アイキャッチ

QAエンジニアとは? 仕事内容・将来性やキャリアパス、おすすめの資格を紹介

エンジニア辞典

近年、ソフトウエア開発において、品質管理、改善や保証、セキュリティー面などの項目がより重要視されるようになりました。「システムに誤作動がないだけではなく、しっかりとユーザーが使いやすい仕様になっているか」という視点を持つことが、ソフトウエアの優位性を高めることにつながるからです。

そこで需要が高まっているのがQAエンジニア(quality assurance engineer)です。

テストエンジニアからのキャリアアップを目指す人が多い職種としても知られているQAエンジニア。本記事では、具体的にどのような仕事内容なのか、その将来性やキャリアアップの方法などを詳しく紹介します。

QAエンジニアの具体的な仕事内容・必要なスキルとは?

QAエンジニアは、ソフトウエアの品質保証のために、品質計画の立案や動作テスト、品質管理・改善・保証を行うなど、その担当業務は広範囲にわたります。その際に、エンジニアとしてのスキルはもちろんのこと、品質管理基準に関する知識も求められるのです。

そこでこの章では、QAエンジニアの具体的な仕事内容と、必要な知識・スキルについて見ていきましょう。

QAエンジニアの仕事内容とは? テストエンジニアとはどう違うの?

QAとは「Quality Assurance」の略で、「品質保証」のこと。つまりQAエンジニアは「品質保証」を目的に、計画の立案や動作仕様の確認、品質管理を行うエンジニアのことを指します。

一般的には、テストの計画⇒設計⇒実行⇒結果報告、という流れで、システムの品質に問題が無いかをチェックしていきます。

QAエンジニアの主な仕事の流れ

上記が基本的な流れではあるものの、プロジェクトによっては各段階の順番や比重を変えたり、ときには改善提案やセキュリティー面でのアドバイスを行ったりすることもあります。どこまでを担当するかは、プロジェクトによって異なるため、「ここまでを担当するのがQAエンジニアだ」と一概に定義することは難しいでしょう。

また、「テストを担当するということは、テストエンジニアと同じような仕事?」と考える方もいるかもしれませんが、テストエンジニアとQAエンジニアは異なる職種です。

テストエンジニアはプログラムの不具合やバグがないかをテストする一方で、QAエンジニアは完成品に対してユーザー視点で動作や耐久をテストします。つまり、「間違いがないかを確認する」のがテストエンジニア、「使いやすいかを確認し改善する」のがQAエンジニアです。

また、QAエンジニアは、システム開発の計画段階からプロジェクトに参画することも多く、品質計画(テスト設計)を作成したり、動作テストや品質の管理・改善を行ったりもします。システムが完成した後の最終確認者として活躍する場合もあります。

このように、QAエンジニアの役割は、プロジェクトによって変わることが多いです。そのため、求められるスキルや、年収なども会社やプロジェクトによって幅広く設定されています。

目安の年収は、400万円〜700万円程度ですが、未経験からスタートする場合は300〜400万円程度の求人が多いようです。

QAエンジニアは必要なスキルを身に付ければそれだけ任せられる仕事の幅も広がり、自然と年収アップにもつながります。

さらに近年では、企業側に「品質を保つ・高めることが保つことがサービスの向上につながる」という考えが根付いているため、QAエンジニアのニーズは高騰しています。その分、責任の大きな仕事ではあるので、日々スキル向上に努める必要があります。

QAエンジニアに必要な知識やスキルとは?

続いて、QAエンジニアになるために必要な知識・スキルについて紹介します。

QAエンジニアには、大きくまとめると、以下の四つの知識が必要です。

・ソフトウエア開発
・プログラミング
・テスト技法
・品質マネジメント

その一つ一つを見ていきましょう。

QAエンジニアに必要な知識・スキル
1.ソフトウエア開発の知識

そもそもソフトウエアがどのようにして動くのか、どのような工程で開発を行っているのかが分からなければ、どこをどう改善できるかフィードバックすることができません。そのため、QAエンジニアは、開発全体の流れを把握しておく必要があります。

2.プログラミングの知識

QAエンジニアは、ただテストをするだけではなく、その結果をもとに品質評価をし、改善するスキルが求められます。その際に必要なのが、プログラミングの知識。ソフトウエアの品質を評価するには、開発時に使われたプログラミング言語を知らなければ、どのように改善すればいいのかをフィードバックできません。

3.テスト技法の知識

QAエンジニアの業務内容に「テスト」は欠かせません。しかしひと口にテストといっても、方法はさまざま。システムやサービスによって使う技法も変化するため、どのようなテストを行うのかを見極める必要があります。

4.品質マネジメントの知識

QAエンジニアは、テスト工程の管理を行ったり、保証の質を向上させるための改善を行ったりと、品質保証における工程のマネジメント力が必要とされます。ただし前述した通り、QAエンジニアは業務範囲が広くプロジェクトによっても異なってくるため、その内容によってマネジメントの範囲も変わってきます。

QAエンジニアの将来性とキャリアパス

先述したとおり、QAエンジニアの需要や市場価値は高まっています。ただし、その需要に将来性はあるのか、どうすればよりニーズの高いQAエンジニアになれるのか。気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの章では、QAエンジニアの将来性について、詳しく解説していきます。

QAエンジニアの需要と将来性は?

近年、企業にとって「ソフトウエアの品質向上」は自社の売上げに欠かせないポイントとなっています。一昔前であれば「正しく動作するソフトウエア」が良いとされていましたが、各社の競争が激化したことで、「ユーザーにとってより良いソフトウエアを開発すること」が求められるようになったのです。

そのため「ただソフトウエアを開発する」だけではなく、ユーザー視点で不具合があるかどうか、使いやすいかどうかをテストするQAエンジニアが注目されるようになりました。

さまざまなシステム開発の現場で品質保証業務は欠かせなくなってきているので、QAエンジニアは今後無くなることはない職業とも言われています。

AI技術などによりシステム開発の自動化が進んでいますが、ソフトウエア開発ではどうしてもエラーが起きたり仕様通りに動作しなかったり不具合が起きてしまうものです。そこで、AIでは判断できないユーザー目線に立って品質保証を行う人間の存在、QAエンジニアが必要不可欠となるのです。

つまりQAエンジニアはなくなることがなく、またあらゆる業界から期待されている存在です。ただし前述したように、QAエンジニアは業務の幅が広いため、その担当範囲や仕事内容、持っているスキルによって、年収などは変わってきます。

QAエンジニアのキャリアパスとは?

続いて、QAエンジニアのキャリアパスについて紹介します。

QAエンジニアに求められる業務や知識は多岐にわたりますが、どの工程のスペシャリストとしてキャリアアップしたいのかで、その職種名が変わります。

その中で、主なキャリアパスには、以下の四つが選択肢として挙げられます。

・QAコンサルタント
・QAマネジャー
・テストアナリスト
・シニアQAエンジニア

QAエンジニアの主なキャリアパス
1.QAコンサルタント

QAコンサルタントは、ソフトウエアやサービスの品質を保つ上で起こるかもしれないリスクについて現場にヒアリングをし、どのように改善できるのか考え、提案する職種のことを指します。

QAコンサルタントは、プログラミング力、ソフトウエア開発やテスト機能の知識に加え、コミュニケーション力と提案力が必要となります。

2.QAマネジャー

QAマネジャーはいわゆるQAエンジニアのリーダーのことを指します。製品テストをする際に計画立案をしたり、提案をしたりと、製品の品質を保ち、課題を解決するためのリーダーとして働きます。

QAエンジニアとしてのキャリアはもちろん、マネジメント能力と責任感が求められるのがこの職種です。

3.テストアナリスト

テストアナリストは、システム開発において不具合がないかを分析し、その結果のフィードバックをする職種のことを指します。

アナリストが分析という意味を持つように、ソフトウエアやサービスのテストをした段階での高い分析能力が求められます。

4.シニアQAエンジニア

シニアQAエンジニアは、名前の通り、QAエンジニアのスペシャリストです。

先ほどご紹介した、プログラミングやソフトウエア開発、そして品質マネジメントの知識をはじめとした、QAエンジニアに求められる知識と、高い技術力が求められます。

QAエンジニアとして取得しておきたい資格

最後に、QAエンジニアとして知識を深めるために、取得しておきたい資格を紹介します。資格を取得することで、QAエンジニアとしての市場価値の向上にも役立つでしょう。

おすすめする資格は、以下の四つです。

・ソフトウエア品質技術者資格認定
・JSTQB認定テスト技術者資格
・QC検定
・IT検証技術者認定試験

はじめに、ソフトウエア品質技術者資格認定です。これはQAエンジニアとして基礎的な知識を身に付けるためにぜひ取得しておきたい資格。試験の内容は、ソフトウエアのテストや評価の仕方について知識があるかを問われます。QAエンジニアとして腕試しをしたい方も、ぜひ受けてみるといいでしょう。

次に、JSTQB認定テスト技術者資格です。この資格はソフトウエアテストの基本的な知識を見るFoundationと、テストマネジャーとしての資質が求められるAdvanced、テストアナリストとしての能力が見られるExpertの3段階に分かれています。

最後に、品質管理知識を問うQC検定は、4段階のQCレベルに分かれています。QAエンジニアをはじめ品質管理全般の知識が求められる職種の人は、1級もしくは準1級レベルを目指すといいでしょう。

まとめ

企業からの注目度も高く、今後も高いニーズが期待されるQAエンジニア。

プロジェクトによっては多くの知識やスキルが問われる職種ですが、ソフトウエア開発の“最後の砦”として品質管理を行うやりがいは大きいものです。

マルチな技術力や最新の知識を身に付け、レベルの高いQAエンジニアを目指していきましょう!

Twitterをフォローしよう

この記事をシェア

RELATED関連記事

RECOMMENDEDあなたにオススメ

RANKING人気記事ランキング

JOB BOARD編集部オススメ求人特集





サイトマップ