 株式会社ゴクロ)を共同創業。以来、”コンテンツの未来”を見据え、情報プラットフォームの新たな在り方を世の中に提案し続けている

株式会社レクター 取締役 広木大地(ひろき・だいち)
2008年大学卒業後、株式会社ミクシィに新卒第一期生として入社。メディア統括部部長、開発部部長、サービス本部長執行役員などを歴任し、15年に退社した。その後、株式会社レクターを創業、技術組織のアドバイザリーとして複数社の技術と経営をつなぐ支援を行っている。著書に『エンジニアリング組織論への招待』(技術評論社・2018)

取材・文/石川香苗子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集


記事検索

サイトマップ



株式会社富士通エフサス【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

日本マイクロソフト株式会社 【マイクロソフトサポートエンジニア】トップ…

日本マイクロソフト株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

アクセンチュア株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社コロプラ【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

サッポロビール株式会社 【生産技術担当】サッポロブランドを生産技術から…

山下ゴム株式会社 生産技術【未経験/第二新卒歓迎】万全の研修&サポー…

株式会社スタッフサービス エンジニアリング事業本部(リクルートグループ…

イーター国際核融合エネルギー機構 技術職/世界35ヶ国が参加する国際プロジ…

サーモス株式会社 オーディオ機器開発/世界120カ国以上に展開/年間休…

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

英文メールでよく見る「略語」の意味は? 海外エンジニアに聞い...

「AbemaTV」3,400万DL突破! 急成長サービスを支...

フリーランスエンジニアに聞く、最速で「時給5000円以上」人...

及川卓也×澤円が語る、エンジニアの成長に必要な条件「ぼんやり...