自分を磨く、キャリアをつくる。転職サイトはアット・タイプ


毎週火・金曜日更新

 

 
 

 

typeの過去の記事を読む

キャリアデザイン情報誌『type』に掲載された過去の特集記事がご覧になれます。

≫『type』バックナンバーの購入はこちらから

  課題解決のプロに必要な4つの「力」とは? トップコンサル直伝!一流の条件
モニターグループのバイスプレジデントを務める西谷洋介氏は、コンサルティング業界を離れて事業会社に身を置いていた時期がある。だが外の世界へ出てみて、あらためて「自分はコンサルタント向きの人間なのだ」と実感。再びこの業界へと戻ってきた…


  課題解決のプロに必要な4つの「力」とは? トップコンサル直伝!一流の条件
そもそもコンサルタントの役割とは何か? A.T.カーニーのパートナーである後藤治氏は、その定義から話し出す…


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【江崎グリコ『walky walky』】
現在は北海道から関東甲信越・静岡県で発売中。9月より全国展開。同社の商品であるポッキーの素材を使い、小粒プレッツェルをチョコレートでコーティング…


  スポーツ界の覇者が語る仕事哲学に学ぶ【プロフェッショナルの条件 中島裕之】
今シーズン、日本球界の頂点を目指して、パシフィック・リーグのペナントレース首位をひた走る埼玉西武ライオンズ。その圧倒的な強さは、1980年から1990年後半にかけて、リーグ優勝に日本一とタイトルを思うがままに獲得していた黄金時代をほうふつとさせる…


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【『絶品チーズバーガー』】
先行発売時から続けていた「1日限定平均200個」の制限を今年4月に撤廃。わずか数カ月で、30年間売上トップだったエビバーガーの年間販売個数を越えそうだ…


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【ユニクロ『UT』】
2008年は、「TOO MANY T-SHIRTS.」をキーワードに、「アート」、「マンガ」、「企業コラボ」など37カテゴリーを展開。販売目標は、1200万枚以上…


  若手リーダーたちの「逆境」体験記 「海外での窮地」から学んだ統括ディレクター
「それ、面白そうですね。誰が行くんですか?」海外戦略を決める合宿会議での発言が目立ったせいか、韓国でのエレクトロニクス事業の起ち上げを任された荘司秀佳氏…


  若手リーダーたちの「逆境」体験記 「単なる調整役と化す」の失態を挽回した企画課長
売上記録を3度更新し、社長賞も3度受賞。トリンプ・インターナショナル・ジャパンの大阪営業部で大手百貨店を担当していた鈴木義文氏の活躍は華々しい。…


  若手リーダーたちの「逆境」体験記 「メンバー指導の過ち」に自ら気付いた20代局長
「24歳でチームリーダーを任されたばかりの頃は、私がどんどん動いて背中を見せることが、メンバーのためになるんだって思っていました」…


  若手リーダーたちの「逆境」体験記 「チーム崩壊」の危機を乗り越えた統括責任者
海外ウェディングとハネムーン旅行に特化したエイチ・アイ・エスの『アバンティ&オアシス』。郷直人氏は、首都圏エリアの5店舗を束ねる35歳の統括責任者である。…


  スポーツ界の覇者が語る仕事哲学に学ぶ【プロフェッショナルの条件 小橋健太】
人気も実力も絶頂期のさなか、2006年に命をも危ぶむ大病を患い、「引退」がささやかれながら、2007年12月に復帰を果たしたプロレスラー・小橋健太選手。周囲の声援と自身の信念を支えに、ひたむきに復活の道を歩んできた41歳の姿には、「プロレスラー・小橋健太」という代役が利かない看板を背負う人間のプロ意識≠ェ垣間見える…


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【「世界のKitchenから」シリーズ 】
今年2月に数量限定で発売した『とろとろ桃のフルーニュ』は、一カ月後には品薄状態になる人気。(商品の一部は、現在入手困難な可能性あり)…


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【meet-me】
現実の地図データを用いて、東京の街をリアルに再現。公序良俗に反する行為は排除し、女性や低年齢層も含めた幅広いユーザーが楽しめる空間作りを目指す…


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【ミルクシーフードヌードル】
カップヌードルファンのうわさを“真面目”に商品化 シーフードヌードルを温めた牛乳で作るとおいしい」--。 カップヌードルファンの間で広まっていたうわさに着目して開発されたのが、 2007年11月に発売された『ミルクシーフードヌードル』だ。…


  スポーツ界の覇者が語る仕事哲学に学ぶ【プロフェッショナルの条件 近藤愛×鎌田奈緒子】
今年8月、北京で行われる夏季オリンピックに、 セーリング競技の470級女子チームの日本代表として「チーム・アビーム」の 近藤愛選手、鎌田奈緒子選手が出場する。 チームが結成されたのは2005年。 「オリンピック出場」の目標を掲げてから3年の時を経て、出場資格を獲得した…


  「PMO」って何なんだ?
「日本のシステム開発プロジェクトの成功率は3割に満たない」 そんな調査結果がある。逆に言えば、7割以上のプロジェクトが失敗に終わっているということだ。 この憂慮すべき状況を改善しようと、システム開発の現場では数々の取り組みが行われてきた。 IT業界では2000年頃から米国で体系化されたプロジェクトマネジメントの手法を導入。 プロジェクトマネジャー(以下、PM)にはPMPなどの認定資格を取得し、 マネジメントの専門知識を身に付けるよう促してきた…


  20代リーダー「マネジメント」の流儀
コンサルティングチームへの移籍オファーがあったのは入社3年目。 寺瀬勝利氏は二つ返事でこれに応えた。 それまで携わっていたのは、ラクーンが運営する『オンライン激安問屋』の バックヤード。仕事は在庫管理やスタッフ管理がメインだった。 「人と会い、提案していく。全く違う仕事に挑戦したかったんです」…


  20代リーダー「マネジメント」の流儀
「上司になる人に会わせてほしい」。 就職面接でそう言って、意気揚々と入社したコンサルティングファーム。 「鼻っ柱だけは強かった。自分には何でもできる。そう信じていました」 しかし、小西真一朗氏の自信はすぐに打ち砕かれる。 1年目。結果が出ない、仕切れない。同僚たちにも水を空けられていく中、 ある上司が教えてくれた「管理は“3つのS”だ」という言葉に救われた。…


  20代リーダー「マネジメント」の流儀
デザインの仕事がしたい。そんな漠とした思いを抱え、 大学で情報工学を専攻しながらジュエリーの専門学校にも 通っていた伊賀麗佳さん。アルバイトでWebデザイナーの仕事を始めたのも、 「デザインつながりで何となく」だった。しかし、バイト先の上司にセンスが ないと言われ、プログラマーに転向。そこから予想外のドラマが始まる。…


  年収2000万以上を稼ぎ出す人の秘密を探る【ビジネスセレブの仕事哲学】
「不安定なフリーター生活に見切りをつけ、単純に稼ぎたいという気持ちから 地元の青森で不動産会社の営業を始めたんです」 不動産投資のコンサルタントである中村一晴氏は、 不動産業に最初に携わったきっかけをこう語る。 しかし「稼げる」という思いはすぐに打ち砕かれる。 入社後1年間、全く売上がなかったのだ。 「売上がないから給料は手取り12万円。フリーター時代の方がよっぽど稼げましたね」…


  年収2000万以上を稼ぎ出す人の秘密を探る【ビジネスセレブの仕事哲学】
保田隆明氏が、外資系証券会社勤務のブランドと数千万円の年収をなげうって、 最初に起業したのは2004年だった。「ニューヨーク勤務時代の同僚から、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の 招待状が来たんです。オンライン上で知識や情報がつながり、何かが創出される。大きな可能性を感じ、日本にも広めようと考えました」…


  年収2000万以上を稼ぎ出す人の秘密を探る【ビジネスセレブの仕事哲学】
幼いころから「社長になりたい」という夢を持っていた佐藤崇嗣氏。 幼少時に体験した父親の事業の失敗が、彼を学生起業家に駆り立てた 原動力の一つになったという。 「当時は、とにかく親に楽をさせたいという思いが強かった。 稼ぐためには会社員ではなく社長になるしかないと思っていましたね」…


  スポーツ界の会社が語る仕事哲学に学ぶ【プロフェッショナルの条件 朝日健太郎】
世界との戦いを週単位で繰り返しては、 自身初となる北京五輪出場を視野に取り組むアスリートがいる。 ビーチバレー選手の朝日健太郎である。 199cmという恵まれた体格を活かして、高校時代からバレーボール界をにぎわし、 大学、社会人と全日本代表のセンターとしても活躍した…


  ビジネス・プロフェッショナル 岩瀬大輔氏の選択 「だから、ベンチャーが面白い。」
“ネット生保”という新業態で今春のサービス開始を目指すネットライフ企画。その副社長を務めるのが岩瀬大輔氏だ。ハーバード・ビジネススクールを卒業して帰国後、すぐにこのベンチャー企業立ち上げに参画。生保業界において独立系の新会社設立は実に戦後初であり、同社は今、業界内外から大きな注目を集めている。この大いなる挑戦に踏み切った岩瀬氏のキャリアを追ってみたい。


  「デキる上司」に学ぶ人心掌握術の極意 部下に効くマネジメント
4月に新たな年度を迎え、新入社員や初めての部下を持つ人も多いだろう。 部下のマネジメントは重要なビジネススキルの一つだ。いざ、部下を持ったときに 慌てないためにも先輩上司のマネジメントテクニックを学んでおこう。


  質問! 「人材評価」の内幕ど〜なってるの?
各種人事制度の仕組みや運用実態を理解しても、まだ企業人事をすべて解明したとは言い切れない。人事評価のもう一つの大きなテーマ、人の“情緒”が絡む「評価」の現状を現役人事マンが明かす。


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 【NISSAN GT-R】
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットメーカーは、いかにして企画を具現化させたのか。その裏に隠された真意を読み解く。


  日本の20代ビジネスパーソンが成功にたどり着くための5つのステップ
【日本人は幼く“極端”!客観的な現状把握を】
現在20代として働くビジネスパーソンが成功するためには、まず何から始めればいいのか。


  人生の転機に悩みは尽きない… 山崎元の転職ピンチ脱出法
転職はキャリアだけでなく、プライベートにも関わる人生の転機だ。 もちろん、そこにはリスクもある。そんな転職に潜むピンチに直面した 迷える転職チャレンジャーたちに転職経験12回のエキスパート・山崎元氏がアドバイス


  「残留組 VS 転職組」それぞれの決断と軌跡
転職したことで成功した人。また、一社に長く留まる事で成功した人。 それぞれの成功者の「辞める・辞めない」を決断したタイミングと理由を探る。


  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機【格闘家 船木 誠勝】
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、自立したキャリアを歩んでいる。 さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、どうやって壁を乗り越え、 キャリアを積んできたのか。厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。


  人生の転機に悩みは尽きない… 山崎元の転職ピンチ脱出法
転職はキャリアだけでなく、プライベートにも関わる人生の転機だ。 もちろん、そこにはリスクもある。そんな転職に潜むピンチに直面した 迷える転職チャレンジャーたちに転職経験12回のエキスパート・山崎元氏がアドバイス!


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書【有楽町イトシア】
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまでに ない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる “設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くことで、 あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。


  “金融新時代”到来で変わる 「ビジネスの仕掛け人」の条件
業界再編や企業合併劇……etc。「そんなの俺には関係ねぇ」と思っている人ほど 読んでほしい。これらの“ニュースな出来事”の裏側には、 必ずと言っていいほど各種金融機関が存在している。 そして、このニュースを生み出すビジネスフィールドが今、 「万人」に扉を開こうとしているのだ。


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書【ANA BusinessJet 成田-ムンバイ線】
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまでに ない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる “設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くことで、 あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。


  成功例を公開 コンサル転職必勝法!
コンサルタント転身を狙う人にとっては「どうやったらコンサルタントになれるのか」が もっとも気になるところ。そこで、異業種出身コンサルタントに転職の経緯をヒアリング。 ここに成功のヒントが隠されている。 (2007年11月号)


  人生の転機に悩みは尽きない… 山崎元の転職ピンチ脱出法
転職はキャリアだけでなく、プライベートにも関わる人生の転機だ。 もちろん、そこにはリスクもある。危険な落とし穴があることも……。 そんな転職に潜むピンチの切り抜け方を転職経験12回のエキスパート・山崎元氏が伝授する! (2007年11月号)


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 「サンプル・ラボ」
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまで にない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる“設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くこと で、あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。 (2007年11月号)


  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機 佐古 賢一
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、 自立したキャリアを歩んでいる。さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、 どうやって壁を乗り越え、キャリアを積んできたのか。 厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。 (2007年11月号)


  現役コンサルタントが語る信頼の証 私たちの“ご指名スキル”大公開!
近年、コンサルティング業界ではクライアントニーズが多様化し、 コンサルタントに求められる知識量や業界理解度が深まっている。 各業界や領域で「ご指名スキル」を身につけたコンサルタントに スキル取得までの道のりを聞いた。 (2007年10月号)


  コンサル業界出身のプロフェッショナルが掲げる 進化を促す2つの最上位スキル
かつてコンサルティング業界に身を置き、いまもなお活躍のステージを広げるプロフェッショナルたち。 偉大な先達が掲げる、トップコンサルタントの必須条件は「先見性」と「即応力」の2つ。 彼らがいかにしてこの2つのスキルを磨いてきたのか聞いた。 (2007年10月号)


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 「ガンダム クライシス」
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまで にない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる“設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くこと で、あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。 (2007年10月号)


  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機【小山田 大】
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、 自立したキャリアを歩んでいる。さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、 どうやって壁を乗り越え、キャリアを積んできたのか。 厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。 (2007年10月号)


  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 「東京ミッドタウン」
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまで にない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる“設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くこと で、あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。 (2007年9月号)

  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機 千葉ロッテマリーンズ 渡辺俊介
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、 自立したキャリアを歩んでいる。さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、 どうやって壁を乗り越え、キャリアを積んできたのか。 厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。 (2007年7月号)

  業界経験が古びない今のうちに転職を!
キャリアのターニングポイントとなることが多い30歳。 果たして金融マンが転職を考えるとしたら、どんな結末が待っているのか?  業界を渡り歩いてきたスペシャリスト、山崎元が金融マンのキャリアを査定! (2007年8月号)

  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機 アサヒビールシルバースター 有馬 隼人
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、自立したキャリアを歩んでいる。 さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、どうやって壁を乗り越え、 キャリアを積んできたのか。厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。 (2007年7月号)

  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書「サラリーマンネオ」
ここ数年、NHKの深夜枠が変貌を遂げていることにお気づきだろうか? 「NHK=安心。だけど、固い」というイメージを覆す番組が次々と放送されているのだ。 その先陣を切った番組が『サラリーマンNEO』。 この番組、思わずチャンネルを確認してしまうほど、シュールなコントが繰り広げられ、 ひときわ異彩を放っている。企画から演出までを担当したディレクターの吉田照幸氏は、 この企画が生み出され、放送されるまでの経緯をこう明かす… (2007年8月号)

  “企業の経営請負人”澤田貴司が伝授する「自立」で創るビジネスの醍醐味
会社の看板ではなく、どこに行っても通用する自分の強みを誰もが持ちたいと願う。 そのためには、どんな仕事の仕方をして、どんなキャリアを歩むべきなのか。 自ら道を切り開いてきた、リヴァンプの澤田貴司氏がキャリアを振り返り、 自分ブランドの育て方を伝授する。 (2007年8月号)

  転職先は成長フェーズで見極める!「2段階転職」の上手い使い方
転職満足度の高い人ほど、自分の成長を把握してから企業を選び出している。 ここでは、「キャリアトレーニング転職」と「ステップアップ転職」をどのようなタイミングで、いかにして使い分ければいいのか紹介する。 (2007年7月号)

  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 「メガマック」
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまで にない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる“設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くこと で、あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。 (2007年7月号)

  ビジネスを創造する源を探る ヒットメーカーの企画書 「黒烏龍茶」
時にマーケットの流れさえも変えてしまう、ヒット商品や新しいビジネスモデル。 ヒットが生まれる背景には、ニーズを作り出す“マーケティング力”やこれまで にない斬新なビジネス形態を思いつく“発想力”、そしてビジネスとして成り立たせる“設計力”の3つが必要だ。ヒットメーカーが作った企画書を読み解くこと で、あなたの仕事を今よりもワンランク上にさせるヒントが見えてくる。 (2007年6月号)

  山崎元の30歳 金融マンのキャリア査定 都市銀行のディーラー → 外資系証券のアナリスト
キャリアのターニングポイントとなることが多い30歳。果たして金融マンが 転職を考えるとしたら、どんな結末が待っているのか?  業界を渡り歩いてきたスペシャリスト、山崎元が金融マンのキャリアを査定! (2007年6月号)

  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機 第2回 FC東京 今野 泰幸
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、自立したキャリアを歩んでいる。 さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、どうやって壁を乗り越え、 キャリアを積んできたのか。厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。 (2007年6月号)

  経営のプロフェッショナル渡邉美樹が贈る
「仕事」と「価値」の創り方

自分の存在意義を世に示し、価値ある仕事に就きたい――。 「ひとつ上」のビジネスを展開することを望む価値ある仕事を創出し続けるプロ経営 者・渡邉美樹が、 高い意識を持つビジネスパーソンたちに贈る、珠玉の言葉を聞け。 (2007年5月号)


  ホントにあなたは大丈夫?
組織活用の“落とし穴”に要注意!

組織を活用することを公にすることは得策ではない。 また、活用方法を一歩間違えると、キャリアを潰すことにもなりかねない。 ここでは社内・社外の組織活用の“落とし穴”の避け方を紹介しよう。 (2007年4月号)


  壁を乗り越えたあの瞬間 スポーツキャリアの転機
第一線で活躍するビジネスパーソンは、自ら転機を作り、自立したキャリアを 歩んでいる。さらに過酷なスポーツ界で勝ち残る選手は、どうやって壁を乗り 越え、キャリアを積んできたのか。厳しい世界で生きる彼らから、そのタフさを学ぶ。 (2007年5月号)


  キャリアアップの第一歩
「僕たちの組織活用術」

会社に利益をもたらし、自分もスキルアップを果たす――。 組織を使ったキャリアアップは本当に実現できるのだろうか。 2人の「組織活用論」からその真実を紹介しよう。 (2007年4月号)


  “使われ方”も重要になる?!
採用のプロが語る「人材の使い方論」

人材の活用方法がウマい企業であれば、“使える組織”である可能性も高い。“使える組織”では、どのように人材を活用しているのだろうか?採用のプロが語る「人材の使い方」から、組織の活用方法を探ってみよう。 (2007年4月号)


  キャリアの目標を達成できる
「2つの組織」の使い方とは?

「組織を使ってキャリアアップする」とはどのようなことなのだろうか? 業務をこなすために、日々会社のリソースを活用しているだろう。組織を有効活用する方法を紹介する前に、まずはどんな意識を持ち、どんな組織をキャリアアップに使うべきなのかを考察してみよう (2007年4月号)


  “営業転職”のプロが教える!
評価される営業パーソンになるための極意

営業職の求人数が活況を呈しているが、企業が求める人材はレベルが高まっている。そんな中、転職市場で勝ち抜いていくためには、どんなスキル、能力が必要なのか? 様々な営業転職希望者を見てきた、 “営業転職のプロ”に、営業転職を成功させる術を聞いた! (2007年3月号)


  人脈を活かして起業する!!
ビジネスの最前線には向上心を抱く人材が集まる

人脈を大木に育て上げるには、同志という栄養を集めなければならない。いかにして、必要な人材を手に入れたのか。常に新しいビジネスを生み出す、ネットエイジグループ、西川潔社長に聞いた。 (2007年3月号)


  社内人脈はこう作れ!!
キャリアと実績を振り返り“give”を明確にする

社外人脈作りでは、どこで誰と出会うのかも重要となる。同志を求めて行動を起こすことが、人脈を広げていくことにつながる。また、自分の築いてきた実績を映す鏡が社外人脈。他者にとって何が提供できるのか、再確認する必要がある。 (2007年3月号)

  社内人脈はこう作れ!!
部署と年齢の壁を越えて欠けたネットワークを作り出す

人脈作りの中でも、基本の「キの字」となるのが社内人脈。ここを疎かにすると、人脈は決して育たない。上司、先輩、後輩、他部署という垣根を上手に越えて、仕事の幅を広げるネットワークを作ろう。 (2007年3月号)

  幅広いスキルの習得&レベルアップが「プロ・スペシャリスト」への道
専門特化型のスキルを活かし、プロフェッショナルの仕事を進める――。スペシャリストがスペシャリストたる所以は、「プロ」であることだ。しかし、時代の変遷とともに求められる要件も変化しつつある。ここではスペシャリストに求められるスキルを考察する。 (2007年2月号)

  ベンチャー企業編──Venture Company
経営トップから学ぶ「ベンチャー企業でのキャリアプランニング」

ベンチャー企業ではどのようなキャリアプランニングが可能なのだろうか。ゼネラリストとして経営の最前線で活躍する4人のインタビューから、2つの職務に求められる資質に迫る。 (2007年2月号)

  〜キャリアを伸ばす秘訣に迫る〜
ナレッジで展開する「オンリーワン戦略」

創造性に富んだ「自分だけ」にしかできないような仕事に携わりたい――。オンリーワンの存在になることが、その唯一の方法といっても過言ではない。独自手法で業界に君臨する経営者の言葉から、キャリアにおけるオンリーワン戦略を探る。 (2007年2月号)

  こんな転職方法もあるんです!
転職手段の裏ワザ教えます

従来、直接企業に応募書類を送付することが、転職活動のポピュラーな方法だった。しかし、内定獲得に近づくためには、これ以外の手段を活用することが有効だろう。ここでは3つの転職手段の「裏ワザ」を追究する。(2007年1月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第9回 金融システムエンジニア

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する!(2007年1月号)

  20代・30代年代別の
ビジネス人生の目的に迫る!

「ビジネス人生における最終目標は?」という質問に、真正面から答えられる読者がどれだけいるだろうか。周りの意見からそんな疑問を解消できるヒントが見つかるかも知れない。…(2007年1月号)

  モチベーションはどこにある?
転職「Before」「After」大公開!

転職すれば、今の自分を変えられるのではないか――。転職希望者の多くはそんな思いを抱いているだろう。その反面、「転職して何か変わることができるのか」と不安を抱くのも事実。ここでは経験転職、未経験転職成功者を対象にした…(2007年1月号)

  転職経験者が暴露!
「経験、未経験での給料UP」覆面座談会

転職を考える上で、「給料がどうなるか」はやはり気になるところ。上がるのか下がるのか、それとも今後上がる可能性があるのか。誰もが気になる給料の実情を、4人の転職経験者が暴露!(2007年1月号)

  変化を捉える力に迫る!
マーケットを切り拓く「創造力」

ビジネスを加速度的にドライブさせるために欠かせない「創造力」。マーケットを創り出してきた2人の先駆者たちの言葉から、創造力を養うための秘訣を探る。(2007年1月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第8回 M&A

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する!(2006年12月号)

  あなたのキャリアをオン/オフでサポート?!
「自分仕様アイテム」10選

忙しい毎日を過ごしていても、どこかに余裕を残しておく――。自分だけのライフスタイル演出が個性を磨き、ON/OFFにメリハリをつけて24時間戦うための必須アイテム&サービスをtypeが厳選した。(2006年12月号)

  新進ベンチャートップインタビュー
稼ぎ方にこだわれば年収アップ転職は実現できる!

「千円札は拾うな。」の著者であり、ワイキューブ代表取締役社長である安田佳生氏の「カネ論」から、年収アップ転職の極意を探る (2006年12月号)

  給与形態の裏側を人事担当者が暴露
「年収アップ転職」 緊急 覆面座談会

転職するなら年収アップ――。そう考える読者も少なくないだろう。給与形態をよく知り、採用の最前線で活躍する3人の人事担当者から、年収アップ転職を実現させるためのヒントを探ってみよう。(2006年12月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第7回 アナリスト

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する!(2006年11月号)

  <総括>
「在職中vs退職後」転職活動のメリット・デメリット大公開!

ここまでは「時間」「会社ウケ」「収入・メンタル」の切り口で「在職中」と「退職後」の転職活動開始時期を紹介してきた。最後に2つの方法で転職活動を開始するに当たって、気をつけるべきことを総ざらいしてみよう。(2006年11月号)

  <収入・メンタル>
「退職後」だけが不利ではない?「在職中」にありがちな落とし穴

収入がゼロになる「退職後派」は筆舌しがたい不安に襲われることもあるだろう。しかし、安定している「在職中派」に落とし穴があるのだ。ここでは「収入・メンタル」面から2つのスタート時期を探る。(2006年11月号)

  <転職成功者クロスレビュー>
在職中派も退職後派も「自己分析」が決め手になる!

応募者の数だけ転職成功のノウハウがある。思い通りの転職を果たすためには何が必要なのだろうか?ここでは2人の転職成功者から、2つの転職タイミングのポイントを見てみよう。(2006年11月号)

  <会社ウケ>
内定に近いのはどっちだ?人事担当者が語る「採用のホンネ」

在職中か、退職後か――。採用の現場では、2つの転職スタート時期はどのように判断されているのだろうか。中途採用最前線で活躍する2人の人事担当者が語る「転職のホンネ」に迫る!(2006年11月号)

  <時間>
どちらの方法の活動期間も「3カ月」を目安にせよ!

「退職後」と「在職中」で最も違うのが、時間の融通が利くことだろう。一見、退職後が有利に思えるが、実はそこに落とし穴がある。ここでは2つの転職スタート方法の「時間」の使い方を考察する。 (2006年11月号)

  「退職後に動く」べきか?「在職中に動く」べきか?
“転職活動スタートライン”判断法

いつの時代にも存在する「いつ、転職活動をスタートすればいいか?」というテーマ。激務の合間を縫ってはじめるのか。スッパリと会社を辞めてはじめるべきか――。転職活動にまつわる永遠の課題を「時間、会社ウケ、収入・メンタル」の3つの観点から鋭く斬る!(2006年11月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第6回 エコノミスト

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する!(2006年10月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第5回 リテール営業

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する!(2006年9月号)

  総括!来年も継続する売り手市場だからこそ
タイミングに合わせて熟考せよ!

ここまで転職市場動向と、転職活動のベストタイミングを紹介してきた。景気動向や2007年問題など、“売り手市場”の現状から考察すると、やはり「今、転職すべき」なのだ。だからこそ、転職時期が重要視される。最後に「ひとつ上を目指す」ために必要なものを紹介しよう。・・・(2006年9月号)

  助走期間がキャリアを決める!
「3月転職組」のケーススタディ公開!

年明けから募集件数が増加する事務系職種。立ち上げから全力で業務を遂行するために、期初の4月入社ではなく、「あえての3月転職」を実現させた2人の事務系パーソンの事例から、3月転職のメリットを改めて紹介する。 ・・・(2006年9月号)

  金融・不動産業界
成長市場が求める“若手力”

不良債権処理が一段落し、金融、不動産業界ともに、今まさに事業拡大へと向かっている。企業の多くが、新しいビジネスビジョンを描ける若手に期待を寄せている。・・・(2006年9月号)

  「外資系転職者」緊急対談
「自己主張できる押しの強さ」が外資系転職成功の極意!

外資系企業へ転職するためには、どのような要件が必要になってくるのだろうか?外資系企業への転職を成功させた2人から、外資系企業の転職フローやそこでの注意点を探る・・・(2006年9月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第4回 ホールセールス

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する!(2006年8月号)

  転職を成功させる
4つのポイント

これまで転職希望者の声、企業の採用担当者の声を紹介してきた。それらの中から、転職希望者と採用担当者との間にはギャップがあることが分かる。そのギャップを埋める、転職成功4つのポイントをしっかり押さえよう!(2006年8月号)

  採用担当者が語る
書類・面接における評価基準

転職を成功させるためには、これまでの実績や、自分がどんな人間かを書類や面接という短時間で伝えなければならない。ただ、実績や人間性をそのまま伝えるのではなく、自分なりの工夫を加えてアプローチすることが重要だ。ここでは、採用担当者が選考過程で何をポイントにしているのかを明らかにする。(2006年8月号)

  応募者と企業の間にあるギャップを埋める5つの法則
“人事のプロ”が語る転職成功の法則

企業が求める人材像と、応募者がどのような実績・経験があって何をしたいのか。それがマッチした時に、お互いにとって転職は成功したといえるだろう。そのためには、応募者が企業側の考えていることを感じ取る必要がある。応募者は転職活動において重視するべきことは? “人事のプロ”谷所健一郎氏に話を聞いた。 (2006年8月号)

  “人材売り手市場”は1〜2年で終息する?
「コンテンツビジネス」が勝ち組の条件!

自分に合った転職先は大企業か、ベンチャーか──。 様々な角度から「今、転職すべき企業はどこなのか?」を検証してきた本特集。最後に、今後成長が加速し、勝ち組になると思われる企業の条件を明らかにする!(2006年7月号)

  生まれ持った自分の性格を知ろう!
カンタン自分発見法

転職を考えるうえで、今までのキャリアやどのような道に進んでいきたいかを見直すことは重要。さらに、その人が生まれ持った性格というのも、無視することができない要素だ。ここでは、自分自身の奥深い部分を発見できる方法を紹介。自分の本質を理解し、幸せな転職を実現させよう。 (2006年7月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第3回 ディーラー

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する! (2006年7月号)

  新進ベンチャートップ会談!
大企業をスピンアウトした強者たち

大企業をスピンアウトし、経営トップとして活躍する――。そんなキャリアを夢見る読者も多いだろう。リクルート出身のトレンダーズ・経沢社長、伊藤忠商事出身のカブドットコム証券・齋藤社長。大企業で働き、経営の最前線にいる二人が語る「企業選びの基準」とは? (2006年7月号)

  人事担当者がホンネを暴露!
「欲しい人材」緊急座談会

大企業とベンチャー企業では、入社に必要な人材像は変わるのだろうか。そして、人事担当者は採用時に応募者の何を見ているのだろうか?大企業、ベンチャー企業の人事担当者4人が語る欲しい人材の要件に迫った。(2006年7月号)

  空前絶後の“売り手市場”!
大手、ベンチャーどちらを選ぶ?

景気回復を受けて、大企業、ベンチャー企業ともに中途採用が活性化している。今後のキャリアを見据えた場合、どちらに転職するのが得なのか?経済アナリスト・森永卓郎氏とキャリアの専門家・小杉俊哉氏に、その極意を聞いた。 (2006年7月号)

  いち社員時代に、「偶然の出会いをチャンスに変えた」秘訣とは
経営トップが語る 「私を変えたあの出会い」

仕事や自身の可能性が大きく開いていく……。 経営のポジションで活躍するトップたちは、どのような出会いを活かしてビジネスを成功に導いてきたのだろうか。第一線に上がるきっかけとなったエピソードから、「組織の中で偶然の出会いをチャンスに変える能力」を明らかにしていく。 (2006年6月号)

  「アームハント」ではなく
「ヘッド」人材を目指せ!

「ヘッドハンティングされるにはどうしたらいい?」という取材が始まるや否や「タイプ読者にはまだ早い」と一括したカリスマヘッドハンター、古田英明氏。将来の候補者候補である若手ビジネスマンへの、愛ある提言を聞こう。(2006年6月号)

  ヘッドハンターに注目される
有力候補者になるためには?

ヘッドハンターが主に狙うのはエグゼクティブ層。出会った将来有望な人材も欠かさず記憶に留め、成長を後押ししながら接触を続けている。将来ハンターの注目の的になるためには今から何をしておけばいいのか、そのノウハウを伝授しよう。 (2006年6月号)

  スポーツ界の転職をプロデュース
スポーツ代理人のお仕事って?

エージェントと契約し、移籍や年俸交渉などをプロの手にゆだねるのは、海外のスポーツ界では常識。発展途上の日本にも、いくつかのエージェントは存在する。スポーツ選手の代理人をビジネスにする案野裕行氏に、スポーツ界の転職℃タ態を聞いてみた。(2006年6月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第2回 コンプライアンス

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する・・・(2006年6月号)

  ビジネスのプロは1日にしてならず
いまするべき「カイシャ活用」はコレだ!

今、アナタがするべきカイシャ活用とは? ケーススタディから編集部がまとめた。(2006年6月号)

  ビジネスのプロは1日にしてならず
これが「社内プロデューサー」の5つの定義だ!

プロデューサー型人材と一言でいっても、実際にはどのような行動や視点を持っている人を指すのだろうか。誰もが認める「社プロデューサー」の5つの新定義を明らかにする・・・(2006年6月号)

  カイシャを活用してキャリアを広げる時代が到来!
いま、「社内プロデューサー」が求められる理由

競争力のある経営を実現するため、企業が求める人材像も大きく変わりつつある。なかでも、新たな価値を生み出す「社内プロデューサー型人材」への期待が高まっている。その背景と・・・(2006年6月号)

  山崎元の5分で分かる金融マン生態事情
第1回 ファンドマネージャー

知っているようで知らない、金融マンの仕事。また、そこで生きる人の実態。ギョーカイの様々な内情を知る山崎元氏が、その正体の一端をココに公開する・・・(2006年5月号)

  営業脳力が導くキャリア
日常業務を通じた鍛錬が30代キャリアの分岐点

自分が描くキャリアパスと得意分野の「営業脳力」を伸ばすことで、30代のビジネスキャリアを変えることが可能になる。では、・・・(2006年5月号)

  キャリアコース分析
営業職・30歳からはじめる5つのキャリアコース

あなたがたどるべきはどのようなキャリアなのだろうか?4つの脳力から分析した志向や特性が浮かび上がってきたはず。ここでは、30歳からはじめる編集部のおすすめキャリアコースの「傾向と対策」に迫る・・・(2006年5月号)

  あなたの得意分野を3分でチェック
「営業脳力」チェックシート20連発!

営業脳力を伸ばすことで、キャリアの可能性を広げられる。まずは、今のあなたの営業脳力をチェックして、伸ばすべき4つの営業脳力を確認しよう!(2006年5月号)

  この1年、最も輝いたビジネスパーソンを表賞!
第7回type「キャリアデザイン大賞」

typeが考える「自立する個人のキャリア」というテーマにおいて、ここ1年で、「組織の中で大飛躍を遂げたビジネスパーソン」を表彰する「キャリアデザイン大賞」。第7回を迎え、・・・(2006年4月号)

  総括!
「人事・給与制度」の選定が年収アップの転職の新基準

給与・人事制度と採用の最新動向について、人材コンサルタントにうかがい、今後のキャリアパスと年収アップ転職のカギを探った。(2006年4月号)

  報酬方法も企業により様々
今を生き抜く企業の報酬最新事情に迫る!

毎日汗を流し、知恵を絞り、ようやく得られる報酬。その制度も時代とともに刻々と変化している。成果主義とひと言ではいえない、企業の様々な事例を紹介する。(2006年4月号)

  あの経験が“今”を作った!
海を渡った3人の侍たち

語学スキル、ビジネススキル、メンタルスキル……。グローバル・ビジネスで活躍できる人材の条件とは何か。世界を舞台に名を馳せる“3人の侍たち”の経験をもとに、世界基準のビジネスパーソン像に迫る!(2006年3月号)

  日本を代表する3社からひもとく
グローバル企業の「仕事スタイル」

メジャー企業の業務から、ビジネスにおける“世界基準”が見えてくると言っても過言ではない。ここでは、日本を代表するグローバル企業である「日本オラクル」「ソニー・コンピュータエンタテインメント」「コマツ」の3社で活躍する・・・(2006年3月号)

  グローバルカンパニーの代表企業で輝く
6人の「仕事の醍醐味とは?」

世界と日本との架け橋となる仕事にやりがいを感じます
入社以来6年間、半導体メモリーの営業を担当しています ・・・(2006年3月号)

  注目企業の人事担当者が語る
「2006年、転職者にまかせたい仕事」

変化をし続けなければ生き残っていけない時代。2006年、今後活躍が期待できる若手リーダー像とは?(2006年2月号)

  日本を変える仕事を選んだ
転職スターたち

業界を変革する、そんな志の高い企業での経験が市場価値やビジネス力を上げる。そのことを証明するべく、日本を動かす仕事を選び、その第一線で活躍している3人の「転職スター」たちの現場を・・・(2006年2月号)

  新しい年に新しいスタ−トをした元ユニクロのトップが対談
澤田貴司×玉塚元一―いま求められるビジネスリーダーとは?

05年10月にファーストリテイリング元副社長の澤田貴司氏と、同社前社長の玉塚元一氏が企業の経営改革、企業再生および企業成長(ブレークスルー)を 支援する会社「リヴァンプ」を設立。これまで・・・(2006年2月号)

  経営トップが語る「一流になれる人の条件」Vol.2
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社 代表執行役社長兼CEO 廣瀬禎彦氏

IBMの凄腕営業マンとして名を馳せ、その後アスキー、セガ、アットネットホームとコンピューター・通信業界のトップを走り続けてきた廣瀬禎彦社長。一転して、音楽業界に飛び込んだ今も・・・(2006年2月号)

  経営トップが語る「一流になれる人の条件」Vol.1
日本マクドナルド株式会社 代表取締役会長兼社長兼CEO 原田泳幸氏

苦境といわれた時期に米国アップルコンピュータに就任。その後、経営のトップとして手腕を発揮し、日本マクドナルドCEOへ異業種への転身が話題となった原田泳幸社長。若き日に・・・(2006年2月号)

  スキルアップでキャリアを創った
元営業マンのサクセスストーリー

営業職はビジネスで求められるあらゆるスキルを吸収することができる。そのスキルを活かしてキャリアアップに成功したビジネスパーソンも少なくない。ここでは営業職を経験し、新たなステージに・・・(2006年1月号)

 

経験別
ステップアップ転職術

さまざまな業界・営業職種を経験することで、営業スキルを伸ばすことができる。ここでは、転職によってスキルを大きく伸ばした営業マンたちのスキルアップ術と市場価値の変遷を紹介する。(2006年1月号)


 

“営業”でビジネスを学んだトップが語る
新時代の「営業マン」に期待すること

2006年度は営業職の転職マーケットの活性化が一層進むことが予想されるこれからの若手営業マンに求められるものとは何か。・・・(2006年1月号)


 

元プログラマー・ふじいあきら氏の選択
仕事はもっとワガママに選んでいい

見るものの予想をことごとく裏切る鮮やかなカードさばきと、あか抜けたトーク。マジシャンという特化した技術を持つが、それだけに甘んじず、真のエンターテイナーとして評価の高いふじいあきら氏。そんなふじい氏の前身は・・・(2005年12月号)


 

実例!
第二新卒転職で「やりたい仕事」を見つけた3人

ここに登場するのは、社会人3年未満に転職し、新卒就職時のミスマッチを解消した人たち。彼ら彼女らは、どうやって納得いく職場を見つけたのか? 率直に質問をぶつけた。(2005年12月号)


 

第二新卒世代「期待の星が登場」!
不況しか知らないボクら世代が時代を創る!

京都大学の学生ベンチャーからブログサービスのトップランナーになったドリコムの26歳社長、裸一貫でベンチャーを起こし、売上179億円企業に育てたエスグラントの28歳社長。「第二新卒世代」の大者たちが、同世代に向けてメッセージを送る。(2005年12月号)


 

20代、
「本気」になれる仕事に出会った!!

いま、目の前の仕事にモーレツに頑張っている20代のビジネスパーソンたちの モチベーションはどこにあるのだろうか。若手にチャンスのある会社で活躍するビジネスパーソンの「本気」の理由に迫ってみた。(2005年12月号)


 

若手経営トップが教える
「20代のシゴト」

20代をどう過ごしたかで、その後のビジネス人生が決まってしまうといっても過言ではない。そこでいま活躍する30代の若手経営トップに自分自身の経験から、結果を出せる30代になるための・・・(2005年12月号)


 

ネットビジネス収益構造大研究
いま、狙い目は「ストック・ビジネス」だ!

収益構造を見れば、その会社の将来性がわかる!ビジネスモデル別に、ネットビジネスの今後を占う。(2005年11月号)


 

ネット業界の狙い目ビジネスモデルを見極める!
最新!ネットビジネス大研究

第2次ネットビジネス興隆期のいま、転職するならネット業界に行きたいというtype読者は多い。だが、ネットビジネスはそもそもアップダウンが激しいもの。転職にはリスクが伴う。では、・・・(2005年11月号)


 

CHECK SHEET
あなたはベンチャー企業に合う人か?

給料は大企業より安い上、1人で何人分もの仕事をこなす―。ベンチャーは、夢ばかりは語っていられないシビアな職場だ。では、そんな環境でやっていける人とは?(2005年10月号)


 

覆面座談会
大企業→ベンチャー企業へ転職した人の現実

ここに集まったのは、自分の「やりたい仕事」を求めて、「大企業社員」の肩書きを捨てた人々。転職後、彼ら・彼女らは「理想の現実」を見つけられたのか? 見つけられなかったのか?(2005年10月号)


 

設立10年未満、社員100人以下
未上場ベンチャーへの転職

大企業で組織の歯車となって働くよりも、伸び盛りのベンチャーで思う存分実力を発揮したい―。でも、いまさら、上場した有名ベンチャーにいっても、会社の「草創期」の支えるやりがいや、未知なる領域を開拓していく喜びは味わえそうにない。そこで、・・・(2005年10月号)


 

自分を励ます心理効果をマスターしよう
転職意欲キープのテクニック

転職活動期間が長引いてくると、当初の「転職するぞ!」という意気込みもフェードアウトしてしまいがち。挫折しないためのモチベーションキープ術を心理学者の富田たかし先生に聞いた。(2005年10月号)


 

私たち、応募書類のここを見ています!
人事が読みたくなる書類作成のツボ

書類作成は時間も労力もかかって面倒なもの。しかし、最低限押さえておくべきポイントと、人事の目を引くコツをマスターしておけば、作成の手間も省ける。そこで、・・・(2005年10月号)


 

人事担当者の本音を暴露
人気企業の中途採用のウラ側教えます

転職ビギナーにとって、中途採用プロセスは謎ばかり。必死こいて書いた書類はどう扱われているのか社長面接までいったら、もう受かったも同然なのか、給料をもっと上げてと頼んでいいのか・・・(2005年9月号)


 

ネット業界の若手企業トップが語る
ピンチ&逆境の切り抜け方

結果が出せず焦ってばかり・・・、忙しくてやるべきことが見出せない・・・、現代社会を生き抜くビジネスマンにつきまとうピンチや悩みの連続。今を輝く若きリーダー3人は逆境をどう乗り切ってきたのか、そのポイントを聞く。(2005年9月号)


 

有名企業の敏腕営業やエンジニアが登場!
MVP転職者の成功法則

希望の企業への転職に成功することも大事だが、入社した企業で実力を認められることのほうがもっと重要だ。社内の人脈作り・・・(2005年9月号)


 

新興企業でチャンスをつかんだ
若手ボードメンバーの職務経歴書

ボードメンバーとは取締役のこと。経営方針を方向づけ、チェックするのはもちろん、株主利益の代表として責任を果たす役割を持つ。一方、株主代表訴訟を受ける対象にも。そんな・・・(2005年8月号)


 

転職先で
成功するためにすべきこと

12回の転職経験を誇る山崎元氏でさえ、転職前は準備に余念がない。できれば2週間は休みを取り、気分をリフレッシュするとともに、次の仕事に関連する本を読むことを勧める。加えて・・・(2005年8月号)


 

スピード出世に学べ!
転職後の「昇進」を生む3カ月の過ごし方

入社時は課長職。ダイナシティの鈴木雄二氏は、転職4年目で執行役員に上り詰めた。スタートダッシュの成功が、短期間の昇進を可能にしたのである・・・(2005年8月号)


 

次の会社で“すぐに”結果を出す!!
「転職後3カ月」の行動計画

転職は“ゴール”ではない。当たり前のことのようだが、職務経歴書を提出し、自己アピールを考え、という“就活”的な転職活動を繰り返しているうちに、転職が目的になってしまう場合が多々ある。それでは、“転職後”が明るいとは言えない。そこで、・・・(2005年8月号)


 

大手企業出身者たちが語る「本音」
ベンチャーを選んだ私たちの理由

大手企業の「安定」を捨て、「ベンチャー企業」という道を選んだ3人の大手出身転職者たち。彼らはどういう夢や目的を持って、ベンチャーの扉を叩いたのだろうか。転職して感じたギャップやベンチャーならではの魅力など、その本音に迫る。(2005年7月号)


 

覆面座談会
評価の実態、給料の実際。企業人事の「カネ論。」

「中途社員の年収は、同年代のプロパー社員のうち一番上のレベルに設定する」、「うちは中堅メーカー。大企業時代の年収を持ち出されてもとってもじゃないけど払えない!!」・・・(2005年7月号)


 

1問1答でお悩み解決
現役ビジネスマンが教える「カネ術。」

現在の自分の年収が、いわゆる相場に対してどの程度であるのかを、まず把握するようにした。それを踏まえて、このまま現職に残った場合に想定される年収と相場を比較して、それを若干上回る程度の・・・(2005年7月号)


 

経営トップが語る
20代のための「11」の教え

若い時から夢や志を高く持ち、多くの難局を乗り越え、成功を勝ち取った経営トップほど、20代の若者たちへ伝えたい熱き想いを抱いている。4人の経営トップたちのトップバッターとして・・・(2005年7月号)


 

20代の貯金は善か悪か?
カネの活かし方講座

若手ビジネスパーソンの平均預貯金残高は31歳と32歳、自己投資割合は29歳と33歳の二つでピークを迎えている。この時期は結婚(結婚後の出産)や転職、転居・住宅購入などを経て、相応の出費を要する時期とも重なる。30歳以降、・・・(2005年6月号)


 

教えて先輩!!
転職5つの悩み相談

現在の会社で2社目。しかもまだ1年しか経っていません。前職を短期間で退職すると転職に不利だと聞きますが・・・・・・(2005年6月号)


 

上司、仲間、尊敬する先輩経営者・・・
40代社長たちを支えた「11」の出会い

各業界で、経営の若返りを目的に30代、40代の若手社長が増える昨今。一見華やかなキャリアを誇る彼らも、若さゆえの挫折や生みの苦しみを何度も味わっている。そんな時、・・・(2005年6月号)


 

人材のプロが完全回答
今さら他人に聞けない!!「転職のギモン」 〜すごく初歩的なギモン編〜

新卒で入社し、慣れ親しんだ会社に別れを告げ、新天地を目指すのは勇気がいること。転職のリスクを取るなら、それなりのリターンは確実なものにしたい。ここでは、転職ビギナーの素朴な悩みに、人材のプロが完全回答する。(2005年5月号)


 

人材のプロが完全回答
今さら他人に聞けない!!「転職のギモン」 〜ちょっとディープなギモン編〜

新卒で入社し、慣れ親しんだ会社に別れを告げ、新天地を目指すのは勇気がいること。転職のリスクを取るなら、それなりのリターンは確実なものにしたい。ここでは、転職ビギナーの素朴な悩みに、人材のプロが完全回答する。(2005年5月号)


 

“隣の芝生”は本当に青いのか?
20代後半でキャリアチェンジした人の「その後」

もうすぐ30歳。仕事にも自信がつき、周囲にも一目置かれるようになってきた。だからこそ芽生えるのが、こんな悩み。「今の会社で、この仕事を一生続けていくべきか?」ただ、転職市場では、実績が重視されるこの世代。キャリアチェンジは難しい……。そんな・・・(2005年5月号)


 

“辛口”論客が語る
ビジネスマンのための「転職先の選び方」講座

今回、転職希望がある回答者に5つの指標で企業を5段階評価してもらった。その結果について、辛口コメントで知られる論客3名の講評と、彼らが進める転職先選びの基準を紹介する。(2005年4月号)


 

国内系から外資系、外資系から国内系へ転職
先輩転職者に学ぶキャリアの選択基準

高収入を棄て選んだのは柔軟な組織、勉強できる環境 新卒の時は、最初に就職する会社でずっと働き続けようとは考えていなかった。理由は、「まだ自分自身のライフプランが定まっていないうちに、会社に人生を預けるのがもったいなく感じた」からだ。・・・(2005年3月号)


 

国内企業の“外資化”進む!!
変わる28歳の「転職先」選び

日本企業が終身雇用に終わりを告げ、人材流動化を本格化させている現在、これまで会社が提供してくれた「安定」は望めない。国内・外資を問わず、「変化」を前提とした経営が行われ、働く社員も・・・(2005年3月号)


 

174人の「上司アンケート」結果から浮かび上がる
「未来の上司」は転職者のここを見ている!

いざ本命企業に入社しても、上司や同僚から評価されないのでは、またすぐに転職したくなってしまうもの。そんな事態を避けるためにも、「未来の上司」たちは転職者のどこを評価しているのかについて、じっくり耳を傾けよう。(2005年2月号)


 

20代の選択は何を変えたのか?
「28歳、未経験分野に転職」のその後

「28歳はキャリアの売れ時」。こう言われるようになって久しい。だが、28歳ビジネスパーソンのリアルは、なかなか転職を決断できなかったり、転職後の世界を描き切れなかったり、と転職市場の思惑通りにはいかない。でも、・・・(2005年2月号)


 

20代の選択は何を変えたのか?
28歳「転職組」の現在

「28歳はキャリアの売れ時」。こう言われるようになって久しい。だが、28歳ビジネスパーソンのリアルは、なかなか転職を決断できなかったり、転職後の世界を描き切れなかったり、と転職市場の思惑通りにはいかない。でも、・・・(2005年2月号)


 

リクルートVSボストン コンサルティング グループ
「僕らが人材輩出企業で学んだこと、身に付けたこと」

人材輩出企業の出身者が社外でも活躍できる確率は、一般企業の出身者よりも数段高い。なぜか。それは、20代で経験できる仕事の質・量、そして彼ら自身の“行動力”に秘密がある。いずれも・・・(2005年1月号)


 

若手転職リーダーが語る
「いま一緒に働きたい人」5つの条件

有名企業に転職を果たし、第一線で活躍する若手転職リーダーは、次に迎え入れる20代転職者をどう見ているのか。2005年、現場で必要とされる人材の条件を探った。(2005年1月号)


 

先輩転職者が語る
私の入社3カ月の壁突破法

転職3カ月後にクビになった……。こんな人が実際に増えている。試用期間の評価が厳しくなった昨今の転職において、最初の3カ月はまさに勝負のとき。この時期にどう振る舞うかで、大きく評価が分かれてしまうのだ。果たして、賢い転職後の過ごし方とは?(2004年12月号)


 

先輩転職者が指導
『入社3カ月の壁』突破マニュアル

職3カ月後にクビになった……。こんな人が実際に増えている。試用期間の評価が厳しくなった昨今の転職において、最初の3カ月はまさに勝負のとき。この時期にどう振る舞うかで、大きく評価が分かれてしまうのだ。果たして、賢い転職後の過ごし方とは?(2004年12月号)


 

意外と知らない・・・
カタカナ「難解職種」の仕事の中身

転職誌を開くと、「聞き覚えはあるが、どんな仕事内容なのかがイメージできない」という職種は意外と多い。そんな難解カタカナ職種で活躍しているビジネスパーソンに、求人情報の「仕事内容欄」からは読み取れない仕事の実情を聞いた。(2004年12月号)


 

タイムマネジメントの達人が指導する
「超速仕事術」

転職したい意思はあるのに、忙しくて転職活動ができない……。やりたい仕事や勉強があるのに忙しくて手が付けられない。そんな悩みを抱える読者は多い。この特集では、時間をうまく使う達人にそのノウハウを聞いた。(2004年11月号)


 

在職中に内定を貰った人の
転職活動のヒミツ大公開

会社を安易に辞めてしまうのは薦めない。なぜなら、どんなに忙しくても、仕事のやり方や転職活動を工夫し、在職中に内定を勝ち取っている人が多数いるからだ。そんな先輩転職者3名のテクニックを学ぼう。(2004年11月号)


 

30代著名ベンチャー社長に聞く
私のビジネス人生を変えた『20代の転機』

チャンスはみなに平等に訪れている。 問題はそれを活かせるかだ。ここでは、偶然の転機をチャンスに変えて成功を収めた成長企業の社長に偶然をモノにする技術について聞いた。(2004年10月号)


 

徹底解剖!!
「最年少マネジャー」の実力

企業が若手の抜擢を進めている。そこには、社歴による区別も、プロパー社員と転職者の区別もない。 マネジャーとしての「実力」を持っているか否かだけが、境界線となるのだ。 そこで、・・・(2004年9月号)


 

注目のビジネスリーダーファイル 第6回
アクセンチュア株式会社 マネジャー 牧野 剛氏

一橋大学社会学部時代は、民族論の研究と英会話のサークルに没頭したという牧野剛氏。就職活動では戦略コンサルタントになった先輩から話を聞き、「民族学の世界にどっぷりでビジネスのことは何も知らなかった・・・(2004年8月号)


 

次世代リーダー候補者たちへ《type特別企画》
トップマネジメントが語る20代のキャリア

一通りの仕事を覚え、自分の得意分野を見い出す20代後半。 この時期からの10年間いかに濃密な仕事をするかでその後のビジネス人生は決まるといっていいだろう。 ここでは、・・・(2004年8月号)


 

約2年間の「現場離脱」は本当に役立つのか!?
検証!! MBA取得者たちの「仕事の変化」「キャリアの変化」

キャリアに大きな転機をもたらすMBA。しかし、取得者が飛躍的に増えた結果、一部では「MBAを持っているだけの人は使えない」という評価を受けているのも事実。そこで、・・・(2004年8月号)


 

留学するなら今がチャンス?!
MBA留学最新動向

第4次MBAブームといわれる昨今。米国トップ10校を始め、国内MBAコースなどへ私費で留学する人も増え、MBAは大衆化時代を迎えている。では、どうすれば留学に成功するのか? 賢い留学法から最新留学術を聞いた。(2004年8月号)


 

注目のビジネスリーダーファイル 第5回
株式会社コーポレイト ディレクション 主査(マネージング コンサルタント) 長尾行造氏

一通りの仕事を覚え、自分の得意分野を見い出す20代後半。 この時期からの10年間いかに濃密な仕事をするかでその後のビジネス人生は決まるといっていいだろう。 ここでは、・・・(2004年7月号)

@typeのおすすめサービス

サイトでは検索できない非公開求人をキャリアアドバイザーがご紹介。さらに、職務経歴書の書き方や、受かる面接のコツなど、転職ノウハウを伝授!
情報を登録しておくだけで、あなたに興味を持った企業の採用担当者から直接スカウトが届きます。
「スキルマッチング」「希望条件マッチング」「足あとマッチング」の3つのマッチングで、あなたに最適な求人をお知らせします。
正社員で成長したい女性のための転職サイト!
「女性管理職がいる」、「働くママ歓迎」など、女性ならではのこだわり条件から求人を検索できる!