キャリア Vol.230

Android Wearを2週間使ってみたが、アイデア1つですごく儲かると思う【連載:村上福之】

株式会社クレイジーワークス 代表取締役 総裁 村上福之(@fukuyukiケータイを中心としたソリューションとシステム開発会社を運営。歯に衣着せぬ物言いで、インターネットというバーチャル空間で注目を集める。時々、マジなのかネタなのかが紙一重な発言でネットの住民たちを驚かせてくれるプログラマーだ

Android Wearを使って、2週間くらい経ったんですけど、かなりウエアラブルの可能性を感じています。

From gilipollastv 個人的に注目しているAndroid Wear
From gilipollastv 個人的に注目しているAndroid Wear

もちろん、対応アプリが少なく、いろいろと不満は多いので、一般消費者が使うとスムーズにいかない部分があります。ただ、サービス開発者側の人間が使うとかなり未来を感じますし、これでいろんなサービスやビジネスを考えてしまうなーと。

ウエアラブル、ウエアラブルと脳内でグチャグチャ言ってるよりも、肌感覚で分かるのは大きいと思います。

正直言うと、僕はGoogleの最初のハードウエアでさんざん騙されてきたので、オオカミ少年のような気持ちでAndroid Wearを購入したんですが、「思ったよりはアリ」なハードウエアだったので、思いつくままに書いてみます。

スマホ触るのがめんどい病になる

Android Wearでは、LINEやGmailやFacebookメッセージやLINEの通知と内容を見ることができます。「それがどうした!」と聞いた時は思いましたが、使ってみると意外と便利です。

スマホが普及して、もうメールを読むくらいでPCを起動するのが面倒くさいと思うようになりました。同じように、もうメールやLINEくらいでスマホを取り出すのは面倒くさいと思うようになりました。

特に会議や会食中にスマホを触るのは非常に失礼なので、腕時計を見るだけでメールやメッセを読めるのはでかい。この感覚になった時、Android Wearはやばいなーって思いました。

GmailやGoogle Hangoutは、すでにアプリ側で対応が実装されており、返信までできます。返信は音声入力です。「了解しました!」、「検討します!」程度の短くて一般的な返事ならば、問題ないように思えます。

「とりあえず読んだからグチャグチャ言うな」程度のメールなら、これでいいんじゃないですかね。

一方で、LINEなどの重要アプリが、返信まで実装されていないので、そのあたりが残念だったりしますが、時間が解決すると思います。

Android WearはB2Bで儲かりそうな匂いがする

個人的には、B2CよりもB2Bでウエアラブルの可能性をかなり感じています。多くの業務で大量導入をすることができると思っています。

物理的にクリティカルな仕事ほど、意外と両手を使うことができません。そういった案件でウエアラブルはかなり可能性を感じています。

皆さんがオフィスの外で触れるビジネスを考えてみてください。コンビニの店員、タクシーの運転手、医療従事者、スーパーの店員、美容師、調理師、物流センター……。ほとんどがスマホを導入したくても、そもそも両手が別のことに使われているので、導入が難しい領域でしたが、それが全部ターゲットになります。

例えば、医療従事者は多くの施術中にスマホを触ることができません。ウエアラブルになれば、リアルタイムに他の患者の状況を把握することができます。

レストランのコックが厨房でフライパンを握ったまま、次に作る料理を腕を見るだけで把握できたりします。非常に少ない人数でやりくしている美容室でも、美容師さんがハサミを握りながら、ネット予約の状況を知ることができます。

何より、Android Wearは画面が狭すぎて、UIが異常にシンプルです。フリックとタッチくらいしかありません。多くのこういう現場でスマホを導入しようにも、いろいろとトレーニングコストなどが発生しましたが、UIがシンプルすぎて発生しないように思います。

そんなわけで、いろんな提案書や企画書が書けそうな気がしています。

GoogleにできてAppleにできないAndroid Wear

Android Wearがすごいのは、Google Nowを使ったノーオペレーションをやっていることです。

Google Nowは、最初こそヘッポコでしたが、どんどん精度が上がっているように思います。

例えば、PCでGoogleを使ってレストランを検索していたら、どうもGoogleアカウントでの検索履歴を見ているらしく、Android Wearでそのレストランへ行くのに掛かる時間が表示されたりします。

Gmailから僕が買った飛行機のチケットをスクレイピングして、自動的に自分が行くべきターミナルを教えてくれたり、遅延があれば教えてくれたりします。GPS情報から適当に自宅や職場を推測されたりします。GmailからAmazonのメールをスクレイピングして、荷物の状況を教えてくれたりします。

プライバシーとは何なんだと思ったりします。

一番びっくりしたのが、先日、デザイナーの石嶋未来さんからFacebookでコメントいただいて、嬉しかったので、久しぶりに彼女のことをいろいろ検索していたら、彼女の運営するコワーキングスペースまでの道のりを提案されたりしたことです。

Android Wearの道のり提案
Android Wearの道のり提案

いや、彼氏とノロケ記事をあげまくって炎上してる女性に今から会いに行けというのか。なにそれこわい。

プライバシーもへったくれもない機能なのですが、これらの機能はAppleでは実装しにくいように思えます。まぁ、腕時計なので、下手なUIを提供するよりも、勝手に何かを提案してくれた方がいいのは確かです。逆に、Appleがどんなモノを出してくるのか楽しみです。

とりあえず、スマホに飽きたエンジニアにとっては、いろいろ妄想するには楽しいデバイスです。

>> 村上福之氏の連載一覧はコチラ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集


記事検索

サイトマップ



SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

英文メールでよく見る「略語」の意味は? 海外エンジニアに聞い...

フリーランスエンジニアに聞く、最速で「時給5000円以上」人...

採用強者3社も獲得に苦戦!?人事が明かす「今すぐ欲しい」エン...

【hey佐藤裕介】天才と呼ばれた男が、20代で経験した挫折か...

TAGS

「type転職エージェント」無料転職サポートのご案内