F1ジャーナリスト世良耕太の自動車開発探訪

自動車開発の最先端を行くF1を長年追い続けてきたジャーナリスト世良耕太氏が、これからのクルマのあり方や そこで働くエンジニアの「ネクストモデル」を語る。 ハイブリッド、電気自動車と進む革新の先にある次世代のクルマづくりと、そこでサバイブできる技術屋の姿とは?

開発・生産の縄張り意識を超えて。外注しないからこそできたマツダの「モノ造り革命」

開発・生産の縄張り意識を超えて。外注しないからこそできたマツダの「モノ造り革命」

マツダは「人馬一体のコンセプト」という表現をよく使う。 あるエンジニアの言葉を借りて説明すれば、「クルマの運転においてマン・マシン系の意思疎通を深める中で、ドライバーの関与を高め、より質の高い楽しさをお客さまに提供すること」となる。この考えを追求するにあたっては、「MTが必須」だというのだ。

  1. 1



サイトマップ