キャリアVol.725

現役エンジニアが考える、「自分らしく働く」ために必要なこと【サイバーエージェント×DeNA×GMOインターネット×ミクシィ】

価値観の多様化が進む現代。エンジニアを取り巻く環境や働き方も変化している。こうした状況下で、IT企業各社のエンジニアは、「自分らしく働く」ためにどんな工夫をしているのだろうか。

サイバーエージェント、DeNA、GMOインターネット、ミクシィといった渋谷に拠点を構える注目企業が一同に介したイベント『BIT VALLEY 2018』内のセッション、「Quality of Engineers’ Life〜エンジニアが考える働きやすさ〜」から紹介しよう。

DeNA
(写真右より)株式会社ディー・エヌ・エー システム本部 AIシステム部 AI研究開発第一グループ 西野 剛平さん
株式会社ミクシィ 統括管理本部 CS部 CREグループ エンジニア 上埜 かおりさん
GMOインターネット株式会社 システム本部 情報戦略室 樋口 勝一さん
株式会社サイバーエージェント アドテク本部 アドベリフィケーション事業 サーバサイドエンジニア 井上 ゆりさん

エンジニアの「産休・育休」事情~ミクシィ、DeNAの場合~

――渋谷系IT企業には、20代・30代の社員が多く在籍しています。彼らにとって最初の「ライフステージの変化」は育児、というケースが多そうですが、ミクシィではいかがですか?

ミクシィ・上埜:私自身、妊娠中なのでもうすぐ1年弱の産育休に入る予定です。こんなに長い期間仕事を休むのは初めてなので、もちろん不安はありました。ですが、安心して産育休をとれるような社内の雰囲気や制度があるので、ありがたいですね。それに、ミクシィでは男性社員でも育休を取得している人が多いんですよ。

――具体的にはどのような制度があるのでしょうか?

ミクシィ・上埜:Slackで『子育てチャンネル』というチャンネルをつくっています。子育て中の社員の経験談をのせたり、これから産育休を迎える人が投稿した悩みに子育て経験者が回答を寄せたり。私の場合、復職するときの保育園の入り方を相談させてもらいました。

――仕事面で不安はありましたか?

ミクシィ・上埜:私が担当している領域では、これから新しいプロダクトのリリースも控えているので、「復職してからついていけるか」という不安は残ります。でも、チームのバックアップがあるので、運用面では安心してお任せできると思っています。あと、新しい技術のキャッチアップに関しては、産育休中も時間をうまくやりくりして勉強していきたいと思いますね。

――DeNA・西野さんはリードエンジニアとして活躍されている中で、育休を取得されていますよね?

DeNA・西野:はい、私が育休を取得した当時は10名くらいのチームのリードエンジニアをしていました。男性が育休をとるのは、DeNAのエンジニアで初めてのことだったみたいです。

――不安なことはありませんでしたか?

DeNA・西野:育休って、休暇というよりは休職に近いんですよ。その期間は、仕事をしちゃいけない。だから、育休に入るときは休職者と同じように、全ての会社アカウントを凍結されました。最初は不安でしたが、そのおかげで育児に専念することが出来たので、結果的にはよかったですね。奥さんにも感謝されましたし。育休を取るって決めたらすぐにチームに報告し、できるだけ早く引継ぎをしていたので仕事に支障はなかったかと思います。何よりも、2カ月間というまとまった時間を、家族との時間に充てられたということ自体、社会人生活においてそうないようなことなので、とても貴重な体験だったと思います。

DeNA

エンジニアの「働く場所」事情~GMOインターネット、サイバーエージェントの場合~

――2000年代には「プログラマー35歳限界説」なんて話がありましたが、今や35歳以上の技術者も珍しくありません。今はIT企業各社が、社員のライフステージの変化に合わせて環境を整えているイメージですが、GMOの樋口さんはどうお考えですか?

GMO・樋口:私は47歳ですが、まだ現場の最前線にいますよ(笑)。私は働きやすい環境を整えるために、「リモートワーク」を始めた話をしたいと思います。

――リモートワーク、最近増えていますよね。

GMO・樋口:GMOでは2000年に、Windowsを使ったポスティングサービスをつくりました。でも当時社内のWindowsエンジニアは私一人しかいなかったんです。何か起きたら私が24時間365日対応しなくてはいけない状況でした。いつ何時でも、車を飛ばしてでも会社に行かなきゃ!なんて大変すぎますよね。その時から、会社のシステムを家につないでリモート作業ができるようにしました。当時はあくまで緊急用のリモート、といった感覚です。

そして2011年、東日本大震災が起きました。ほとんどの社員が出社できず、サービスを安定的に提供できなかった。その時にリモートワークの必要性が叫ばれたんです。

震災がきっかけで、GMOでは今でも年に1回、全社員がリモートワークをする日を定めて防災訓練をするようになりました。以来、会社の意識も変わってきましたね。

――確かに、リモートワークは便利そうですね。

GMO・樋口:リモートって確かにすごく便利ではあるんですが、会社からしてみると勤怠や社員の体調管理がしづらいというデメリットも多い。そのあたりの環境整備や調整は今後も必要だと思いますね。

DeNA・西野:仕事をする場所と休む場所がどちらも自宅というのは社員にとっても難しいですよね。仕事と休日の境目が曖昧になりがちで、人によっては夜遅くや休日もダラダラと仕事を続けてしまったりということもありそうです。働き方の多様化が進めば、それに伴って時間管理などの自己管理能力もしっかり身につけていく必要がありそうですね。

――ありがとうございます。サイバーエージェントの井上さんは、エンジニア歴16年とのこと。エンジニアとして、長く働く上で大切なことはありますか?

サイバー・井上:私はモノづくりではなく、問題を解決すること自体に喜びを感じるタイプのエンジニアなので、常に情報収集を怠らず、技術を研鑽しながら問題が発生したときにるように心がけています。


終身雇用が当然だった時代が終わり、エンジニアたちは自身のライフステージに合わせて、働く場所や環境を自ら見つけ出さなければならなくなっている。しかし、それは言い方を変えれば自ら選択できる余地が格段に拡がったということ。

自分自身で理想の働き方を実現できる時代だからこそ、何にやりがいを感じるのか、何を成し遂げたいのか、自身の思いに改めて向き合っていく必要があるだろう。

▼編集部オススメの求人特集

『ITエンジニア×年収500万円以上』の案件一覧を見る
顧客と直接関われるITエンジニア求人を見る
自社内で開発できるITエンジニアの求人を見る
『急募×新着求人』のITエンジニア・ITコンサルタント求人を見る

取材・文/大室倫子(編集部)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集


記事検索

サイトマップ



日本マイクロソフト株式会社 【マイクロソフトサポートエンジニア】トップ…

日本マイクロソフト株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社富士通エフサス【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

i Nations株式会社 【ITエンジニア】未経験からエンジニアへ!◆有給休暇取…

株式会社TAP プログラマ/完全自社開発/システム開発/5年連続110%成長…

ザ・パック株式会社【東証一部上場企業】 【生産技術エンジニア】未経験…

キリンビール株式会社 生産設備エンジニア/建築系・機械系・電気系エン…

DKSHジャパン株式会社 【サービスエンジニア】世界No.1シェアを有する…

ソニーエンジニアリング株式会社 [機械設計] ~ソニー製品の機械設計/機構…

株式会社東京ウエルズ 製造エンジニア*実務未経験OK*賞与9ヶ月分(過去…

「全てがコードで定義される世界の先頭を走りたい」DMM新CT...

メルカリがトップクラスのエンジニアを投入して「人事評価システ...

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

「自律型ロボットで“物流”に魔法をかける」立命館大発ベンチャ...

「新規プロダクト開発」成功の明暗を分ける6つのこだわり【及川...