働き方

各種エンジニアの中長期のキャリア形成を応援するコーナー。豊富な実績を誇るエンジニアや著名人のキャリアインタビューなど、さまざまなアプローチで創り手の将来について一緒に考えます。

ベビーカーを押して出勤するイクメン研究者が目指す「育休の一般化」【連載:五十嵐悠紀】

ベビーカーを押して出勤するイクメン研究者が目指す「育休の一般化」【連載:五十嵐悠紀】

今回お話を伺ったのは、京都産業大学の平井重行准教授。平井先生はヒューマンコンピュータインタラクションやユビキタスコンピューティング、音楽情報処理といった分野の研究者でいらっしゃいます。小学校1年生と3歳の二人のお子さんのお父さんです。研究をバリバリとこなすかたわら、育児も頑張っていらっしゃる研究者は多いのですが、男性で育児休暇を取得されたというのはかなりレアなケース。平井先生がなぜ男性でありながら育児休暇を取得されたのか、その苦労と思いを伺ってみました。

  1. 1
  2. 28
  3. 29
  4. 30
  5. 32




サイトマップ