キャリアVol.678

バンダイナムコスタジオのヒットメーカー・あすなこうじ氏が考える、「モノづくり人」の根本にある共通点とは

数々のヒットゲームを世に送り出してきたあすなこうじ氏。2018年4月、あすな氏の著書『プログラミングのはじめかた』(サイエンス・アイ新書)が発売となった。

しかし、あすな氏はエンジニアではなくゲームプランナー。なぜ彼は、本業ではないプログラミングの入門書を著したのだろうか? この本にこめられたメッセージとは一体何なのだろうか?あすな氏に話を伺った結果、「人々が忘れかけているモノづくりの本質」が見えてきた。

あすなこうじ

株式会社バンダイナムコスタジオ
あすなこうじ氏

大学卒業後、ゲーム制作会社に企画担当として入社。その後、数度の転職を経て旧ナムコに中途入社。2014年には『ゲーム作りのはじめかた』(SBクリエイティブ)を執筆。今年4月には新著『プログラミングのはじめかた』(サイエンス・アイ新書)が出版された

ヒットメーカーのキャリアは「流れに身を任せて」築かれた?

「僕、熱心に就職活動をする大学生じゃなかったんですよ」

そもそもなぜゲームプランナーに?という質問に、あすな氏は少し困ったように笑いながらそう答えた。

ゲームの世界には、いつまでも遊び心を忘れないやんちゃな大人が集う印象だ。豊富な知識と情熱を持つ“ゲーム愛”満載な人々が多いのではないか……というこちらの勝手な想像とは裏腹に、あすな氏は別段ゲーム関連の仕事に思い焦がれていたわけではないらしい。もちろんゲームは好きだったし、在学中は経営情報学科だったため多少はプログラミングにも触れていた。しかし、まさか自分がゲームの世界で働くことになるとは想像していなかったようだ。

あすなこうじ

「就職先が見つからずにいた時、たまたま手に取った情報誌で『ゲームプランナー募集』という見出しが目にとまったんです。どうにかゲーム制作会社に入社が決まって、企画の仕事をもらいました。来る日も来る日も企画書を書いて、ほとんどがボツになって。そうこうしているうちに、その会社が倒産してしまったんです。

当時、とあるPlayStation版ゲームのプロジェクトが進行していたので、どうにかそれだけは完成させなければと思い、クライアントだったメーカーと直接契約を結ぶかたちで企画・開発を続けました。そのゲームが無事納品された後、プロジェクトメンバーが立ち上げた会社に入ったんです。」

新たな会社で、あすな氏は本格的にゲームプランナーとしてのキャリアを歩み始める。キャラクターやサウンド、ステージ設定等に触れたのもこの時期だ。当時を振り返りつつ、あすな氏は自身の幼少期について語ってくれた。

「思い起こせば、子どもの頃からオリジナルのゲームを作るのが好きだったんですよね。ゲームといっても、紙に描いたキャラクターを切り抜いたようなアナログなものですが、自分が作ったゲームで友だちが楽しそうに遊んでくれるのが嬉しかったんです」

プログラミングは、伝えるための手段。でも「初心者には優しくない」世界だった

その後、現在のバンダイナムコスタジオに中途入社したあすな氏。プロデューサーに対してプレゼンを行う機会に恵まれたあすな氏だったが、ここで大きな壁にぶつかった。

「新しいパズルゲームをプレゼンするために、厚紙を切り抜いて作ったピースを使って説明したんですよ。『これがこうなって、こうなるんですよ。面白いでしょ』という具合に熱弁したのですが、プロデューサーはピンとこない顔をしていて、最終的には『よくわかんないね』と言われてしまいました」

このプロデューサーの一言が、あすな氏を奮い立たせた。面白いものを作って人に喜んでもらいたい……子ども時代からあすな氏が(知らず知らずのうちに)抱いていた思いに火が点いたのだ。

あすなこうじ

「『このゲームは絶対に面白い』という自信があったので、どうにかして伝えたいと考えました。その結果、実際に操作して遊べる試作を作ればいいんだという結論にたどり着いたんです。さっそく書店でテキストを買って、Javaを勉強しながら自分でプログラミングしました」

四苦八苦しながら作成した試作をプロデューサーに渡して数日、めでたく企画が採用された。聞くと、プロデューサーは試作を何時間もやりこむほどゲームを楽しんだという。

これ以来、個人的にもゲームを作るようになっていったあすな氏は、いつしか「誰でも気軽にゲーム作りができる入門書があれば、もっと多くの人が楽しめるようになる」と考えるようになる。

「プログラミングを勉強しようと思って書店に行った時、初心者でもわかるプログラミング入門の本がほとんどなかったんですよ。だから、初心者だった僕が作れば、わかりやすいかなって思いまして」

こうして生まれたのが2冊の著書、『ゲーム作りのはじめかた』『プログラミングのはじめかた』というわけだ。

誰もがきっかけは「楽しい」だったはず。プログラミングを覚えた頃の気持ちを思い出して

今年4月に出版となった『プログラミングのはじめかた』は、Unityをダウンロードするところから始まり、ゲーム作りを進めていく手法を分かりやすく解説する内容。ゲーム作りをベースにした理由は、もちろん自身がゲームに携わる仕事をしているからでもあるが、「楽しさを知ってもらうために、ゲーム作りは最適」だと思ったからだという。

「多くの書籍は、理論的な説明から始まり、コードの意味や法則みたいなものが続いていくイメージです。もちろん、エンジニアを志している人には有意義だとは思いますが、あくまでも私が伝えたいのは『プログラミングで楽しいものが作れるから、トライしてみようよ』ということなので、こういう本にしたんです」

プログラミングは、楽しさを体感できる作業であり、楽しさを多くの人に届ける手段であるはず……それが、あすな氏の持論だ。さらに、あすな氏はこう続けた。

「例えば、キャラクターに好きな名前がつけられるだけでもワクワクしますよね。プログラミングスキルが上がっていくうちに、『敵キャラは何人にしようかな』『ステージはどうしよう』なんてことも考えられるようになっていくわけです。それが楽しいんですよ。その感覚を、多くの人にシェアしたかったんです」

同著の想定読者は、お察しの通り非エンジニアだ。しかしよくよく聞くと、そこには現役のエンジニアに向けたメッセージもこめられていた。

あすなこうじ

「すでにプロのエンジニアとして活躍している人たちだって、プログラミングを覚えた頃は、純粋に『楽しい』と感じていたと思うんです。でも、それが仕事になってやらなければならないことが増えていくうちに、いつの間にかしんどくなってしまう。どことなく疲れて見える目も、最初の頃はキラキラしていたはずなんです。

たしかにこの本は初心者の方に向けて書きました。ですが、もしエンジニアの方が手にとってくれるのであれば、僕がこの本を通じて伝えたかった『楽しい』という気持ちを、少しでも思い出してもらえたらいいなと思います」

あすな氏は、ゲームプランナーとして日々凄腕エンジニアと向き合う立場にいる。最後に、「エンジニアに向けたメッセージはありますか?」とたずねたところ、返ってきた答えは「楽しむこと」を大切にしているあすな氏らしいものだった。

「プランナーとしては、エンジニアの皆さんともっとケンカしたいですね!『こっちの方が面白いと思うのに』とか、『こういう風にも作れるんだけどな』とか、思っていることを押し殺していたら、エンジニアだって楽しくないですよね。だから僕は、エンジニアともたくさん議論しながらゲームを作っていきたいんです。そうした方が、絶対面白いものができると思いませんか?

僕、仕様書を完成させていない状態でエンジニアに渡したりする事もあるんですけど、それは残りを一緒に考えていきたいから。普段は仕様書通りに作ってくれるエンジニアでも、『もっと良いものにしたいんだけど』と相談されたら、言いたいことはたくさんあるはず。そうやってアイデアをぶつけ合えるような人が増えたら、ゲーム開発はもっともっと楽しくなる気がしています」

あすな氏は、そう言ってにこやかに笑った。今もその心の中には、自作のゲームを友だちと遊んで楽しんでいた小学生の頃のあすな氏が生きているのだろう。

取材・文/森川直樹 撮影/秋元祐香里(編集部)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集


記事検索

サイトマップ



日本マイクロソフト株式会社 【マイクロソフトサポートエンジニア】トップ…

日本マイクロソフト株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社富士通エフサス【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

i Nations株式会社 【ITエンジニア】未経験からエンジニアへ!◆有給休暇取…

株式会社TAP プログラマ/完全自社開発/システム開発/5年連続110%成長…

ザ・パック株式会社【東証一部上場企業】 【生産技術エンジニア】未経験…

キリンビール株式会社 生産設備エンジニア/建築系・機械系・電気系エン…

DKSHジャパン株式会社 【サービスエンジニア】世界No.1シェアを有する…

ソニーエンジニアリング株式会社 [機械設計] ~ソニー製品の機械設計/機構…

株式会社東京ウエルズ 製造エンジニア*実務未経験OK*賞与9ヶ月分(過去…

「全てがコードで定義される世界の先頭を走りたい」DMM新CT...

「新規プロダクト開発」成功の明暗を分ける6つのこだわり【及川...

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

英文メールでよく見る「略語」の意味は? 海外エンジニアに聞い...

フリーランスエンジニアに聞く、最速で「時給5000円以上」人...