キャリア Vol.944

LinkedIn村上臣に聞く、転職で失敗しないためにエンジニアが知っておくべき3つのこと

日本企業で働くエンジニアが給料・待遇をアップ目指すために大切なことは何なのか。前編の記事で、ビジネス特化型SNS『LinkedIn』を運営するリンクトイン・ジャパンの日本代表、村上臣さんに話を伺うと、「エンジニアリング×日本のマーケット×英語力」の掛け算で自分の価値を高め、エンジニアを高待遇で採用しているグローバル企業に転職することが一番の近道だと教えてくれた。

では、具体的にエンジニアが転職を考えはじめたときに、ミスマッチを防ぎ「働きやすい環境」に行くためにはまず何をするべきなのか。引き続き村上さんに話を伺った。

リンクトイン・ジャパン株式会社 日本代表 村上 臣さん
リンクトイン・ジャパン株式会社
日本代表 村上 臣さん(@phreaky
学生時代にITベンチャーを起業。その後、ヤフーに買収される形で同社に入社。『Yahoo!モバイル』『Yahoo! ケータイ』などの開発に携わる。2012年4月、ヤフー執行役員兼CMO就任。2017年11月、リンクトイン日本代表に就任

エンジニアが転職を考えたらまずやるべきこと

前半の記事では、日本のエンジニアが給料アップを目指すために効率の良い方法をお伝えしました。ただし、「今より給与が高いから」という理由だけで転職先を選ぶことはお勧めしません。それは単に隣の芝は青く見えるだけであって、実際に転職してみると給与以外に満足できないことが出てくるケースが多いからです。では、本当に自分が働きやすい環境を手に入れるには何をすべきか。僕は次の3つが重要だと考えています。

リンクトイン・ジャパン株式会社 日本代表 村上 臣さん

【1】自分が心地良く感じる環境を知る

まずは「自分はどんな環境で働くと心地良く仕事ができるのか」を知ることが大切です。チャレンジングな課題に取り組むのが楽しいとか、決められたことを淡々とミスなくこなすのが好きとか、定時で帰って家族と過ごしたり趣味を楽しんだりできる働き方がいいとか、モチベートされる環境は人それぞれ違うはずなので、まずはそれをきちんと考えてみるべきです。

僕がヤフーから今の会社に転じたのも、リンクトインの社長から「経済的機会を全ての働く人々に提供し、皆が良い仕事や生活を手にしてハッピーになれる社会を目指す」というビジョンを聞いて、「圧倒的に楽しいことをしてる会社じゃん!」と思ったから。もちろんお金も大事ですが、人生の中で仕事に費やす時間は長いのだから、やっぱり楽しくて心地良い場所を選ばないともったいないと思います。

【2】社外の人と交流して市場環境を知る

エンジニアは営業職などと違って社外の人と接する機会があまりないので、人材市場における自分の価値をよく分かっていない人が少なくありません。これだけIT人材が不足していて、高い給与を払ってでもエンジニアを採用したがっている企業は多いのに、それすら知らないことも多い。自分の市場価値を知るには、まず市場環境を知らなくてはいけません。

そのためには社外の人と交流したり、他社の様子を知るようにするのが一番です。というわけで、皆さんにはぜひ『LinkedIn』を利用して頂きたい(笑)。これは冗談ではなく、『LinkedIn』なら日本を含め世界中のビジネスに関わる人たちとワンプラットフォームでつながることができるので、外の世界の情報にいくらでも触れられます。サインインすれば登録者のプロフィールが見放題なので、「この会社にはこんな経歴を持つ人が転職しているんだな」とか「この会社のエンジニアはこんな仕事をしているのか」といったことが分かります。気になる人がいれば、連絡して詳しい話を聞くこともできる。こうして多くの情報に接するうちに、市場の相場観が掴めてくるはずです。

【3】市場が求めるものと、今の自分とのギャップを知る

もし転職したい会社があるなら、採用担当者を探して自分からメッセージを送ることもできます。GAFAを含む多くの海外企業が『LinkedIn』を通じて採用を行なっているので、「自分にできる仕事はありますか」と直接聞いてみればいいんです。現時点では採用につながらなかったとしても、「こんなスキルを身に付ければ可能性がある」「英語はこれくらい話せないとうちでは厳しい」といった具体的なフィードバックがもらえます。

どんな人材を求めているか、その企業の人が直接教えてくれるのですから、あとはそれを目標にして勉強やスキルアップをすればいい。ただ闇雲に頑張るのではなく、自分に足りないものを知った上でそれを補う努力をすればいいので、非常に効率的です。

日本のエンジニアは、もっと強気になっていい

最後に付け加えると、大事なのは「自分はいつでも転職できる」という意識を持つことです。実際に今すぐ転職するかどうかは別として、「機会があればいつでも今の会社を出られる」という状況をつくっておく。もし理不尽な待遇や働き方を強いられているなら、精神的に追い詰められて不幸なことになる前に、我慢せず転職すればいいんです。特に20代のうちに一度転職を経験しておくと、その後のキャリアにも役立ちます。新しい環境に飛び込むのは不安もあるけれど、それを乗り越えて適応するスキルが身に付けば、次に大きなチャンスが目の前に来たときもためらわずにパッと掴み取ることができるはずです。

リンクトイン・ジャパン株式会社 日本代表 村上 臣さん

僕はすべての人がキャリアのオーナーシップを自分の手に取り戻すべきだと考えています。これまで日本人は、自分のキャリアを年金手帳と一緒に会社に預けていた。その代わりに会社は終身雇用で社員を守り、一定の待遇とキャリアアップを約束したわけです。でもすでにそんな関係は終わっている。これからは、自分のキャリアは自分で考え、求める仕事や環境を自ら取りにいく時代です。今の市場環境では、エンジニアの需要は供給より圧倒的に多い。外に出ていくマインドさえあれば、今より良い会社が必ず見つかりますよ。

>>前編の記事はこちら

取材・文/塚田有香 撮影/吉永和久

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

株式会社システム・リノベイト
記事検索

サイトマップ



記事ランキング

「僕らはVRづくりを急ぎすぎてしまった」VR ZONE、MAZARIAの開発者が描く“VR爆発的普及”への道筋【コヤ所長×タミヤ室長】

「僕らはVRづくりを急ぎすぎてしまった」VR ZONE、MA...

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まないためのキャリア戦略

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

データサイエンティストとは?平均年収・将来性・目指し方を解説!

データサイエンティストとは?平均年収・将来性・目指し方を解説...

英文メールでよく見る「略語」の意味は?アメリカ&シンガポール企業で働くエンジニアが解説

英文メールでよく見る「略語」の意味は?アメリカ&シンガポール...

『N高投資部』講師がエンジニアに伝えたい「AI時代に数学が新たな人生を拓く可能性」

『N高投資部』講師がエンジニアに伝えたい「AI時代に数学が新...

TAGS

「type転職エージェント」無料転職サポートのご案内