キャリアVol.183

DirectorやSEじゃ伝わらない!? 外国人に仕事内容を正しく伝える方法【連載:コピペで使えるIT英語tips】

From Dell Inc.

4月は、多くの日本企業にとって節目の季節。異動や中途採用で入社した外国人に同僚や上司の紹介をしたり、業務内容を伝えたりする場面が増える時期だ。また、海外企業との合同プロジェクトのキックオフミーティングなどで、お互いの担当者を紹介し合う場面もあるだろう。

今回はシンガポールで働くDさんに、「担当業務を説明する際に使える表現」を教えもらった。引き継ぎ用のメモやメールを作成する際にも使えるので、ぜひ参考にしてほしい。

自分やチームメンバーを外国人に紹介する場合

◆「この人は◯◯を担当しています」という場合

in charge of 「~を担当する」

(例)He is the person in charge of sales.
(訳)彼は営業担当です。

(例)The person in charge of this matter is me.
(訳)この件についてはわたしが担当です。

「この人は◯◯の責任者です」と、少し厳格な意味合いを含ませて伝えたい場合は、in charge ofの代わりに「be responsible for~」を使うことが多いです。

(例)She is responsible for this project.
(訳)彼女はこのプロジェクトの責任者です。

【担当する業務内容を表す単語がある場合】
業務内容を示す単語がある場合は、以下の単語を使って紹介することもできます。

(例)
保守担当:maintainer
開発者:developer
プログラマー:programmer
エンジニア:engineer

(例)He is one of the developers of this application.
(訳)彼はこのアプリケーションの開発者の一人です。

既出記事(//type.jp/et/feature/4017)にも書いた通り、「SE」だと海外では伝わらない可能性が高いので、「system administrator」、「programmer」、「application developer」、「software engineer」など、実際の業務内容に合わせた表現を使った方がよいでしょう。

【役職の場合】
役職者を紹介する場合も、役職を示す単語がある場合はそれを使います(会社によって呼び名が異なることがあります)。

(例)
社長:president(of the company) / managing director(主にイギリス英語の場合)
最高経営責任者:CEO
最高執行役員:COO
最高技術責任者:CTO
副社長:vice president
取締役・役員:director
事業部長:general manager
課長:manager
主任:chief officer/assistant manager など

(例)She is the president of our company.
(訳)彼女はわが社の社長です。

既出記事(//type.jp/et/feature/4017)で執筆しましたが、日本のWeb業界の役職でよくある「ディレクター」は、上記の通り「役員・取締役」の意味になるので、注意しましょう。

◆相手に担当してほしい業務を伝える場合

(例)You are in charge of this job.
(訳)あなたはこの業務の担当です。

※ 参考:JobとWorkの違いについて

Jobには「職務上の義務、責務」という意味があり、つまりポジションや業務内容について示しています。workは「労働」、「働くということ」という意味合いが強いです。伝えたいニュアンスに応じて使い分けるとよいでしょう。

◆「誰がこの業務を担当しているのか」を聞きたい場合

(例)Who is charge of this task? / Who is responsible for this task?
(訳)誰がこのタスクの担当ですか?

◆「この業務は別の人が担当しています」と伝えたい場合

(例)This job is under the charge of another person.
(訳)この業務は別の人が担当しています。

上記を参考に、ぜひ自分の担当や役職、相手にお願いしたい業務内容を伝えてみてほしい。

日本でよく使う「名前+役職」の表記はあまり使わない

ちなみに、日本の場合は「◯◯課長」、「◯◯マネジャー」と役職を下につけて呼ぶことが多いが(Web業界だとこの風習が少なくなっている印象もあるが)、海外では役職名をつけて呼ぶことはほとんどない。

外国人同士は役職が上の人に対しては「Mr.」や「Ms.」をつけ、同僚の場合は呼び捨てのことが多いようだ(ちなみに、外国人の方は日本人に対しては男女問わず「~さん(san)」をつけて呼んでくれる人が多い)。

日本人としては違和感があるかもしれないが、これは習慣の違いなので仕方のないこと。英語スキルの向上だけでなく、そういう習慣の違いも体感することが、グローバルで活躍するための一歩なのかもしれない。

取材・文/大井 あゆみ(『シンガポール経済新聞』運営Diversolutions.Ptd.Ltd代表取締役)
編集協力/岡 徳之(Noriyuki Oka Tokyo

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集


記事検索

サイトマップ



株式会社富士通エフサス【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社スタッフサービス エンジニアリング事業本部(リクルートグループ…

NEXT株式会社【ITbookグループ重要戦略子会社】 ITエンジニア/東証マザ…

ライフネット生命保険株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

CLINKS株式会社 テレワークエンジニア(SE・PG・デザイン)/在宅勤務で上流…

富士ゼロックス東京株式会社 カストマーエンジニア(サービスエンジニア)◆…

株式会社スタッフサービス エンジニアリング事業本部(リクルートグループ…

株式会社永田製作所 機械設計/創業112年/業界のニッチトップ企業/大手企…

株式会社NCM/株式会社日本汽缶【合同募集】 技術職/設計・製缶・溶…

イーター国際核融合エネルギー機構 技術職/世界35ヶ国が参加する国際プロジ…

「視点を変えればエンジニアのキャリアは激変する」LIFULL...

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

及川卓也×澤円が語る、エンジニアの成長に必要な条件「ぼんやり...

シリコンバレーで働いて気付いた「技術力向上」だけに固執するエ...

英文メールでよく見る「略語」の意味は? 海外エンジニアに聞い...

エンジニア転職フェア開催 IT&モノづくりエンジニアを求める優良企業が大集結!