TechトレンドVol.706

柔軟な働き方を目指すエンジニア必見!「フリーアドレス導入」の現状調査

2018年8月、「フリーアドレス導入によるオフィス構築の変化」に関するレポートをCBREが発表した。

このレポートでは、CBREが毎年実施している「オフィス利用に関するテナント意識調査2018」の結果をもとに、フリーアドレス導入の現状と、オフィススペースのあり方について考察されている。

フリーアドレスは増えている?導入企業の実情とは

近年、従業員の働き方改革の1つの手段として、「フリーアドレス」を導入(予定を含む)する企業が増えている。CBREのテナント意識調査でも、フリーアドレスの導入率は15年と比較して約1.6倍に増加している。

【フリーアドレスの導入率に関するポイント】
■業種別:「IT」が最も高い70%となった
■地域別:東京23区が47%で、地方都市の31%を上回った
■規模別:使用面積1,000坪以上の大型テナントでの導入率が7割となった

フリーアドレスの導入理由の上位は、生産性向上、フレキシブルな働き方の促進、コラボレーションの促進など、社員の「生産性や働き方」に関連する項目が上位を占める結果となった。
また、「コスト削減・抑制」に関連した項目が相対的に少なかった一方で、イノベーションや創造性の活性化を推進するような「組織のあり方」に関連する項目が、「生産性や働き方」の次に多く選ばれている。

▼【フリーアドレスの導入理由】

出所: CBRE
[出所: CBRE]

さらに、フリーアドレス導入テナントは、オフィススペースをよりフレキシブルに構築しようとしている様子がうかがえた。詳細は以下のグラフを参照いただきたい。

▼【フリーアドレス導入企業の、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の導入率】

出所: CBRE
[出所: CBRE]

▼【フリーアドレス導入企業の、コーワキングスペースなどの共用オフィスの利用状況】

出所: CBRE
[出所: CBRE]

▼【フリーアドレス導入企業の、在宅勤務への取り組みの進行状況】

出所: CBRE
[出所: CBRE]

詳しい解説は、弊社ホームページの「オフィス利用に関するテナント意識調査~フリーアドレス導入とオフィス構築の変化」レポートを下記リンクより閲覧できる。

「自由度高く働ける環境」で企業を選ぶ、という発想も取り入れて

上記のグラフからも分かる通り、フリーアドレスを導入している企業に関しては、その他の「働き方改革」にも意欲的に乗り出している傾向が伺える。生産性やモチベーションが「働く環境」に起因する、というエンジニアも、決して少なくないだろう。自身のキャリアを見つめ直す際、企業選びの一つの観点として、こういった環境面にも着目していただきたい。

▼ニュースリリース
CBREが特別レポート「フリーアドレス導入によるオフィス構築の変化」を発表

構成/エンジニアtype編集部

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集


記事検索

サイトマップ



株式会社富士通エフサス【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

日本マイクロソフト株式会社 【マイクロソフトサポートエンジニア】トップ…

日本マイクロソフト株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

アクセンチュア株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社コロプラ【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

サッポロビール株式会社 【生産技術担当】サッポロブランドを生産技術から…

山下ゴム株式会社 生産技術【未経験/第二新卒歓迎】万全の研修&サポー…

株式会社スタッフサービス エンジニアリング事業本部(リクルートグループ…

イーター国際核融合エネルギー機構 技術職/世界35ヶ国が参加する国際プロジ…

サーモス株式会社 オーディオ機器開発/世界120カ国以上に展開/年間休…

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

英文メールでよく見る「略語」の意味は? 海外エンジニアに聞い...

「マークアップエンジニア不要論」は本当か? えふしんさんに聞...

フリーランスエンジニアに聞く、最速で「時給5000円以上」人...

及川卓也×澤円が語る、エンジニアの成長に必要な条件「ぼんやり...