アイキャッチ

ミッション・バリューへの共感は偽れない? メルカリ採用担当が明かす「転職者の本質」見抜くエンジニア採用の裏側

NEW!  転職

type編集長が注目企業の人事にインタビュー

採用の裏側「エンジニアの代わりに聞いてきます!」

総合転職サイト『type』編集長が、エンジニアの転職先として人気度・注目度が高い企業の人事に採用の裏側を取材。選考プロセスや「今」欲しいエンジニア像について、転職者が聞きにくいアレコレを代わりに聞いています!

本連載の初回にtype編集長が話を聞きに行ったのは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことをミッションに掲げるメルカリ。

世界基準の技術・組織・カルチャーを持つ真のグローバルテックカンパニーを目指し、ここ数年は多様なバックグラウンドを持つエンジニアを国内外で採用している。

そんなメルカリがいま求めるエンジニアとは、一体どんなスキル・マインドセットを持った人物なのだろうか。

選考プロセスの中で重視するポイントやエンジニアが後悔しない転職をかなえるための秘訣について、同社で中途採用を担当する橋本真帆さんと瀬谷麗花さんに聞いてみた。

プロフィール画像

株式会社メルカリ
Marketplace Talent Acquisition, Manager
橋本真帆さん

2018年11月にメルカリへ入社。コーポレートやエンジニアの採用担当などを経て、21年4月よりMarketplace Talent Acquisitionチームのマネージャーに就任
採用情報:EngineeringPeople

プロフィール画像

株式会社メルペイ
Fintech Talent Acquisition, Recruiter
瀬谷麗花さん

2018年10月にメルペイへ入社。HR・Merchant部門などのオペレーション業務を経て、21年7月よりメルペイのHRBP・リクルーターへジョブチェンジ。現在はエンジニア・コーポレート職を中心に採用を担当

プロフィール画像

【聞き手】
type編集長 三ツ橋りさ

2006年4月、株式会社キャリアデザインセンターに入社。転職情報誌『Womantype』の編集を経て、転職サイト『女の転職@type(現・女の転職type)』のUI/UX改善やサイトリニューアルなどに従事。13年04月~15年12月まで『女の転職@type(現・女の転職type)』の編集長に就任。産育休を経て16年11月より転職サイト『@type(現・type)』の編集長として復職。19年10月より2度目の産育休を取得し、21年5月に復職。21年6月からtype編集長に就任し現在に至る

応募は集まるも「エンジニア採用には苦戦」

type編集長 三ツ橋

「メルカリで働きたい」というエンジニアの方は多いですよね。
この1~2年で採用に変化はありましたか?

橋本さん

円安の影響で、以前と比べて海外国籍を持つエンジニアの採用が特に難しくなりました。

日本円に換算すると報酬が低くなったように見えてしまうので、「だったら違う国で働きます」と辞退されてしまうんですよね。

瀬谷さん

ここ1~2年に限った話ではないのですが、日本国内でのエンジニア採用も難しいですね。ありがたいことにご応募はたくさんいただきます。

その中から、私たちが求めるスキルやマインドを持った方を採用できるかというと、なかなか難しい。 近年、より難易度が高くなってきていると感じています。

type編集長 三ツ橋

採用に苦戦しているとは意外です。

やはり、高い技術力やミッション・バリューへの共感など「メルカリが求めるエンジニア」がそもそもマーケットに少ないことが原因なのでしょうか?

瀬谷さん

その通りです。ただ、コロナ禍を機に『YOUR CHOICE』という制度を導入してから、時間や場所を問わず働けるようになったので、採用できるエンジニアの居住地も関東近郊から全国へと広がりました。

そういう意味では、採用のチャンスは以前より広がっているのかなと思いますね。

メルカリ
type編集長 三ツ橋

採用したいエンジニアとは、具体的にどんな人物なのでしょうか?

橋本さん

事業の成長に貢献できる技術力があることや当社のミッション・バリューに共感していることは大前提として、特に重視しているのは多国籍の方が集うようなマルチカルチャーな環境で働いたことがあるかどうか。

あとは、開発のリード経験ですね。より難易度が高い開発を、リーダーシップを持って経験してきたかどうか。そんなところを選考では見させていただいています。

瀬谷さん

加えて、私が担当しているメルペイ・メルコインでは不確定要素が多く、組織や開発体制の変更が起こりやすいので、変化の多い環境の中で自律的に働けたり、変化自体を楽しめるマインドを持っていたりするような方だとフィットしやすいと思いますね。

type編集長 三ツ橋

サービスや企業の成長フェーズによって、求める人物像も変わってきましたか?

橋本さん

そうですね。創業期や会社が急成長していた頃は、ミッション・バリューに共感していて、即戦力として活躍できるエンジニアの方を多く採用していました。

メルカリ
橋本さん

ですが今は、組織やサービスを中長期的に大きくしていけるようなシニアクラスのエンジニアを特に求めています。

type編集長 三ツ橋

昨年から、メルカリでは技術基盤強化に本腰を入れて取り組んでいますよね。その中で、特に活躍できるエンジニアは?

橋本さん

複雑な技術的課題の解決を楽しめる人ですね。

不確定要素が多い中で言われたことを単にやるのではなく、どうすれば課題を解決できるか自ら考えて実行することができる方を採用したいと考えています。

実績と技術力が分かるレジュメは「通す判断がしやすい」

メルカリ

メルカリのエンジニア採用の選考は、「書類選考→技術課題→面接(3回程度)→オファー(リファレンスチェックを実施)」の順に実施されている。また、面接では「STAR」と呼ばれる行動面接の手法を採用。過去の行動について質問をすることで、応募者の性格や価値観を深く掘り下げていく

type編集長 三ツ橋

続いて、選考プロセスのことを詳しく聞かせてください。最初の書類選考では、どこを重視して見ているのでしょうか?

橋本さん

社内で必要とされる技術力があるかどうかという点と、これまで何をご経験されてきたのかという点です。

技術力については、レジュメとあわせてGitHubの内容を人事および現場エンジニアで確認して判断するようにしています。

瀬谷さん

あとは先ほど橋本からもありましたが、多国籍メンバーと働いたことがあるかどうか、リード経験があるかどうかなど、現在特に重視している条件と合致するかどうかを確認します。

また、メルペイ・メルコインでは、マイクロサービス経験や金融業界経験は必須ではないですが、あれば入社後のキャッチアップやミッションへの共感といった観点でプラスになることが多いです。

もちろん、必ずそれらがなければいけないわけではありませんし、そういった経験がなくても活躍しているメンバーはたくさんいるので、あくまでプラスαではありますが。

type編集長 三ツ橋

どんなレジュメなら「通したい」と思いますか?

橋本さん

通す判断がしやすいのは、応募者の方の実績が分かりやすく記載されている場合ですね。

時々、すばらしい実績があっても、それがチームの実績なのか個人の実績なのかが分からない書き方になってしまっている方がいます。それはすごくもったいないなと思いますね。

type編集長 三ツ橋

そういう場合どうするんですか? 気になりはするけれどレジュメだけだとよく分からない場合、そこで落とすのか、とりあえず会ってみるのかでいうと?

橋本さん

まずは会ってみますね。あるいは、ここをもっと詳細に教えてくださいという感じで、レジュメの再提出をお願いすることがあります。

瀬谷さん

やはり、レジュメからその人がこれまでに果たしてきた役割だったり、実力値だったり、そういったものが具体的にイメージできると一緒に働くイメージを持ちやすくなります。

もしレジュメに書ききれない場合は、ご自身のブログやGitHubなど、技術力やご実績が分かるような補足情報を添えていただけると助かりますね。

橋本さん

メルカリでは、業務上でドキュメントに情報を起こしてテキストでコミュニケーションするカルチャーがあるので、文章で正しく伝える技術は入社後も問われます

なので、その観点でもレジュメの精度は重視していますね。

ミッション・バリューへの共感は「過去の行動」から見る

type編集長 三ツ橋

メルカリさんは採用関連の情報をオウンドメディア「メルカン」などでも積極的に発信されていると思うので、しっかり面接対策をしてくる人も多いと思うんです。それについてはどう感じていますか?

橋本さん

そうですね、日本のエンジニアの方は事前に記事などを読んだ上で、対策をされている印象を受けます。

海外国籍の方が何も対策していないというわけではないのですが、日本版のプロダクトしかないですし、英語での情報発信も日本語のものと比べると少ないので、日本人よりも対策しにくいとは思います。

でも、ミッション・バリューへの共感は口だけではなく、本当にそのバリューを体現した仕事ができる方なのか、再現性があるのかというところを面接で見るようにしているので、対策だけが重要というわけではありませんね。

type編集長 三ツ橋

とはいえ、面接の短い時間の中で候補者の本質を見抜くのは難しくないですか?

橋本さん

「STAR」という面接手法を使い、「Go Bold」「All for One」「Be a Pro」という三つのバリューに沿った質問をしていきます。

それで、過去にどれだけそれらのバリューに沿った行動ができているかというところを、項目ごとに評価していくんです。

要は、言葉だけではなく、過去の行動にそれがあらわれているかどうかを見るので、偽りにくいとは思うんですね。

メルカリ
type編集長 三ツ橋

なるほど、そうやって候補者の本質的な価値観や、行動に再現性があるかどうかを判断するわけですね。

面接する側もスキルを問われそうですが、そこはどうしているんですか?

橋本さん

面接官を務める人には、会社が用意したトレーニングを受けてもらっています。

また、個人の偏見で候補者を判断しないよう、『無意識バイアスワークショップ』なども受講してもらっています。

type編集長 三ツ橋

かなり徹底していますね。

面接は基本的には3回程度ということですが、各面接では何を重点的に見ていますか?

橋本さん

一次面接は、主に技術力などスキルフィットするかどうかを現場のエンジニアが見て判断します。二次は、マネジャーが面接官を務め、ミッション・バリューに共感して働ける方なのかどうかを見ていますね。

最終は役員クラスとの面接。二次で確認しきれなかったことや、ミッション・バリューに沿った事業貢献ができる方なのかを改めて判断します。

type編集長 三ツ橋

ちなみに、ミッション・バリューへの共感度は非常に高いけれど、技術力が足りない場合はどう判断しますか?

「採用して育てよう」なのか、「今回は見送ろう」となるのか。

橋本さん

基本的には「お見送りする」判断になると思います。
ただ、候補者の方とは選考が終わってもつながりを保ち続けるようにしているので、「また応募してくださいね」「またこちらからご連絡しますね」と伝えることがあります。

他の環境で実力をつけてもらい、再度応募してもらえるのは大歓迎です。

瀬谷さん

メルペイ・メルコインでは、チームの状況によって求める水準も変化するので、あくまでも技術課題を通過している前提ですが、面接でソフトスキルの高さや、ミッション・バリューへのマッチが高いことが確認できれば採用する場合もあります。

例えば、メルペイのバックエンドではGolangで開発をしていますが、選考時にGolangが即戦力レベルではなかったとしても、キャッチアップの素養が確認できれば、採用して育成するということもあります。実際、Golang未経験で入社して活躍しているメンバーはたくさんいますよ。

「メルカリ用の自分」はつくらない方がいい

type編集長 三ツ橋

ここまでのお話を聞いて、メルカリでは採用する候補者をかなり厳選していること、面接官の育成にも注力していることが分かりました。

でも、実際のところ採用のミスマッチは起きていないですか……?

瀬谷さん

正直にお伝えしますが、ここまで徹底していてもミスマッチ採用は稀にですが起こります。思ったより技術力がなかった、カルチャーフィットしなかった、などいろいろありますね。

type編集長 三ツ橋

なぜそうなってしまうと思います?

瀬谷さん

先ほど話にあがりましたが、面接対策がしやすいからこそ「メルカリ用の自分」をつくってきてしまう方もいるので。

ミッション・バリューへの共感を示すためのエピソードを用意してきてくれるのはいいのですが、それが実際よりも“盛っている”内容だった場合、入社後に期待値と実力値が合わず双方苦しむことになってしまいます。

type編集長 三ツ橋

後悔しない転職をかなえるためには、自分の気持ちや実力を偽らないことが大事だと。

瀬谷さん

はい。ほとんどの方は「メルカリのミッション・バリューに共感して」とおっしゃるのですが、本当にそう思っているかどうかはちゃんとご自身に問い掛けてみていただきたいですね。

内定をもらいたいからといって、無理に合わせなくていいと思います。

私たちも、同じような価値観の人ばかり採用したいとは思っていませんし、その方なりのすばらしい価値観があって、「これからのメルカリ」のカルチャーを一緒につくってくれそうな方なら全く問題ない。むしろ歓迎する存在です。

ご自身の次のステージとしてメルカリがふさわしいかどうかを、自分を偽らずに見極めていただきたいですね。

橋本さん

あとは、メルカリで長く働き続けられる方はサービスそのものより、コーポレートミッションに共感してくれている人が多いと思います。

type編集長 三ツ橋

「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションですね。

橋本さん

はい。このミッションは揺るぎないものですが、プロダクトやサービスは増えることもあれば、なくなることもある。実際、メルカリではこれまでに、さまざまな新規事業をつくり、そのうちいくつかは撤退も経験しています。

ですから、「このサービスが好きだから」という理由だけだと、それがもしなくなったときになぜここにいるのかが分からなくなってしまう。

たとえ、サービスがうまくいかない場合だったとしても「じゃあ、次はどういう手段でこのミッションを実現しようか」と前向きに考えられるかどうか。それ次第で、結果的に長く活躍できるのだと思います。

type編集長 三ツ橋

なるほど。新しい事業を始めるのも撤退するのも、いずれも大胆な決断ができるのはメルカリらしさとも言えますね。

橋本さん

はい。何をするかより、「何のためにするか」に共感できる企業に入社するほうが、きっとエンジニアの皆さんにとっても後悔のない転職になるのではないかと思いますね。

type編集長 三ツ橋

確かにその通りですね、お二人とも本日は貴重なお話ありがとうございました!

文/まゆ 写真・画像/メルカリ提供  取材・編集/三ツ橋りさ、栗原千明(ともに編集部)

Twitterをフォローしよう

この記事をシェア

RELATED関連記事

RANKING人気記事ランキング

JOB BOARD編集部オススメ求人特集




サイトマップ